オスグッド、足底筋膜炎、野球肩、顎関節症、シンスプリント、腱鞘炎、頭痛の患者さんが日本一集まる整体院 – FMT整体

オスグッド、足底筋膜炎、野球肩、顎関節症、シンスプリント、腱鞘炎、頭痛の患者さんが日本一集まる整体院 – FMT整体

野球肘を早期に改善するための最適な治療方法

野球肘を早期に改善するための最適な治療方法

こんな症状でお悩みではありませんか?

☑ ボールを投げると肘が痛い

☑ 全力でボールを投げることが怖い

☑ レントゲンを撮っても異常がなかった

☑ 筋トレをするように勧められた

 

「野球肘の痛みを早く良くしたい」

野球肘になると投球をするとき肘が痛いだけではなく、また痛みが起こるんじゃないかと次第に投げるのが怖くなります。

 

それでも無理をして投球を続けると、痛みをかばうようなピッチング動作になり、本来の正しい動作ができなくなってしまいます。身についてしまった悪い投げ方を修正するのには時間がかかります。

 

また、肘をかばうあまりに、今度は肩を痛めてしまう場合もあります。そうなると肘だけではなく、肩まで回復させなければいけなくなります。

 

小学生、中学生の野球選手に多い症状です。大切な大会が迫ってくると、野球をしたい、レギュラーに入りたいという気持ちが出てきて、焦ってしまいます。

 

その気持ちはよくわかります。

 

ですから、肘に痛みを感じたら、できるだけ早めに、適切な治療方法を行っていくことを考えてください。

 

「でも、熱心に野球をしていれば、少しくらい肘が痛くなるものなんじゃないですか? チームメイトに置いていかれたくないから、練習や試合は休みたくないんです。だから、痛みとうまく付き合いながら、練習に参加するしかないんです」

 

と言いたい気持ちはよくわかります。

 

しかし、指導者や先輩のチームメイトによる「一生懸命、練習をしていたら多少の肘の痛みは仕方がない」「痛みと付き合いながら練習をするのが当たり前だ」「練習を休んだから肘が良くなるものではない」というアドバイスは本当にあなたのためになるでしょうか?

 

野球肘は適切な対処をすれば、痛みが無くなっていく可能性は十分あります。

 

もちろん症状の度合いや、その人の治癒力、練習を休めるかどうかによって、回復までのスピードはそれぞれ違いますが、良くすることに専念できれば1か月前後で野球に復帰できる方が多いです。また、練習をしても再発しないようにケアのアドバイスもしていきます。

 

やみくもに治療方法を試すのはやめて、野球肘の原因を正しく知り、私たちの指導通りに行っている方たちは、どんどん症状が良くなっていっています。最終的には思いきりボールを投げても痛くなくなります。 

 

これから野球肘になった原因と、早期回復のために必要なことをあなたにお伝えします。

 

 

なぜ、あなたは野球肘になってしまったのか?

野球肘になった原因をお医者さんから指摘されたこともあるかもしれませんね。

 

・練習のし過ぎ
・投げ過ぎ(オーバーユース)

 

などと言われたことがある方もいるでしょう。

 

しかし、活躍しているプロ野球選手はあなたの何倍も練習をして、何倍もボールを投げているはずですが、野球肘にはなりません。もし、投げ過ぎや練習のし過ぎだけで、野球肘になるならプロの選手は全員、肘を痛めてしまっているはずです。

 

また、同じチームで同じように練習をして、同じくらいの年代でも、野球肘になる子とならない子がいます。なぜでしょうか?

 

野球肘の本当の原因をわからないまま、やみくもに治療方法を行っても時間とお金が無駄になるばかりか、症状が悪化してしまうことだってあります。

 

 

発症して1か月経過しても野球肘の痛みが軽減しないなら、治療方法が間違っています

大切なことなので何度も言いますが、野球肘は適切に対処すれば早期に回復していく症状です。

 

もし、野球肘を発症してから、1ヶ月以上経過していても少し楽になったとか、痛みは変わっていなくてむしろひどくなっているのであれば、治療方法が間違っている可能性があります。

 

あなたも以下のような治療方法を受けていませんか?

 

・アイシング

・湿布、スプレー式鎮痛消炎剤
・電気治療
・ストレッチ
・マッサージ
・超音波治療
・痛み止めの注射
・筋力トレ
・手術(野球肘で手術が必要と医師から言われた場合でも、回復する可能性はあります)

 

はたして、これらの治療方法は本当に有効なのでしょうか。

 

多くの野球肘の方に施術をしてきて、むしろ上記のような治療方法を繰り返してきた方ほど、筋肉の緊張がより強くなっており、慢性化して良くなりにくくなっていることが分かっています。

 

とくに、痛みどめの注射、痛みを伴うようなストレッチやマッサージは、かえって症状を悪化させてしまう可能性があるのでおススメできません。

 

 

そもそも、野球肘とはどういう症状でしょうか?

野球肘の具体的な治療方法を説明する前に、野球肘の症状について理解していきましょう。

 

野球肘についてよく分からないまま、やみくもに治療方法をつづけると、効果がみられないばかりか、お金も時間も無駄にしてしまいます。

 

野球肘と言っても、その症状は人によってさまざまです。

 

野球肘は、「内側型」・「外側型」・「後方型」の3つに分類されます。

 

肘の内側が痛む「内側型」は小学生、中学生、高校生に多く、肘の外側が痛む「外側型」は小学生に多く、肘の裏側が痛む「後方型」は高校生、大学生に多いです。

 

baseball-elbow

(出典:http://med-kurobe.jp/medical/tiryou/yakyuhiji.html

 

▼内側型

肘の内側が痛みます。

 

疾患名でいうと「上腕骨内側上顆炎」や「内側側副靭帯損傷」などが内側型に当てはまります。

 

一般的には、前腕にある屈筋(手首を掌側に曲げる筋肉)が引っ張る力、ボールを投げる際に肘にかかる外へのひねる力が、くり返しかかることで、肘が痛むと言われています。

 

成長期の子供の場合、骨端線という成長軟骨があり、靭帯や筋肉が骨端線の部分を繰り返し引っ張る事で骨端線の部分がずれを起こし痛みが起こるとされています。

 

▼外側型

これは肘の外側が痛くなるタイプです。

 

疾患名でいうと「上腕骨小頭離断性骨軟骨炎」が中心になります。

 

上腕骨小頭断性骨軟骨炎は、投球時に起こる過度の外へのひねる力によって肘関節の骨同士がぶつかり合い、上腕骨の下の方にある軟骨部位が徐々に剥がれてきて起こるとされています。

 

外側型は成長期の子供(小学生)に多いようです。

 

▼後方型

後方型は肘関節の後方が痛くなります。

 

これは、肘関節を伸ばした時に、肘関節を構成する骨同士が衝突し合いって痛む場合があるとされています。

 

また、腕の力こぶの逆側の筋肉(上腕三頭筋)が過剰に収縮することで痛みを起こすこともあると言われています。

 

 

野球肘の本当の原因は?

FMT整体では、野球肘は「硬くなった筋肉」によって起きると考えています。

 

ただし、筋肉が硬くなっている箇所が肘だけではなく、肩から指先、もっと言うと全身の硬さが痛みの原因となるのです。そして、人によって硬くなっているところは違います。

 

その証拠に、一言で「野球肘」といっても、症状は人それぞれです。

 

・指からボールが離れる瞬間が痛い

・投げる動作の途中で痛い

・ボールを持って投げたときだけ痛い。シャドウピッチングなら痛くない

・キャッチボールは痛くないけど、全力で投げると痛い

・練習中は痛くないけど、練習が終わったあと痛くなる

 

なぜ、このように症状の違いが起こるのかというと、人それぞれ痛みの原因が違うからです。

 

例えば、シャドウピッチングのときは痛くないのに、ボールを持って投げたときだけ痛い場合もあります。シャドウピッチングのときに使う筋肉には問題がなく、ボールを持ったときにだけ使われる筋肉のどこかに原因があるということです。

 

それなのに肘だけを見ていても、痛みはとれません。人はそれぞれ投げるフォームが違うように、投げるときに負担がかかる筋肉も、負担の度合いも人それぞれ違うのです。

 

まとめると、野球肘の原因は「筋肉の硬さ」であり、人によって硬くなっている筋肉の場所は違います。

 

 

野球肘の意外な2つの原因とは?

では、なぜ筋肉が硬くなってしまうのでしょうか?

 

大きく分けて2点ありますが、1つ目が「指の使い方」です。

 

ボールを投げる時に、スピードを上げようとして指先のスナップに頼りすぎてしまうと、肘に負担がかかります。バッティングを想像してみて欲しいのですが、ボールを遠くに飛ばそうと思ったら、ボールに強くヘッドを当てますよね。

 

しかし、この時に一番力が入っているのは、ヘッドではなく「バットを握っている手」なのです。

 

このように、末端(ボールを持つ手の先)の負荷は、肘や肩にかかります。

 

しかし、体全身の遠心力などを使って打てる人は、バットを持つ手に過度な力を入れずにボールを飛ばすことが出来ます。同じように、体をうまく使える人は、肘に過度な負担をかけずにボールを投げることができます。

 

また、スナップスローを習ったことがある方もいるかもしれません。手首を柔らかく使う投げ方ですが、末端(手首)に過剰な負荷がかかり、肘の痛みを起こしてしまうこともあります。

 

もしくは、肩の痛みをかばって投げているうちに、末端の指に負担をかけ、肘を痛めてしまうこともあります(肩の痛みについてはこちらをご覧ください「野球肩」)。

 

野球肘になる人は、筋肉の硬化を起こしやすい動き、つまり体にとって望ましくない動きをしているのであり、その結果、一所懸命に練習をすればするほど、どんどん筋肉を硬くさせてしまっています。

 

 

もう1点の原因は意外かもしれませんが、「日常の生活習慣」です。

 

「野球肘」というくらいですから、野球での負担が原因と思いがちですが、実際は、日常生活から手の使い方に問題があったりします。何かを持つ時にすごく力を入れて持ったり、筆圧が強かったり、そんな小さなクセが指先から肘までの筋肉を固まらせていきます。

 

野球を経験した方なら一度はやったことがあるかも知れませんが、前腕を鍛えるトレーニングは、ひたすらグーパー運動です。指をグーパーとさせると、疲労で前腕がカチカチにはってきますよね。それだけ、指の使い方が肘に与える影響は大きいのです。

 

FMT整体では、筋肉にある感覚受容器に対して「特殊な働きかけ」をすることで、緊張を起こしている筋肉や神経を回復させることで、野球肘の痛みを軽減させ、望ましくない姿勢や動作を修正することができます。

 

 

野球肘の改善を遅くしている要因

筋肉の緊張以外にも野球肘の治りを妨げているものがあります。

 

監督や先輩の野球肘やスポーツ障害への理解の無さが、改善を妨げていることもあります。

 

・練習を休みたいから、少し痛いだけなのに大げさに言っているんだろう

・この子はやる気がない。もっとやる気がある子を試合に出そう
・筋力が弱いから痛くなるんだ。筋トレをして鍛えなければならない

 

また痛みを抱えている本人も、

 

・先輩もいろんなところが痛くても練習をしているのに、自分だけ休みたいなんて言えない

・どうせ休んだって、練習を再開したら、元に戻ってしまうんだから、上手に付き合っていく方がいい

 

と考えていることが野球肘の痛みを改善しにくくしています。

 

しかし、監督や先輩の目を気にしながら、痛みをガマンしながら練習をしつづけて、練習ができないほど、肘が悪化をしてしまったとき、周りの人は「一生懸命、練習をしてきたな。今まで頑張ったな」とは言ってくれません。「なぜ、もっと痛くなる前にケアをしなかったんだ」と言われて悔しい思いをすることになるでしょう。

 

そして、監督や先輩はあなたの野球肘を改善してくれません。あなたの体は自分で良くしていくしかないのです。

 

 

また思いっきり、ボールを投げる喜びを取り戻しませんか?

筋肉が体を動かしていることはご存じだと思いますが、その筋肉を動かす命令を伝えているのは神経です。ですから、痛みが起こるようなマッサージやストレッチなどの改善方法を続けると、かえって神経や筋肉を緊張させてしまいます。 

 

FMT整体では筋肉にある「感覚受容器」に対してある特殊な働きかけをすることにより、神経と筋肉の関係が回復し、野球肘の原因となっている筋肉の硬さがとれて、早期に痛みをとることができます。

 

「一度、良くなったと思ったのに、投げたらまた痛くなってきた…」という場合は、肘を痛めやすい投げ方をしていたり、セルフケア方法に問題がある可能性があるので、それに対して効果的で具体的なアドバイスもします。

 

私たちの信条は「できるだけお金も時間もかけずに、野球に復帰してもらうこと」です。施術期間を不必要に引き延ばすことはありません。

 

もちろん、そのためには厳しい指導をする場合もありますが、早期回復のために私たちも全力を尽くしますから、信じてついてきてください。

 

参考として、当院で施術を受けた方の声を掲載しておきます。

 

野球肘を改善された方の声

・野球肘の方の保護者の方より

野球肘 患者さんの声1

 

 

保護者の方へ

お父さん、お母さんにとってもお子さんの肘の痛みはとても心配だと思います。

 

外から見て、傷があるわけではないので人から痛みを理解してもらえないことも、ストレスになっているかもしれません。チームに混ざって同じように野球ができないお子さんを見ているのは辛いと思います。

 

だからこそ、野球肘は早期に改善させなくてはいけません。 適切に対処するのが、早ければ早い方が野球肘は回復していきます。

 

「投げると痛いかな」「ガマンして投げなきゃ」と痛みをかかえながら生活をするのは精神的にも良くありません。大丈夫です。一緒に良くしていきましょう。まずは、1人で悩んでいないで私たちに相談してください。

 

矢印

 

 

ご予約までの流れ

ステップ.1 ホームページをよく読む

せっかく来院したのに「思っていたのとは違った」となってしまっては、お互いにとって良くありませんので、ホームページにしっかりと目を通してから来院されることをオススメします。

 

患者さんからよくお問い合わせいただく質問はよくある質問と回答にまとめてありますので、ご覧ください。

 

「よくある質問と回答」を全て読まれた上で、わからないことがあれば、相談専用の電話番号(愛知小牧本院:0568-47-0358)に相談をしてください。

 

※質問がない方は、「ステップ2」へ進んでください。 

 

 

ステップ.2 最寄りの院に予約をする 

以下の院から、最寄りの通いやすい場所を選び、「ホームページを見たんですけど、予約をお願いします」と電話をしてください。

 

現在、たくさんの方から予約の電話をいただいているので、予約がとりづらくなっております。予約をご希望される方は、なるべく早めにお電話下さい。

 

top3

 

「ホームページを見たんですけど、予約をお願いします」とおっしゃってください。ご予約日時を調整します。

 

施術料

初診料: 2000円+(税) / 施術料:5000円+(税)  

初回の来院時には初診料と施術料の7000円+(税)がかかります。2回目以降は、施術料のみの5000円+(税)になります。

 

追伸:命は生きている限りは必ず回復しようとします。 そんな不思議でかけがえのない命をご両親からいただいて生きていることに、周囲の人たちに支えられて生きていることに感謝してみてください。 きっと早くよくなります。おだいじに。

 

  関連記事

top1 top4 top5
top5 top4

 - 野球肘

icon_facebook icon_twitter icon_youtube

FMT整体では、Facebook・Twitter・Youtubeで情報を配信しております。FMT整体からのお知らせや、公式ホームページには載っていない、お役立ち情報を掲載しておりますので、そちらも合わせてご覧ください。