手術する前に読みたい手根管症候群を改善する治療方法と本当の原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
手根管症候群

手根管症候群は手術をしなくても改善する方法があります

朝起きると、手がしびれる。いつもなら、手を振ったり、家事をしているうちに楽になるので「まあ、そのうち治るだろう」とほうっておいたら、だんだんとしびれが強くなってきた。夜寝ていても、明け方になると起きてしまうことも。

 

病院では「手根管症候群」と診断をされた。どうして良いかわからないのに「手の使いすぎ」が原因です。と言われるだけ。そう言われても、仕事も家のこともある。手を使わないで生活するなんて難しい。

 

人にまかせてしまえば良いと、頭ではわかっていても申し訳ない気持ちが出てくる。

 

でも、できることなら、良くなりたい。そのような様々な気持ちでこのHPを見られたのではないでしょうか?

 

また、手根管症候群と診断をされて、お医者さんの指示通りメチコバールやビタミン剤などのお薬を飲んだり、夜間は手首の固定を毎日行い、病院ではブロック注射を打っても改善されず、お医者さんから「これ以上症状が進行したら手術ですね」と言われて手を切ることへの不安も抱えていらっしゃるのかもしれません。

 

しかし、すぐに手術をしようとは思わないでください。手根管症候群は手術をしなくても、正しい原因に対して適切な働きかけをすれば、しびれと痛みを改善していく方法があります。

 

実は、手根管症候群の手術の後遺症で悩んでいる方が多くいらっしゃるのです。1回目の手術で、痛みやしびれが引かず2回目の手術をするために病院を探している方もいらっしゃるくらいです。

 

手術をしても、なお痛みやしびれに苦しむ方をこれ以上増やしてはいけない、手術の前に正しい改善方法を行うことの大切さをお伝えしたい! という思いでこのホームページを立ち上げました。

 

これから、手根管症候群を早期に治すために必要なことを全てお伝えします。一緒に見ていきましょう。

参考として、これまで当院で施術を受けた方からのお手紙を紹介します。

 

患者さんからのお手紙

手根管症候群 患者さんからのお手紙1

 

手根管症候群 患者さんからのお手紙2

病院で手根管症候群の手術をすすめられる理由 

あなたは、病院で手根管症候群を診断をされて、その先生に原因の説明を受けたでしょうか。

 

「手の使いすぎ」と言われる先生もいらっしゃれば「原因がわからない」という先生もいます。そのため、「お薬を飲んでしばらく様子見ましょう。できるだけ安静にしてください」と言われる方がほとんどです。

 

これには、理由があります。実は、病院では、〇〇症候群という症例には対応があいまいです。なぜなら、〇〇症候群と名前は、現代医療では原因がよく分からない症状に対して、つけられる症状名だからです。

 

そのため、病院では、安静にしていても治らない場合には、手術をすすめられます。

 

手根管症候群の手術とそのリスク

まず、良く考えてほしいことがあります。手術の目的は手根管というトンネルの一部である横手根靭帯を完全に切断してトンネル内の圧力を軽減させることです。

 

一週間は、手を使うことはできず、半年近くは握力が低下したままで、重いものを持ったりできなくなります。なので、仕事をしている人や、家事の代わりをしてくれる人がいないと、なかなか踏み切ることができません。

 

全国から来る患者さんの中には手術をした患者さんも多くいらっしゃいます。病院でもう一度手術を考え迷った末に、どうにかできないかと思い留まり来る患者さんが後を絶ちません。再手術を思い留まった理由は、いうまでもなく医療への不信感です。

 

なぜなら、手術後、手の具合の悪いことをお医者さんにいっても、「手術は成功しましたから」とまったく取り合ってくれなかったそうです。多くの患者さんがリスクを負って、一生付き合う自分の手にメスを入れてしまっている現実があります。

 

お医者さんは、あなたに「簡単な手術です、30分で終わりますよ」というでしょう。確かに、手術の技術は日進月歩、開放術にしても3~4㎝、内視鏡手術においては0.5~1㎝と傷口をできるだけ小さくする技術が進んできています。

 

確かに、傷口は目立たなくなりましたが、しかし、その反面、靭帯を完全に切断することができない、本来の目的が達成できない事例もあるようです。加えて傷口は小さいとはいえ、傷口が硬くなりゴワゴワ感がいつまでもとれません。

 

手術をして夜のしびれがとれたとしても、手を床につく時の痛みは半年後も続くことがあります。手根管症候群の原因を理解せず、手の中を守る役割をする靭帯を切ってしまったためです。

 

お医者さんから手術を勧められたら、必ず、聞いてください。「私の手は絶対治りますか?」とです。「絶対」とは言わないはずです。あなたには手術をしても良くならずにその後遺症で苦しみ、手術を受けたことを後悔してほしくありません。手術に踏み切る前にできることがあります。

 

手根管症候群は、原因を正しく知り、きちんと原因にアプローチすることができれば、手根管症候群は改善していく症状なのです。

 

このような治療は手根管症候群の改善を妨げている可能性があります

あなたはこのような治療方法をしていませんか? もし、以下の治療方法を何ヶ月と続けているのに、しびれや痛みが変わらないのであれば、続けることはオススメできません。

 

・消炎鎮痛剤(ロキソニン・リリカ)

・神経再生薬(メチコバール)

・ステロイド注射・ブロック注射

・湿布

・電気・超音波・レーザー治療

・マッサージ

・アイシング

・ストレッチ

・グーパー体操

・手術(手根管症候群は手術なしで完治可能な症状です)

 

これらの治療方法は、一時的に楽になっても根本的なしびれの改善にはなりません。私たちは、年間何百という数の手根管症候群患者さんを施術していますが、その中で見えてきた事実があります。

 

上記の治療方法をおこなっても、ほとんど回復せずにFMT整体にいらっしゃる患者さんは大勢います。その方々から話を伺うと、治療の副作用でかえって痛みやしびれが増してしまったこともあったそうです。

 

私達は、患者さんにこのことを一刻も早く気づいてほしいのです。いつまでも間違った治療方法でつらい思いを長引かせてほしくないのです。

 

手根管症候群になった本当の原因を知り、その原因に対して正しい働きかけをすることで、手根管症候群は早期に回復していくのです。残念ながら現代の西洋医学、東洋医学では、手根管症候群に対しての治療方法は確立されていません。

 

現在、手根管症候群で最も有効とされている治療方法は手術です。しかし、身体に傷を付けることなく、入院のために仕事や家事に影響が出ることなく、痛みやシビレをとりたいのが、正直な気持ちだと思います。

 

そのためには、まず、手根管症候群の原因を理解することが大切です。

 

手根管症候群の本当の原因とは?

手根管症候群の原因を理解せずにやみくもに治療をしても時間とお金が無駄になってしまいます。

 

手根管症候群について、医学博士でもある、さかい保険整骨院代表、酒井慎太郎先生は、ご自身の著書の中でこのように書かれています。

親指の内側半分、人さし指・中指・薬指の内側半分、手のひらに焼けるような激しい痛みとしびれが生じ、感覚が低下してしまう疾患です。

 

手首のしわの部分を叩くと痛みが指先に放散したり、夜間の痛みのために目が覚めるといった症状(夜間痛)が出ます。手を振ると痛みが軽減します。

 

進行すると、母子のつけ根の筋肉(母指球筋)が痩せてしまったり、親指を小指に近づける動作(対立動作)をしづらくなります。

 

こうなるとボタンがかけにくくなったり、物をつまむといった動作がしづらくなります。

 

手根管症候群 原因

 

図は手首の断面図です。この図のように、手根骨と横手根靭帯に囲まれた狭いスペースの中に、いくつもの神経や腱が通っています。

 

手関節を動かす筋肉を使用しすぎると、腱が太くなってしまうため、正中神経が圧迫され、痛みやしびれが現れてしまうのです。

 

手根管症候群は、手首にある「手根管」と呼ばれるトンネルの中を通っている正中神経が、圧迫を受けることで、痛みとしびれが起こっています。

 

(酒井慎太郎著「体の痛み」に耳をすます早わかり事典 より抜粋)

酒井先生は、筋肉を使いすぎたため、正中神経と同じく手根管のトンネルの中を通っている腱が太くなってしまい、神経が圧迫されているとおっしゃっています。

 

しかし、筋肉を使いすぎたとしたら、なぜ、同じような職場や作業をしているのに、手根管症候群になる人とならない人がいるのでしょうか?

 

どうして手根管症候群になる人とならない人がいるのか?

一般的に手根管症候群になりやすい人はこのような特徴があります。

 

・ 中高年の女性

・ 手を酷使する仕事や趣味をしている

・ 産前産後のホルモンバランスやむくみ

・ 血液透析をしているとアミロイドという物質が横手根靭帯にくっ付いて正中神経を圧迫

・ 手首の骨折により手根管を圧迫

 

このような人が手根管症候群になりやすいと言われていますが、実際は、手を酷使する仕事をしていても手根管症候群になる方とならない方がいます。

 

以前、果樹農家で働いており、手根管症候群になって、FMT整体に来られた方がいました。

 

剪定ばさみで一日中果樹の選定を何日も繰り返す作業で手がしびれたり、痛くなったのです。しかし、果樹農家の方全員が手根管症候群になる訳ではありません。

 

どこに違いがあるのでしょうか?

 

これは、手の使いすぎではなく、手の使い方に原因があるようです。手根管症候群になった方は新人で仕事に慣れていないため、肩や肘をはじめ体中が力んでいたとおっしゃっています。

 

力むということは、必要以上に筋肉を緊張させることです。筋肉の緊張が、筋肉を硬くすることにつながり、結果として神経を圧迫してしまうのです。

 

もしかしたら、ペンを握ったり、パソコンのキーボードを叩いたり、包丁で硬い野菜を切ったり、ゴシゴシと鍋の汚れをこすったり、子どもを抱っこしたり、テニスをしたり、家族の介護をしたり・・・こんなときに、無意識に必要以上の力が入っているかもしれません。

 

また、日ごろストレスを感じやすい人や、何かと焦ったり、緊張しやすかったりする人は同じ作業をしていても、同様に体が緊張しやすく、人よりも手根管症候群になりやすくなります。

 

その積み重ねが、何年もかけて、手や手首の筋肉を硬くしてしまい、神経を圧迫して、痛みやしびれが起きるのです。

 

と言っても、すぐに手の使い方を変えましょう。体の力を抜きましょう。と言われても難しいと思います。そもそも体に力が入ってしまうというのは、筋肉が緊張状態(硬くなっている状態)では抜こうと思っても抜くことができません。そのため、FMT整体では手根管症候群を改善していくために、4つの段階を踏みながら改善していきます。

 

手根管症候群の本当の原因と改善する4つの方法

ここまでをまとまると、目の前のことに集中しすぎて体に力が入りながら家事をしていたり、日々のストレスやプレッシャーで体が緊張状態で仕事をしているうちに手に力が入ってしまったり、人によって様々ですが、自分が気づかないうちに肩や手に力が入っている状態で仕事や家事をしていた結果、手や腕の筋肉が硬くなっていき、その硬くなった筋肉が正中神経を圧迫してしびれが出ます。

 

そのため、FMT整体では手根管症候群に対して以下のような施術をしていきます。

 

①手のひら、手首などの疲労物質を流して炎症を抑える

筋肉が硬くなっているために疲労物質が手のひらや手首にたまると、指や手首が腫れたり、むくんだりします。そのため、むくみや腫れを起こしている疲労物質を流すような施術をおこないます。

 

②手首周辺の筋肉や腱、靭帯を柔軟にして手の機能を取り戻す

手根管症候群の方は、手首周辺の筋肉や腱、靭帯などが常に緊張状態(硬くなっている状態)にあるので、手のこわばりが起きたり、硬くなった筋肉を無理やり動かそうとすると、激しく痛みます。その硬くなった筋肉を柔らかくしていきます。

 

③手だけではなく、肘、肩、首など体全体のつながりの筋肉も柔らかくする

正中神経というのは、首から手首に通っている神経です。つまり、手首だけでなく、首、肩、腕の筋肉が硬くなって神経圧迫を起こしているとしびれが起きます。 (以下の図の7が正中神経)

 

正中神経

 

 
そのため、首、肩、腕など全身の筋肉も柔らかくしていきます。全身の筋肉が柔らかくなってくると、体の力が抜きやすくなってきたり、手の使い方も変えやすくなってきますので、状態によって具体的にアドバイスをしていきます。

④必要に応じて、ご自身でできるセルフケアを伝えます

 痛みやしびれが軽減されてきたら、ご自身でできるセルフケアもお伝えしていきます。ご自身でもセルフケアを行い、施術を受けられることでより回復しやすくなります。また、治った後も続けることで手根管症候群の再発防止にもなります。

遠方で通えない方へ

遠方で通えない方や仕事の都合などで頻繁に通えない方は、施術と併用して、「FMT整体の痛み回復理論に基づいて作られた手根管症候群セルフケアDVD」を使って、自分自身で手根管症候群のケアをすることもオススメしています。

 

これは、具体的にFMT整体の施術技術を使って手根管症候群を改善させていくものになります。

 

詳しくは、「手根管症候群セルフケアDVDについて」をご覧ください。

 

治療の前にやっておきたい3つのケア方法

まずは、治療を受けるまでの間に、今すぐご自身でできることも以下の動画で紹介しています。

 

大丈夫です。 手根管症候群は改善していきます。

大切なことなので何度も言いますが、手根管症候群は正しい原因に正しい働きかけをおこなえば改善していきます。

 

今までは、周りの方に心配をかけないようにと、無理をしながら笑顔で接してきたこともあったのではないでしょうか。

 

なんとか、元気を出したい。でも、元気を出せない。そんな状態であれば、まず、これまで一緒に頑張ってきた体をいたわる時間を取ってあげてほしいです。

 

手根管症候群の改善に、一番大切なことは、ご自身の体にきちんと責任持つことです。自分でも良くするために協力するという気持ちが大切です。

 

今は、家族や周りの方々にいっぱい助けてもらいましょう。そうして、体をしっかり休めて、良くなったら、周りの方に恩返しをする。ガマンではなく、本当の笑顔で接して、今度は、周りの人を元気にする。そんな元気なあなたを周りの方も望んでいると思います。

 

大丈夫です。きっと良くなります。あなたが、長年苦しんできたしびれや痛みがとれて、自由に指を使える幸せを感じられる日々が訪れることを願っています。

 

まずは、1人で悩んでいないで私たちに相談してください。

矢印

FMT整体で手根管症候群の治療を希望される方

ご予約の前に

せっかく来院したのに「思っていたのとは違った」となってしまっては、お互いにとって良くありませんので、ホームページや「よくある質問と回答」などにしっかりと目を通してから来院されることをオススメします。

 

よくある質問と回答」を全て読まれた上で、わからないことがあれば、相談専用の電話番号(愛知小牧本院:0568-47-0358)に相談をしてください。

近くのFMT整体に予約をする 

下の「近くのFMT整体」をクリックして、最寄りの通いやすい院を選び、「ホームページを見たんですけど、予約をお願いします」と電話をしてください。

top3

現在、たくさんの方から予約の電話をいただいているので、予約がとりづらくなっております。予約をご希望される方は、なるべく早めにお電話下さい。

 

追伸:命は生きている限りは必ず回復しようとします。 そんな不思議でかけがえのない命を生きていることに、周囲の人たちに支えられて生きていることに感謝してみてください。 きっと早くよくなります。おだいじにしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
by