腸脛靭帯炎(ランナー膝)の完治に必要な知識と治療方法

腸脛靭帯炎(ランナー膝)の原因、治療方法から自分でできるケア方法までまとめました

あなたは、腸脛靭帯炎(ランナー膝)と診断をうけて様々な治療方法を試してみたのではないでしょうか?

ストレッチ、アイシング、シップ、マッサージ、電気治療、鍼治療・・・

 

これらの治療方法を試しても良くならず、病院で「安静にしてください」と言われ、安静にしていても一向に治らない腸脛靭帯炎に多くの方が悩んでいます。

 

しかし、実は、腸脛靭帯炎は適切な治療方法を知れば、早期に回復でき、以前のように思いっきり走ることができます。

 

このページでは、腸脛靭帯炎の正しい原因と根本的な治療方法、自分でできるケアの方法など腸脛靭帯炎を根本的に改善するために必要なことを順番に説明していきます。

 

参考までに当院でこれまで施術を受けた方からの声を掲載します。

腸脛靭帯炎で来院された患者さんの声

腸脛靭帯炎 患者さんの声1

腸脛靭帯炎 患者さんの声3

 

腸脛靭帯炎 患者さんの声2

腸脛靭帯炎とはどのような症状なのか?

腸脛靭帯炎の症状は、

  • ランニング時、ランニング後に膝の外側に痛みがある
  • ある一定の距離を走ったとき痛みが出る
  • 膝を曲げ伸ばしすると一定のところで痛みが出る
  • 痛みが出ても休むとある程度痛みがひくが、走り始めるとまた痛くなることを繰り返している

などが挙げられます。ひどくなると、階段の上り下りも痛みで辛くなり、生活に大きな支障が出てきます。

 

一般的に腸脛靭帯炎は、マラソンランナーなどひざの曲げ伸ばしを繰り返すスポーツに多いと言われているケガで「使いすぎ」や「オーバーワーク」が原因と言われています。ランナーに多いケガなので、腸脛靭帯炎は、別名「ランナー膝・ランナーズニー」という名前で呼ばわれることもあります。

 

しかし、「使いすぎ」「オーバーワーク」だけが原因だとするなら、ハードな練習をしている陸上選手は全員が腸脛靭帯炎になるはずですが、実際には腸脛靭帯炎になる人とならない人がいます。

 

腸脛靭帯炎は、「使いすぎ」「オーバーワーク」だけが原因ではないのです。

 

もし、現在あなたの腸脛靭帯炎がなかなか改善していないとしたら、それには大きく分けて3つの理由があります。正しい原因と治療方法を知り、思いっきり走れるようにしていきましょう。

腸脛靭帯炎が治らない理由①原因に対する認識の間違い

病院や整形外科では、正しい腸脛靭帯炎の原因を教えてもらうこともあれば、特に原因も言われずに電気治療やシップで「様子を見てください」と言われてしまった方もいると思います。

 

ですから、まずは、腸脛靭帯炎の正しい原因を理解していきましょう。

腸脛靭帯炎(ランナー膝)の痛みのメカニズム

以下の図を見てください。

 

出典:だいたい療法

上の図の赤い丸が腸脛靭帯炎で痛みが起きやすい場所です。図の中の赤い部分(大腿骨外側上顆)と腸脛靭帯がひざの曲げ伸ばしのしすぎでこすれあうことで炎症が起きて痛くなる。というのが、一般的に言われている原因です。  

 

しかし、本来、腸脛靭帯は骨とこすれあうようには出来ていません。ある程度の柔軟性、弾力があるためこすれにくく、こすれても簡単には炎症は起きません。

 

では、なぜ擦れるようになってしまうのでしょうか?次に以下の図を見てください。

腸脛靭帯炎 説明画像

出典:http://bodywork-center.com/blog/?p=1447

太ももの外側の白くなっているところが「腸脛靭帯」という靭帯です。この靭帯は上の方にたどっていくと「大腿筋膜張筋」や「おしりの筋肉」とつながっています。

 

この「大腿筋膜張筋」や「おしりの筋肉」がぎゅっと硬くなると、つながっている「腸脛靭帯」は硬くなった筋肉に引っ張り続けられて、ピンピンに張っていきます。

 

つまり、この柔軟性がなくなったピンピンの状態でひざの曲げ伸ばしなどの動作をすると、骨とこすれやすくなったり、痛みが起きやすくなるのです。

 

ですから、腸脛靭帯炎は、「腸脛靭帯」につながっている筋肉が硬くなることで、腸脛靭帯を引っぱり続けて、痛みが起きます。これらの筋肉を柔らかくすることができなければ、腸脛靭帯炎は改善することができません。

 

また、FMT整体に来られる患者さんの中には「O脚だから腸脛靭帯炎になりやすいと言われました」という患者さんもいらっしゃいます。しかし、O脚の方全員が腸脛靭帯炎の症状になっているわけではありません。

 

O脚だから腸脛靭帯炎になってしまうという認識の間違い

体の骨は、筋肉によって動いています。つまり、筋肉が伸びたり、縮むことで、骨が動き、体の動作が作られています。O脚は、骨の構造に異常があるのではなく、太ももの外側の筋肉などが硬くなり、骨を引っ張っている状態があるためO脚になってしまうのです。

 

O脚だとしても、筋肉にある程度の柔軟性があれば、痛みはでないのですが、これまでに説明したように筋肉が硬くなっていると動作をした時に骨と擦れてしまい、結果的に痛みが起きやすくなります。これを「O脚だから腸脛靭帯炎になりやすい」と言われることがあるのです。

ですから、O脚だとしても十分な筋肉の柔軟性を取り戻すことができれば、動作時に痛みが出ることはありません。また、骨盤周りや太ももなどの筋肉を柔軟にしていくことでO脚そのものもその人にあった本来の状態に戻っていきます。

 

ここまでの説明をまとめると、腸脛靭帯炎の痛みは「大腿筋膜張筋」や「おしりの筋肉」が硬くなってしまうことで腸脛靭帯がはりやすい状態になるため、動作時に骨とこすれて痛みが起きてしまう。また、O脚の方であっても、筋肉の柔軟性が保たれていれば、痛みはおきません。ですから、腸脛靭帯炎の痛みを改善するためには、筋肉を柔らかくすることが大切になります。

 

「でも、確かに病院や接骨院で筋肉が硬いからストレッチをして、太ももやひざの周りの筋肉を柔らかくしなさいと言われました。でも、一向に良くなりません。」という方もいらっしゃると思います。

 

これらの治療で良くならないのは、筋肉を柔らかくする方法に問題があったのです。

腸脛靭帯炎が治らない理由②腸脛靭帯炎に対する治療の間違い

もし、腸脛靭帯炎を発症してから1か月以上経過していても、少し楽になった程度とか、痛みがあまり変わっていなくてむしろひどくなっているというのであれば、その治療方法が間違っている可能性があります。

 

FMT整体では来院された患者さんから詳細に今まで行なった治療方法を聞きます。それらをまとめると、

(1)サポーター
(2)干渉波・ドップラー波電療法(病院や接骨院でおこなう電気治療)
(3)マッサージ、指圧
(4)湿布、痛み止め
(6)アイシング(患部を冷やす)
(7)ストレッチ 

などが挙げられます。私たちは、これらの治療方法を否定している訳ではありません。しかし、実際に上記の治療をしていても改善しない方がFMT整体には多く来院されますし、もし今の治療方法で結果が出ていないのであれば、方法を変えてみる必要があると考えています。

現在の治療方法で治らない理由

痛み止め、サポーター、湿布、アイシング(患部を冷やす)などは多少楽になる方もいらっしゃるかもしれませんが、痛み止めをやめた後は痛みが戻ってしまったり、さらに痛みが悪化してしまうこともあります。これらの方法は、一時的に痛みを感じにくくすることはできても筋肉の柔軟性は変わっていないため、根本的な痛みの解決にはなっていないのです。

 

筋肉を柔らかくするためにマッサージ、指圧、干渉波・ドップラー波電療法(病院や接骨院でおこなう電気治療)、ストレッチをおこなって改善されていれば問題ありませんが、痛みを我慢しならが行うようなマッサージや電気治療、ストレッチは一時的に効いている気がしても、強い刺激で筋肉の組織が壊れてしまうこともあります。

 

すると体はその壊れた組織を回復する際に、再び壊されることがように。とどんどん強く硬くしてしまいます。ですから、痛みを我慢してマッサージやストレッチ繰り返してきた患者さんほど、筋肉の緊張がより強くなっており、慢性化して改善しづらくなっていることが分かっています。特に痛みのある状態の筋肉に対しての強いマッサージやストレッチはオススメできません。

 

筋肉を柔らかくしようと思ったら、筋肉の組織などを壊さないように、緊張が起きないように働きかけをして、柔軟にしていく必要があるのです。

 

そのため、原因は理解していても、その原因に対しての治療方法が間違っていると痛みが改善しないのです。

 

また、一度、良くなったと思っても練習を再開すると痛みが戻ってしまう患者さんもいます。これは、なぜでしょうか?その理由を次にお話ししていきます。

腸脛靭帯炎が治らない理由③「痛くない=治った」の間違い

これまでにFMT整体に来院された腸脛靭帯炎の患者さんの中には「痛くないから走れそうだ!と思って走ってみると痛みが戻ってきてしまいました。」と言われる方も多くいらっしゃいました。

 

これには理由があります。腸脛靭帯炎が治ったわけではなく、痛みを感じなくなっただけで腸脛靭帯炎を引き起こしてしまう要因が根本的に解消されていないことが考えられます。

 

腸脛靭帯炎は、「使いすぎたから膝に痛みが起きた」わけではなく、動き方やクセ、やっている競技、練習環境などによって違いはでてきますが、これまでの習慣の中で腸脛靭帯炎を引き起こしてしまう要因があったため起きる症状です。その習慣が残っている限り、ふたたび痛みが出てくる可能性が高まります。

 

ですから、痛くない=治ったというのは間違いです。

 

では、一体どうしたら根本的な解決ができるのでしょうか? FMT整体が腸脛靭帯炎を根本的に解消していくための考え方をご紹介します。

腸脛靭帯炎を改善するための3つの治療方法

これまでお話してきたことを踏まえて、腸脛靭帯炎は正しい原因を理解して、その原因に対して適切な治療をして、再発が起きないような体作りができればきちんと改善します。

 

具体的にFMT整体では、腸脛靭帯炎に対して以下のような施術をおこなっていきます。

①腰やおしりや太ももなどの筋肉の緊張を柔軟にする

これまでに説明したように筋肉に柔軟性があれば、靭帯が骨とこすれ合わず痛みにはなりません。腸脛靭帯炎になった人は、共通して腰やおしりや太ももの筋肉が硬くなっているのです。

 

それら、緊張している(硬くなっている)筋肉は強い刺激を与えるとさらに緊張が強くなってしまうので、痛くない(緊張が起きない)範囲で働きかけをして、柔軟にしていきます。

足関節、肩甲骨、など体全体のつながりの筋肉も柔らかくする

腸脛靭帯炎は、腰やおしりや太ももの筋肉の硬さもそうですが、ランニング動作に関係する筋肉を柔らかくしていく必要があります。

 

特に足の関節を柔軟にすることで、着地時の衝撃をやわらげることができ、膝への負担を減らすことができます。また、ランニング動作は上半身にもひねりが入る複雑な動作です。肩甲骨を柔軟にすることで上半身のひねりがスムーズになって、膝だけに負担をかけずに体全体を使って走ることができるので、パフォーマンスがアップする方もいます。

③復帰の方法やご自身でできるセルフケアを伝えます

腸脛靭帯炎の痛みが軽減されてきたら、ご自身でできるセルフケアもお伝えしていきます。ご自身でもセルフケアを行いながら、施術を受けることでより回復しやすくなります。必要に応じて、姿勢や体の使い方なども具体的にアドバイスしていき、復帰の段階では、必要に応じて、練習環境、練習方法などもアドバイスしていきます。

 

また、腸脛靭帯炎を根本的に改善するためには、姿勢や動作フォーム、足の向きなどの修正も必要な場合もあると思います。

 

しかし、腸脛靭帯炎になってしまった姿勢が悪い人が「良い姿勢」になろうとしても、すぐに疲れてまた背中が丸まってしまいます。また、すでに体が緊張をしている人は、リラックスしなさいと言われても、そのやり方が分からないのでリラックスできません。

 

体が硬くて関節の動きが制限されているため、よいフォームや足の向きを指導されても、それをうまく身に付けることができないのです。

 

腸脛靭帯炎になってしまうほど筋肉が硬くなっている人は、姿勢や動作を改善するよりも、まずは硬くなった筋肉を柔軟にすることが先決です。

 

すると、痛みの改善はもちろん、腸脛靭帯炎が再発しないように体を悪い姿勢にゆがませていた筋肉の柔軟性を取り戻すため、意識しなくても自然と良い姿勢になります。

 

さらに、関節の柔軟な動きを阻害していた筋肉の硬さがとれるために、競技の動きも無駄な力が入っていない、柔軟な動きができるようになります。

 

その上で、よい姿勢を心がけたり、柔軟性を保ったまま練習をしていくことで自然と体に負担のかかりにくい、その人に合ったフォームを作っていくことができるので、腸脛靭帯炎の原因を根本から改善することができます。

腸脛靭帯炎を改善するために今すぐ自分で取り組めるケア方法

ケア方法①足首を柔らかくする

このケア方法は、足の裏、足の指の間、ふくらはぎ、足首など足の土台となる場所を柔らかくすることで膝にかかる負担を減らすことができます。特に動いて痛みが出てしまう方の場合は、膝だけの問題ではなく、土台から整えていく必要があります。また、お風呂で10分〜15分体を温めることもオススメです。

全力で走れることの喜びを取り戻しましょう 

どんな腸脛靭帯炎であっても、体に対して適切な働きかけをすれば、必ず改善をしていきます。また、私たちの信条は「できるだけお金も時間もかけずに、最短最速でケガから復帰していただくこと」です。

 

なかなか治らない膝の痛み、走っては痛くなり休む繰り返す、、、。そのようなことを続けていると「もう、腸脛靭帯炎は治らないんじゃないか?」という気持ちも生まれてくると思います。

 

目に見える外傷があるわけではないので、なかなか他人に痛みを理解してもらえないこともストレスになると思います。だからこそ、この機会に体を整えて、腸脛靭帯炎を改善して、思いっきり走れることの喜びを取り戻しましょう。

 

大丈夫です。一緒に良くしていきましょう。
まずは、1人で悩んでいないで私たちに相談してください。

矢印

FMT整体での治療を希望される方へ

ご予約の前に


せっかく来院したのに「思っていたのとは違った」となってしまっては、お互いにとって良くありませんので、ホームページや「よくある質問と回答」などにしっかりと目を通してから来院されることをオススメします。


「よくある質問と回答」を全て読まれた上で、わからないことがあれば、相談専用の電話番号(愛知小牧本院:0568-47-0358)に相談をしてください。



近くのFMT整体に予約をする


下の「近くのFMT整体を探す」をクリックして、最寄りの通いやすい院を選び、「ホームページを見たんですけど、予約をお願いします」と電話をしてください。


※現在、たくさんの方から予約の電話をいただいているので、予約がとりづらくなっております。予約をご希望される方は、なるべく早めにお電話下さい。


近くのFMT整体を探す

命は生きている限りは必ず回復しようとします。 そんな不思議でかけがえのない命を生きていることに、周囲の人たちに支えられて生きていることに感謝してみてください。 きっと早くよくなります。お大事にしてくださいね。

by