オスグッド、足底筋膜炎、野球肩、顎関節症、シンスプリント、腱鞘炎、頭痛の患者さんが日本一集まる整体院 – FMT整体

オスグッド、足底筋膜炎、野球肩、顎関節症、シンスプリント、腱鞘炎、頭痛の患者さんが日本一集まる整体院 – FMT整体

四十肩・五十肩を早期に改善するための最適な方法

 こんな症状でお悩みですか?

・腕があがらない。腕をあげようとすると激痛がはしる。
・注射やシップをしたけれど、四十肩の痛みが良くならない。
・腕を後ろに回して痛みが出る。
・服を着替えるときに肩が痛い。
・肩が痛くて毎晩、寝られない。

 

 

「四十肩の痛みを早くどうにかしたい」

四十肩の痛みは、できるだけ早く良くしたいですね。

 

肩に痛みがあることで、仕事や家事に集中できなくなります。ふとした動きで肩に激痛がはしり、毎日がイライラ、憂鬱になります。

 

腕を上げずに生活をすることは、制限が多く不便です。「このまま動かしたら痛いかな・・・」と不安に思いながら生活していると精神的にも良くありません。

 

四十肩の痛みがひどくなると、寝返りをうつだけで痛みがはしり、夜も寝られなくなるかもしれません。

 

ですから、四十肩は早期に正しい改善方法をおこなう必要があります。 

 

「でも病院に行って、お医者さんから出されたシップを貼ったり、注射も打ちました。ストレッチや運動もしています。でもなかなか良くならないどころか、肩の痛みは強くなる一方なんです。四十肩の痛みと上手く付き合っていくしかありません・・・」

 

とおっしゃりたい気持ちはよくわかります。

 

じつは、肩の痛みが良くならないのには、理由があるのです。理由を知らずに、四十肩を悪化させてしまい、数年も長引かせてしまう人は多くいます。

 

長い期間、辛い思いをして改善方法を受ける必要はありません。四十肩は正しい働きかけを行えば、早期に回復して行く可能性があるのです。

 

もちろん症状の程度や本人の改善歴によって、回復の早い遅いはあります。けれども、四十肩の改善に何ヶ月も時間がかかることは、珍しいと言えます。

 

やみくもに改善方法を続けるのは止めて、四十肩の原因を正しく知り、私たちの指示通りに行っている方は、早期に症状が改善していきます。

 

このページでは四十肩の原因と、四十肩を早期に回復するために必要なことをすべてお伝えしていきます。

 

 

四十肩の本当の原因とは?

やみくもに改善方法だけ続けても四十肩は良くならないどころか、時間もお金も無駄になるかもしれません。正しい原因を知ることは、四十肩を良くするために大切なことです。

 

肩には腕を上にあげたり、後ろに引いたり、ぐるぐる回したりする機能がもともと備わっています。けれども、同じような動作の繰り返しにより筋肉が固まってしまい、普段しないような動きをすることが困難になってしまいます。

 

たとえばデスクワークが多い方ですと、肩や腕が体の前側に来た状態で筋肉が固まってしまいます。私たちの生活では、スマートフォンやパソコンの操作など、肩や腕が体の前に来た状態になっていることが多いのです。

 

思い出していただきたいのですが、肩を上げたりするのは電車のつり革を持つときや洗濯物を干すくらいで、他にはほとんど肩を上げることがなくなっています。そのため、肩を上げる筋肉の働きが衰えてしまっていることがあります。

 

四十肩になっている方は、肩周りの筋肉の使い方が偏っていたり、ほとんど使っていない筋肉があるため、筋肉が固くなっており無理やり動かそうとすると痛みが出るのです。

 

下の図をご覧いただくと分かるように、肩周りにはたくさんの筋肉がついています。これらの筋肉が固くなることが四十肩の大きな原因の一つです。

 

frozen-shoulder

【改訂版 ボディ・ナビゲーション ~触ってわかる身体解剖~ P62より抜粋】

 

さらに、筋肉は「筋膜」という膜で全身がつながっています。

 

一枚のタイツで全身がつながっているとイメージしてください。そのため、肩周りの筋肉だけではなく、全身の筋肉の硬直が四十肩の原因となっていることもあります。

 

 

痛みをともなうストレッチ、リハビリによって四十肩の回復が悪くなるかもしれません

「筋肉が固くなっていることが四十肩の原因であるなら、固くなった筋肉を柔らかくするためにストレッチやリハビリをすればいいのでは?」と思うかもしれませんね。 

 

実は違います。痛みがあるのに無理やりにストレッチやリハビリをするのはおススメできません。痛みが出る前であれば、肩を動かすのは有効ですが、痛みが出てからストレッチやリハビリをするのは逆効果です。

 

肩の筋肉が固まっているのに、痛みを感じながら無理やり動かすと、かえって筋肉が緊張して、さらに筋肉が固くなってしまうこともあります。場合によっては、筋肉を痛めてしまうことで痛みがひどくなり、余計に動きが悪くなることもあります。

 

FMT整体に来られる方を見ていると、痛みをガマンしながらストレッチやリハビリを繰り返している方ほど回復が悪いことがわかっています。

 

 

四十肩・五十肩とは、どんな症状なのか?

そもそも「四十肩」とはどんな症状なのでしょうか。四十肩と言っても、症状は人それぞれ違います。

 

あなたの症状はどれに当てはまりますか?

 

(1)遠くの物をとろうとする時や、後ろの物を取ろうとすると必ず痛む
(2)背中が痛くて、痛くてたまらない
(3)寝違いの状態がずっと続いている
(4)肩が抜けるようにズキンと痛くなる
(5)肩を動かしたり、腕を上げるのが辛い
(6)肩から二の腕にかけて痛ダルイ感じがある
(7)腕を回すと関節がカクッカクッと音がして痛みがある
(8)なんの前ぶれもなく、急に肩が痛くなった
(9)肩が抜けたような感じがするとシビレが出る

 

これらの症状が起こると、生活が不便になり、周囲の人の手伝いなしでは、生活できなくなる場合もあります。「早く良くしたい」と焦ることで、どんどん悪循環になっていきます。

 

しかし、きっとあなたも早く四十肩を良くするために、色々な改善方法を試してこられたことでしょう。痛みをともなうようなリハビリやストレッチがおススメできないことは説明しましたが、他の方法はどうなのでしょうか?

 

 

改善方法を1か月続けて、四十肩の痛みが軽減しないなら方法が間違っている可能性があります

もし、四十肩を発症してから1か月以上経過していても、少し楽になった程度とか、痛みがあまり変わっていなくて、むしろ悪化しているというのであれば、改善方法自体が間違っている可能性があります。

 

数か月も、数年も四十肩に悩んでいるのであれば、現在、下記の改善方法を行っていないかチェックをしてください。そして、行っている場合は、見直してみることをおススメします。

 

(1)アイシング、湿布、消炎鎮痛剤のスプレー

(2)低周波、トップラー波などの電気治療器

(3)ストレッチ

(4)マッサージ、指圧、あんま

(5)超音波

(6)痛み止めの注射・ステロイド注射

(7)痛みをガマンしながら行うリハビリ

 

FMT整体では来られた方から、これまでどのような改善方法を受けてきたかをお聞きしています。

 

「ありとあらゆる改善方法を試したけど良くならず、FMT整体の施術の可能性にかけてみたい」という方が大勢います。上記のような改善方法を、数か月つづけたにも関わらず、痛みが思うように改善されなかった方たちです。

 

これまで多くの四十肩になった方に施術をしてきて、上記のような改善方法を長期間受け続けてきた方ほど、筋肉の緊張やこわばりが強くなっており、回復しにくくなっていることが分かっています。

 

 

今まで四十肩が良くならなかった原因

残念ながら現代医学では四十肩に対しての改善方法はまだ確立されていません。「なぜ四十肩になるのか?」という原因すら、医師や治療家によって見解が違うようです。

 

また、四十肩になった方の考え方も、症状の悪化につながっています。「注射を打ったらよくなるんですけど、時間が経つとまた元に戻ってしまいます」という話をよくお聞きしますが、痛み止めを打って痛みが楽になるのは、根本的に改善しているのではなくて、痛みが一時的にマヒしているだけです。

 

例えば、虫歯で歯が痛い人に、麻酔を打つと痛みを感じなくなります。それは虫歯が良くなっているのでしょうか。

 

もちろん麻酔を打っているから痛くないだけなのですが、それを「虫歯が良くなった」と勘違いをして、虫歯の治療をしなかったら、どんどん虫歯がひどくなってしまいますよね。注射の効果が切れたころには、虫歯が進行してもっと痛みがひどくなっているかもしれません。

 

四十肩の注射も同じです。注射を打ち、一時的に痛みがないことを「良くなった」と思い、肩に負担をかけてしまうと、四十肩を慢性化させてしまう可能性があります。 

 

 

四十肩を早期に改善する方法とは? 

筋肉が体を動かしていることはご存じだと思いますが、その筋肉を動かす命令を伝えているのは神経です。痛みをともなうマッサージやリハビリ、ストレッチなどの改善方法をすればするほど、脳はそれをまるで体が攻撃を受けていると判断して、神経や筋肉を硬く緊張させて体を守ろうとします。

 

一方、FMT整体では筋肉にある「感覚受容器」というセンサーに対して特殊な働きかけをすることにより、神経と筋肉の関係を回復させます。そして、四十肩の原因となっている筋肉の硬さをとることで、早期に痛みを軽減させることができます。

 

症状が軽い方だと施術を受けたその場で、痛みが軽減し、肩が上げやすくなることも珍しくはありません。

 

もちろん、症状の重さや回復に専念できるかどうかによって、改善の早い遅いはありますが、四十肩の痛みや動かしにくさは良くなっていく可能性があるのです。

 

また、四十肩の再発予防のためにセルフケアもアドバイスします。他にも四十肩を引き起こす原因があれば、具体的な改善策をアドバイスします。

 

 

お金も時間もムダにしないでください

私たちの信条は「できるだけお金も時間もかけずに、四十肩から回復すること」です。施術期間を不必要に引き延ばすことはありません。

 

もちろん、そのためには厳しい指導をする場合もありますが、早期回復のために私たちも力を尽くしますから、信じてついてきてください。

 

参考までに、これまでFMT整体で施術をした方の声を載せておきます。

 

施術を受けた方の声

四十肩 患者さんの声1

 

四十肩 患者さんの声2

 

四十肩 患者さんの声3

 

 

できるだけ早く、痛みの無い生活を取り戻してください

突然、肩が痛んだり、動かなくなったりすると、「もう一生付き合っていかないといけないのか・・・」と不安になられると思います。

 

また目に見える外傷があるわけではないので、なかなか他人に痛みを理解してもらえないこともストレスになるでしょう。

 

痛くて仕事にも集中できない。

 

自分の趣味も出来ない。

 

お子さんやお孫さんを抱っこしてあげることもできない。

 

寝るときも痛みから逃れられない。

 

服を着がえるとき、髪を洗うとき痛くてため息が出る。

 

そんな生活はとても苦しいです。一刻も早く四十肩を良くして、辛さからは解放されてください。

 

FMT整体では多くの方が四十肩の痛みから解放されています。次はあなたの番です。

 

痛みのない生活を想像してみてください。きっと、その時あなたは笑顔で楽しく家事や仕事をしています。

 

矢印

 

 

ご予約までの流れ

ステップ.1 ホームページをよく読む

せっかく来院したのに「思っていたのとは違った」となってしまっては、お互いにとって良くありませんので、ホームページにしっかりと目を通してから来院されることをオススメします。

 

患者さんからよくお問い合わせいただく質問はよくある質問と回答にまとめてありますので、ご覧ください。

 

「よくある質問と回答」を全て読まれた上で、わからないことがあれば、相談専用の電話番号(愛知小牧本院:0568-47-0358)に相談をしてください。

 

※質問がない方は、「ステップ2」へ進んでください。 

 

 

ステップ.2 最寄りの院に予約をする 

以下の院から、最寄りの通いやすい場所を選び、「ホームページを見たんですけど、予約をお願いします」と電話をしてください。

 

現在、たくさんの方から予約の電話をいただいているので、予約がとりづらくなっております。予約をご希望される方は、なるべく早めにお電話下さい。

 

top3

 

「ホームページを見たんですけど、予約をお願いします」とおっしゃってください。ご予約日時を調整します。

 

施術料

初診料: 2000円+(税) / 施術料:5000円+(税)  

初回の来院時には初診料と施術料の7000円+(税)がかかります。2回目以降は、施術料のみの5000円+(税)になります。

 

追伸:命は生きている限りは必ず回復しようとします。 そんな不思議でかけがえのない命をご両親からいただいて生きていることに、周囲の人たちに支えられて生きていることに感謝してみてください。 きっと早くよくなります。おだいじに。

 

  関連記事

top1 top4 top5
top5 top4

 - 四十肩・五十肩

icon_facebook icon_twitter icon_youtube

FMT整体では、Facebook・Twitter・Youtubeで情報を配信しております。FMT整体からのお知らせや、公式ホームページには載っていない、お役立ち情報を掲載しておりますので、そちらも合わせてご覧ください。