手術する前に読みたい半月板損傷を改善する治療方法

半月板損傷の痛みは、手術をしなくても改善する可能性があります

半月板損傷になると膝が痛い、膝がはれる、膝をまっすぐ伸ばせない、正座やあぐらが痛くてできない・・・など日常生活やスポーツの練習にさまざまな支障が出てきます。

 

膝の痛みをかばって練習をしていると、腰や股関節など別のところが痛くなることもあり、どんどん悪循環になってしまいます。さらに症状がひどくなると、夜寝ていて痛みで目を覚ますこともあります。

 

病院では、筋肉をつけることを勧められたり、ヒアルロンの注射を打ったり、シップを貼ったりすることが多いようです。

 

そして、最終的には手術を勧められることもあります。

 

あなたは、お医者さんに「半月板損傷の手術は簡単だから、心配はいらない」って勧められていませんか?

 

そして、「プロスポーツ選手も半月板損傷の手術をしているのだから、手術をやろうかな」と思っていませんか?

 

しかし、手術にはリスクがあるという事実はご存知ですか?

 

半月板を取り除いた場合、膝が不安定になり膝本来の動きができず、骨の破壊が起こってしまうこともあります。そもそも膝の痛みが改善しない方もいます。半月板を取り除くことで、「変形性膝関節症」という別の症状を起こしてしまう可能性も出てきてしまいます。

 

「でも、早く練習に復帰したいから、手術しかないんです。このままではどんどんチームメイトに置いていかれてしまいます。病院でもらった湿布や痛み止めを使っても全然よくなりません。早く手術をして痛みをとって、練習に戻りたいんです」

 

というあなたの気持ちはよくわかります。

 

しかし、手術の決断をする前に、少しだけ時間をとって、この先を読み進めてください。

 

適切な対処をすれば、手術をしなくても、半月板損傷の痛みは改善していくことを、あなたに知ってほしいからです。そもそも、手術をしなければいけないほど痛みが出てきたのは、改善方法が良くなかった可能性があります。

 

実は、半月板損傷は、症状が軽ければ、正しい働きかけによって、その場で痛みが軽減することもしばしばあります。そして、多くの場合は1~2ヶ月程度で痛みが無くなることがほとんどです。もちろん、症状が重い場合は、その分時間がかかりますが、数ヶ月も時間がかかることは珍しいです。

 

この先を読み進めていけば、半月板損傷の痛みは、適切な対処方法で早期に回復していくことがわかっていただけます。

 

(※このホームページでは半月板損傷の「痛み」の改善について説明をしていきます

 

 

手術にはリスクがあることを知ってください

病院では、湿布やマッサージといった方法で改善が見られない場合、最終的には手術を勧めます。

 

手術は半月板の「切除」「縫合」の二通りです。

 

切除は損傷した半月板を全部あるいは一部を取り除くものです。

 

縫合は、治癒が期待できるところを縫い合わせる手術療法です。

 

ここで、問題なのは、“半月板”という体の一部を取り除いてしまうことです。

 

半月板は、関節内でクッションの役割をします。半月板を取ってしまうことで、膝関節のバランスが悪くなったり、クッション性がなくなることで、骨の破壊が進んでしまうこともあります。

 

半月板を取り除くことのない縫合手術でも、スポーツに復帰して再び半月板を損傷することは少なくないのです。また、縫合手術のあと、手術の後遺症でしばらくの間痛みが続くこともあります。

 

病院では、半月板が痛みの根本原因と考え、半月板だけを何とかしようとします。もちろん、お医者さんはあなたを少しでも楽にしてあげたい気持ちで治療を行っているでしょう。しかし、半月板損傷の痛みが無くならない方も大勢いることは知ってください。 

 

そもそも、なぜ半月板が損傷して痛みが出るのかを理解し、正しい対処をしない限り、スポーツに完全復帰することは難しいといえます。

 

あなたが、次のような治療方法をしているのであれば、根本的に半月板損傷を良くしていくことは難しいかもしれません。もし、行っているのであれば、治療方法を見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

こんな治療方法は半月板損傷の痛みの回復を妨げているかもしれません

1.アイシング、湿布を貼る

2.痛み止め、消炎鎮痛剤の服用

3.ヒアルロン酸注射

4.テーピング、ギブス、サポーター

5.マッサージ、ストレッチ

6.電気、レーザー

7.手術(医師から手術が必要だと言われても、痛みが回復する可能性は十分あります)

 

これらは、病院や接骨院などで勧められる一般的な半月板損傷の治療方法です。

 

これまで、あなたも行ったことがあるかもしれませんね。果たしてこれらの治療方法は有効なのでしょうか?

 

実際に、適切な働きかけをすれば早期に痛みが回復してく半月板損傷に、何ヶ月も、ひょっとしたら何年も悩み続けているのではありませんか。

 

FMT整体に来られた方から、これまでの改善歴を詳細に聞いています。「病院にも、接骨院にも通い、さまざまな改善方法を試したけど良くならず、それでも可能性があるならかけてみたい! という気持ちで来られる方」が多くいます。

 

つまり、上記のような治療方法を、病院や接骨院で、数週間も、数か月もつづけたにも関わらず、痛みが思うように改善されなかった方たちです。

 

上記の治療方法をしてきても、ほとんど回復せずに、FMT整体にいらっしゃる方は大勢います。私たちも、すべての半月板損傷の方を知っているわけではありませんが、上記の治療方法で改善しない方が実際にいるという事実は知っていただきたいです。

 

 

そもそも半月板とは何でしょうか?

あなたは、ご自身の膝の状態をご存知でしょうか? 膝の中で何が起きているかを知ることで、対処方法もはっきりしてきます。

 

膝の状態を分からずに、やみくもに改善方法を続けてもお金と時間が無駄になってしまうかもしれません。 

 

まず、「半月板」とはいったい何なのでしょうか?

 

半月板とは膝の関節の太ももの骨(大たい骨)とすねの骨(けい骨)の間にある、C字形をした軟骨です。

 

外側と内側の2枚がセットで膝の関節内にあります。厚さは4mm位で、硬さは、少し硬めの消しゴムくらいです。

 

半月板の役割は、大たい骨と けい骨の間でクッションとして衝撃を吸収したり、関節どうしを安定させることです。

 

httpkompas.hosp.keio.ac.jpcontents000156.html

出典:http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000156.html

 

 

半月板損傷になった原因とは?

半月板へ無理な力が入った状態で膝を曲げたり、膝の捻りが加わるとことが損傷につながります。一般的には内側の半月板を損傷する場合が多いとされています。

 

膝が動かなくなる(ロッキング)、膝の力が抜けてしまい膝が折れてしまう(ギビングウェイ)、膝を動かすときに音がする(クリック)、関節が腫れたり、膝関節の動きの制限、歩行困難、などが半月板損傷の症状です。

 

半月板は軟骨組織で神経が通っていないので、半月板そのものが痛みを感じるわけではありません。

 

実際に痛みを感じるのは膝関節を取り囲む関節包・滑膜(口の中の粘膜のようなもの)というところです。

 

半月板は、膝を深く曲げると、膝の後ろに移動します。逆に膝を伸ばしてくると前方に戻っていきます。

 

損傷した半月板はささくれのようになって動くときに関節包・滑膜を刺激して痛みになるのです。

 

しかし、これは痛くなるメカニズムであって、このような状態になった原因があるのです。

 

原因は、「膝関節の動きにかかわる硬くなってしまった筋肉や筋膜、腱」なのです。

 

これらの組織が、大たい骨やけい骨を通して、半月板に偏った圧力を加えることで、痛みになるのです。

 

だから、膝周りの筋肉のバランスがとれて、十分な柔軟性があれば半月板が力を吸収するので、ひざに痛みを起こすことはありません。

 

 

半月板損傷の痛みを回復させることを諦めないでください

筋肉が体を動かしていることはご存じだと思いますが、その筋肉を動かす命令を伝えているのは神経です。

 

痛みをともなうマッサージやストレッチ、鍼などの治療方法をすればするほど、脳はそれをまるで攻撃と判断し、神経や筋肉を硬く緊張させて体を守ろうとします。

 

そのため、痛みを伴うような改善方法では半月板損傷は回復しにくいと考えています。

 

FMT整体では筋肉にある「感覚受容器」に対して特殊な働きかけをすることにより、神経と筋肉の関係が回復し、半月板損傷の痛みの原因となっている筋肉の硬さがとれて、痛みがなくなっていきます。

 

また、同じスポーツをしていても、半月板を損傷する人としない人がいます。半月板を損傷している場合、本人が望ましくない動き方や姿勢をしたり、練習方法に問題がある可能性があります。良くなった後、膝の痛みが再び戻ってこないように、効果的で具体的なアドバイスもします。

 

私たちの信条は「できるだけお金も時間もかけずに、最短最速でケガから復帰していただくこと」です。施術期間を不必要に引き延ばすことはありません。

 

もちろん、そのためには厳しい指導をする場合もありますが、早期回復のために私たちも力を尽くしますから、一緒に良くしましょう。

 

参考までに、これまでFMT整体で施術を受けた方の声を載せておきます。

半月板損傷で施術を受けた方の声

  半月板損傷 患者さんの声1

  

 

半月板損傷で苦しんでいるお子さんの保護者の方へ

半月板損傷のお子さんをお持ちのお父さんとお母さん、とても不安な気持ちでいっぱいでしょう。いろいろな方法を試しても、痛みが良くならないのであれば、お子さんのことを心配になる気持ちはよくわかります。

 

そして、お子さんが大好きなことを思いっきりできないことほど悲しいものはありませんよね。

 

ふさぎ込んだ顔はもう見たくないと思います。早く良くして、思いっきりスポーツをやらせてあげたいですよね。

 

でも、くれぐれも手術の決断だけは焦らないでください。半月板損傷に対して、どのような方法をとるかの選択はお子さんの将来を左右してしまうこともあります。

 

私たちは、「手術にはリスクが伴うこと」「手術をする前にできることがあること」を知ってほしいのです。

 

今、お子さんのために何をしたらいいのかを考え、決断してください。

 

ただし、半月板損傷の痛みは早期に良くしていった方がいいでしょう半月板損傷は、放っておいてもなかなか自然には痛みが取れていかないことが多いからです。

 

痛みをガマンして動かすことで悪化してしまうことだってあります。症状が軽ければ軽いほど、早期にスポーツに復帰できます。

 

大丈夫です。一緒に良くしていきましょう。
まずは、1人で悩んでいないで私たちに相談してください。

 

矢印

 

ご予約までの流れ

ステップ.1 ホームページをよく読む

せっかく来院したのに「思っていたのとは違った」となってしまっては、お互いにとって良くありませんので、ホームページにしっかりと目を通してから来院されることをオススメします。

 

患者さんからよくお問い合わせいただく質問はよくある質問と回答にまとめてありますので、ご覧ください。

 

よくある質問と回答」を全て読まれた上で、わからないことがあれば、相談専用の電話番号(愛知小牧本院:0568-47-0358)に相談をしてください。

 

※質問がない方は、「ステップ2」へ進んでください。 

 

 

ステップ.2 最寄りの院に予約をする 

以下の院から、最寄りの通いやすい場所を選び、「ホームページを見たんですけど、予約をお願いします」と電話をしてください。

 

現在、たくさんの方から予約の電話をいただいているので、予約がとりづらくなっております。予約をご希望される方は、なるべく早めにお電話下さい。

 

top3

 

「ホームページを見たんですけど、予約をお願いします」とおっしゃってください。ご予約日時を調整します。

 

施術料

初診料: 2000円+(税) / 施術料:5000円+(税)  

初回の来院時には初診料と施術料の7000円+(税)がかかります。2回目以降は、施術料のみの5000円+(税)になります。

 

追伸:命は生きている限りは必ず回復しようとします。 そんな不思議でかけがえのない命をご両親からいただいて生きていることに、周囲の人たちに支えられて生きていることに感謝してみてください。 きっと早くよくなります。おだいじにしてくださいね。

by