野球肩を早期に改善するための最適な治療方法

こんな症状でお悩みですか?

野球肩 症状

 

野球肩の痛みをごまかしながら野球を続けないでください

野球肩になるとボールを投げるとき肩が痛いだけではなく、投げるのが怖くなって全力投球ができなくなります。それでも練習をつづけると、無意識に痛みをかばって投げているうちに、その投げ方がクセになってしまい、ついには本来の投げ方を忘れてしまいます。

 

そうなると痛みをとるだけではなく、投げ方の修正もしないといけないので、改善に時間がかかるようになります。ですから、肩に痛みを感じたときは、できるだけ早い段階で治療をするのが一番効率が良いのです。

 

「でも野球をやっていれば、多少、肩や肘が痛くなるのは仕方がないことなんじゃないの? できるなら練習や試合は休みたくないし・・・。投げ方が良くないことは分かるけど、すぐに良いフォームが身につくわけじゃない。練習を休んだり、インナーを鍛えながらうまく付き合っていくしかないんじゃ・・・」

 

と、おっしゃりたい気持ちはよく分かります。

 

しかし、実のところ、多くの選手や指導者による「野球肩は治るのに時間がかかる」「痛みと付き合いながら練習を続けていくしかない」「整形外科で適切な処置をして、リハビリ。その後は、インナーを鍛えたり、フォーム修正するのが早期改善の近道」というような認識は全くの間違いです。

 

私は誰かを批判するのは好きではありませんし、自分がすべて正しいという主張をするつもりもありません。

 

しかし、厳しい言い方をしますが、現在、医療機関で行われている野球肩に対する治療法や、アスリートが何となくでやっているケアの方法は、何の検証もされていない間違ったものが多いのです。

 

実際、野球肩は痛みを感じてから、すぐに正しい対処をすれば、きちんと改善していきます。もちろん、症状の程度や本人の治療歴、トレーニング歴、練習を休めるかどうかによって、治りの早い遅いはありますが、長年付き合ってきた野球肩でも、FMT整体では改善させていくことが可能です。それは、全力投球しても全く痛くないし、投げる恐怖も、再発の心配もないという状態のことを言います。

 

患者さんの声

野球肩 患者さんの声1

 

野球肩 患者さんの声2

 

野球肩 患者さんの声3

 

 

なぜ野球肩になる人と、ならない人がいるのか?

野球肩はレントゲンやMRIを撮っても、原因が分からない場合もあり、医師は単に「投げ過ぎ(オーバーユース)」とか「練習のしすぎ」と診断します。ちゃんとケアをしていなかったことへの後ろめたさや、アップしないで、いきなり全力でプレーをしてきたことへの後悔もあり、納得をしたかもしれません。

 

けれども、プロ野球で活躍している選手たちは、あなたの何倍も練習をしているはずですし、投げ過ぎているはずなのですが野球肩になりません。

 

もし、野球肩の原因が「練習のしすぎ」や「投げ過ぎ」だとしたら、プロの選手は全員、野球肩で登板できなくなってもおかしくないはずです。

 

なぜ同じ練習をしながら、同じように試合に出て、充分にケアをしていないのにもかかわらず、野球肩になる人と、ならない人がいるのでしょうか?

 

一言で「野球肩」といっても、症状は人それぞれです。あなたにも当てはまるものがありませんか?

 

(1)指からボールが離れる瞬間が痛い
(2)ボールを持って投げたときだけ痛い。シャドウピッチングなら大丈夫
(3)キャッチボールは大丈夫だけど、全力で投げると痛い
(4)練習中は痛くないけど、練習が終わったあと痛くなる
(5)肩の関節の奥の方が痛い。押すと痛い。
(6)肩甲骨を寄せると内側が痛い
(7)腕を上げるだけでも痛いときがある
(8)痛みはないけど、手が上がらなくなって、力が入らなくなる
(9)肩が抜けたような感じがすると共にシビレが出る

 

なぜ、このように症状の違いが起こるのかというと、人それぞれ痛みの原因が違うからです。

 

例えば、シャドウピッチングのときは痛くないのに、ボールを持って投げたときだけ痛い場合。それはシャドウピッチングのときに使う筋肉には問題がなく、ボールを持ったときにだけ使われる筋肉のどこかに原因があるということです。

 

ひょっとしたらボールを持ったときに使われる腕の筋肉が痛みの原因になっているのかもしれません。それなのに肩だけをいくら治療していても痛みはとれません。肩のレントゲンやMRIを撮っても、痛みの原因は映りません。

 

人はそれぞれ投げるフォームが違うように、投げるときに負担がかかる筋肉も、負担の度合いも人それぞれ違います。野球肩になる人は、筋肉に負担がかかりやすい、好ましくない投げ方をしているのです。

 

 

野球肩に対する間違った考え方と治療方法

それでは、野球肩になったらもう対処のしようがないのかというとそんなことはありません。痛みには必ず原因があります。

 

症状を引き起こしている原因が分かり、適切な治療方法が行われれば、野球肩は予防することも、短期で改善することも可能です。それなのに、何か月も、何年も、野球肩の症状が良くならないのには理由があります。

 

(1)アイシング、湿布、スプレー式鎮痛消炎剤

(2)低周波、トップラー波などの電気治療器による治療

(3)ストレッチ

(4)理学療法マッサージほか、マッサージ

(5)超音波による治療

(6)痛み止めの注射

(7)ゴムチューブでのインナートレーニング

(8)筋力アップのためのトレーニング

(9)手術

 

もしあなたが現在上記のような治療方法、あるいはアドバイスを受けていて、あまり効果が出ていないなら、これからの回復もあまり見込めません。

 

特に患部のストレッチや強い刺激でのマッサージなど、痛いことをすればするほど症状が悪化することは、野球肩治療に関わる方々、指導者、競技者ともにもっと広く知られるべき事実です。

 

残念ながら現代の西洋医学、東洋医学では野球肩に対しての治療法は確立されていません。「なぜ野球肩になるのか」という原因すら、医師や治療家によって見解が違います。FMT整体には、複数の病院を回って、それでも治らずに、わらをもつかむ思いで来院される患者さんがたくさんいます。

 

そして、私たちはその度に現在の症状や、これまでどこの病院で、どのような治療を行ってきたのか、その詳細をすべてお聞きし、記録していますが、先ほど、書いた改善方法はあまりいい結果を出していないケースが多かったです。

 

同じく監督やコーチ、学校の先生方の認識不足も、野球肩を治りにくいものにさせています。

 

・野球をしていれば多少肩が痛くなるのは当たり前

・根性でなんとかなる。みんなそこを通ってたくましくなる

・肩が弱いから痛めるんだ。肩を鍛えろ。もっと走り込んで足腰を鍛えろ。

 

さらには、一番の理解者であるはずのご両親までもが、

 

・練習をサボリたいから言っているだけで、本当は痛くないんじゃないか

・お父さんが学生の頃はもっと厳しい練習をしてきたけれど、多少の痛みで根をあげることなんかなかった。うちの子は根性がないんじゃないか

 

と考えておられるケースが後を絶ちません。

 

けれども、これらは野球肩に対する全体像が見えないことから来る全くの誤解です。

 

思いっきり投げられる喜びを取り戻しませんか? 

筋肉が体を動かしていることはご存じだと思いますが、その筋肉を動かす命令を伝えているのは神経です。

 

痛みをともなうマッサージやストレッチ、鍼などの治療をすればするほど、脳はそれをまるで攻撃と判断するかのように、神経や筋肉を硬く緊張させて体を守ろうとします。

 

FMT整体では筋肉にある「感覚受容器」に対して特殊な働きかけをすることにより、神経と筋肉の関係が回復し、野球肩の原因となっている筋肉の硬さがとれて、短期間で改善することができます。

 

また「治ったと思ったのに、投げたらまた痛くなってきた…」という場合は、肩を痛めやすい投げ方をしていたり、ケア方法に問題がある可能性があるので、それに対して効果的で具体的なアドバイスもします。

 

「関節唇が損傷しているから手術が必要と言われたのですが…」

 

レントゲンに関節唇の損傷が見られたり、骨棘ができているのが確認されると、手術が必要と診断されることがありますが、中には苦し紛れに根拠のない診断をされる場合もあるようです。

 

もちろん、実際に損傷が見られて手術が必要と診断をされていたとしても、それが痛みの原因ではなかったケースの方が多く、体に対して適切な働きかけをすれば、9割の患者さんの痛みが軽減していきます。(過去どうしても変化が見られなかったケースとして、FMT整体に来院する前にすでに手術を受けて、腱を短くしていたりすると、痛みから回復したあとも違和感が残りつづけることがあります)

 

野球肩に対して具体的な解消法をもっていらっしゃる先生は、まだ全国的にも少ないです。いらっしゃったとしても「思いっきり練習をしても痛みが戻ってこない」という状態まで回復させることができる先生となると、本当に少ないのが現状です。

 

私たちの信条は「できるだけお金も時間もかけずに、競技に復帰していただくこと」です。施術期間を不必要に引き延ばすことはありません。

 

もちろん、そのためには厳しい指導をする場合もありますが、早期回復のために私たちも力を尽くしますから、信じてついてきてください。

 

参考として、これまで当院で施術を受けた患者さんの声を掲載します。

 

患者さんの声

野球肩 患者さんの声4

 

野球肩 患者さんの声5

 

野球肩 患者さんの声6

保護者の方へ
すごく心配だと思います…

肩の痛みは本人にとっても、お父さん、お母さんにとってもすごく心配だと思います。目に見える外傷があるわけではないので、なかなか他人に痛みを理解してもらえないこともストレスになるでしょう。

 

ですから、野球肩は、早期に治さないといけません。

 

痛みをがまんしつづけると、痛みをかばった投げ方が身についてしまいます。そうなると痛みだけではなく、身についてしまったかばった投げ方まで修正していかねばなりません。

 

練習できない期間が長引くと、野球に対する気持ちも失われてしまいます。

 

早ければ早いほうが回復までの時間もかかりません。大丈夫です。一緒に良くしていきましょう。
まずは、1人で悩んでいないで私たちに相談してください。

 

矢印

 

 

ご予約までの流れ

ステップ.1 ホームページをよく読む

せっかく来院したのに「思っていたのとは違った」となってしまっては、お互いにとって良くありませんので、ホームページにしっかりと目を通してから来院されることをオススメします。

 

患者さんからよくお問い合わせいただく質問はよくある質問と回答にまとめてありますので、ご覧ください。

 

よくある質問と回答」を全て読まれた上で、わからないことがあれば、相談専用の電話番号(愛知小牧本院:0568-47-0358)に相談をしてください。

 

※質問がない方は、「ステップ2」へ進んでください。 

 

 

ステップ.2 最寄りの院に予約をする 

以下の院から、最寄りの通いやすい場所を選び、「ホームページを見たんですけど、予約をお願いします」と電話をしてください。

 

現在、たくさんの方から予約の電話をいただいているので、予約がとりづらくなっております。予約をご希望される方は、なるべく早めにお電話下さい。

 

top3

 

「ホームページを見たんですけど、予約をお願いします」とおっしゃってください。ご予約日時を調整します。

 

施術料

初診料: 2000円+(税) / 施術料:5000円+(税)  

初回の来院時には初診料と施術料の7000円+(税)がかかります。2回目以降は、施術料のみの5000円+(税)になります。

 

追伸:命は生きている限りは必ず回復しようとします。 そんな不思議でかけがえのない命をご両親からいただいて生きていることに、周囲の人たちに支えられて生きていることに感謝してみてください。 きっと早くよくなります。おだいじにしてくださいね。

by