オスグッド、足底筋膜炎、野球肩、顎関節症、シンスプリント、腱鞘炎、頭痛の患者さんが日本一集まる整体院 – FMT整体

オスグッド、足底筋膜炎、野球肩、顎関節症、シンスプリント、腱鞘炎、頭痛の患者さんが日本一集まる整体院 – FMT整体

鵞足炎を早期に改善するための最適な治療方法

鵞足炎を早期に改善するための最適な治療方法

あなたは、こんな症状ではありませんか?

鵞足炎 症状

 

これらの症状が1つでも当てはまるなら、あなたの症状は「鵞足炎」かもしれません。

  

大丈夫! 鵞足炎は、適切な治療をおこなえば短期間で改善できます

鵞足炎がひどくなると屈伸や階段を昇るのさえ辛くなります。何か月もスポーツを休まないといけなくなったり、ひどい場合だと「手術が必要」と言われたりする場合もあります。

 

こうなると本当に辛い思いをすることになります。ですから鵞足炎になったら、できるだけ早く適切な治療を受ける方がいいでしょう。

 

「でも、病院や接骨院に行っても良くならないんです。いつまでも休んでいるわけにはいかないし。痛くても、うまく付き合いながら練習をした方がいいと思います」という気持ちは分かります。

 

しかし、あなたの鵞足炎が良くならないのには理由があるのです。

 

現代の医学では鵞足炎の原因と有効な治療法がまだ見つかっていないため、病院や治療院で行われている方法は効果を検証されていないものも多く、本来なら早期に改善するはずの鵞足炎を長引かせてしまっているのです。

 

FMT整体では鵞足炎の患者さんに施術をすると、その場で痛みが軽減してしまう時もあります。症状の度合いや日常生活の過ごし方にもよりますが、多くの方は1ヶ月前後で痛みが良くなっていくことが多いです。

 

ちなみに、少し良くなったでは、スポーツをすると戻ってしまうこともあるので、私たちは、ジャンプしても、全力疾走しても痛くないし、再発の心配もない状態までを目指しています。

 

これは大げさに言っているわけではありません。しかし、まだまだ、信じれないことばかりだと思いますので、鵞足炎についての本当の原因や適切な治療方法について順番にお話ししていきます。

 

 

鵞足炎が1か月以上も良くなっていなければ、治療方法が間違っている可能性があります

信じられないかもしれませんが、鵞足炎は正しく治療すると早期に回復していく症状です。

 

もし、鵞足炎を発症してから1か月以上経過していても、少し楽になった程度とか、あまり良くなっていない、むしろひどくなっているというのであれば、それは治療方法が間違っている可能性があります。

 

以下のような治療方法は、かえって鵞足炎の改善を遅らせてしまいます。

 

あなたは現在、このような治療方法をしていませんか?

(1)サポーター

(2)干渉波・ドップラー波電療法(病院や接骨院でおこなう電気治療)

(3)マッサージ、指圧

(4)湿布、痛み止め、ステロイド注射

(6)アイシング(患部を冷やす)

(7)ストレッチ

(9)テーピング、包帯固定

(10)手術(鵞足炎に手術は必要ありませんから絶対にやめてください)

 

これらは病院や接骨院で一般的に行われている治療方法ばかりなので、驚かれたかもしれません。FMTでは鵞足炎の患者さんが来院されるたびに、これまでの治療歴を詳細に確認してきました。

 

そもそも整体院に来る人は「病院に行くまでもない軽い症状」か「病院にも、接骨院にも通い、あらゆる治療を試してきたが良くならなかった重い症状の人」のどちらかです。

 

そしてFMT整体の患者さんは後者がほとんどです。つまり医療機関や治療院で上記のような治療を数週間も、数か月もつづけてきたのに、思うように改善されなかった方たちです。

 

年間100例近い鵞足炎の患者さんを診ているうちに、むしろ上記のような治療を繰り返してきた方ほど、筋肉の緊張が強くて、症状が慢性化していることが分かってきました。

 

とくに痛みをともなうマッサージやストレッチ、筋トレなどのトレーニングは、症状をいちじるしく悪化させる原因になるので、オススメできません。

 

鵞足炎の施術を専門的にあつかうキッカケになったのは、Kさんという女子中学生との出会いでした

私たちが鵞足炎を専門的に扱うようになったのは、Kさんという女子中学生の長距離ランナーとの出会いがきっかけでした。

 

Kさんがはじめて当院を訪れたときのことは今でも忘れません。リハビリのために通っていたトレーニングジムでFMT整体の噂を聞き、来院を決心したものの、まだ表情からは疑いの気持ちが読みとれました。

 

Kさんは1年前に病院で鵞足炎と診断をされました。

 

走るのが大好きで、部活の練習に加えて、早朝からお母さんランニングをして、土日にもクラブチームで練習と、つい練習をしすぎてしまうことが多かったようです。

 

鵞足炎と診断をされる前から、膝が痛いときはあったものの、走っているうちに引いていってしまうので、放っておいたらどんどんひどくなってしまったのです。 

 

早く走れるようになりたいと、完全に治すことに専念をしました。しかし、病院でのリハビリの甲斐なく、思うように良くならずに、接骨院や鍼灸院なども転々としました。電気治療、注射、マッサージ、ストレッチ、レーザー治療、整体、鍼などあらゆることを試しました。

 

それでも思うような効果が現れずに、約1年間、ほとんど練習ができずにいたのです。

 

「もう自分は治らないんじゃないか」と部活をあきらめる気持ちさえもありました。期待をしながらも「ここでもダメなんじゃないか」という疑いが生まれても仕方がありません。右膝を見てみると、左膝に比べて腫れていて、膝の内側を軽く押しただけで痛がります。

 

それだけではなくて、右膝のお皿の周りや膝の中の方にも痛みがありました。屈伸はなんとかできるものの痛みがありました。

 

Kさんの膝は内股ぎみでX脚。そのせいで膝に負担がかかったんじゃないかと本人は思っていました。けれども、私たちの判断は違いました。

 

Kさんの膝を診て、直感的に痛みの原因を判断した私は、さっそく施術を始めました。そして、その10分後。

 

「もう一度、屈伸をしてみてください」 

 

「あれ・・・痛みがさっきよりも楽になっています」

 

と不思議そうな顔をしています。まだ本人と付き添いのお母さんは信じられないという表情です。とりあえずその日は次の来院を指示して、施術を終えました。

 

Kさんは鵞足炎を6回の施術で完治することができました

「先生、すごく良くなりました!」

 

2回目の来院のとき、Kさんが少し驚いた表情で報告をしてくれました。

 

「でも、先生、不思議なんですけど、前回の施術のあと、家に帰るまでの間、車の中で膝がジンジンしていたんです。次の日までは逆に痛くなったような感じでした。でも、その次の日には痛みが楽になりました」

 

FMT整体の施術を受けたあと、このようなことがよく起こります。

 

Kさんの膝にある特殊な働きかけをしたことで、緊張していた筋肉がゆるみ、血流が良くなり、体が持っている治癒力が高まったのです。施術のあとに膝がジンジンしていたのは、長時間、正座をしていたあとに立ち上がると足がしびれるのと同じように、血流が改善したためなのです。

 

「膝が良くなったのは、先生のおかげではないんだよ。何よりKちゃんの体が持っている治癒力が働いたからなんだよ。Kちゃんには、もともと鵞足炎を治す力があったんだよ。だから、そんな素晴らしい体に生んでくれたお父さん、お母さんに感謝してね」

 

その後、施術を6回つづけて、Kさんの鵞足炎は完治しました。Kさんが良くなったのは本人が治ることをあきらめなかったこと。そして、当初は疑いながらも、少しでも可能性を感じたら試してみよう、と行動を起こしたことの結果なのです。

 

さらにはご両親のKさんを想う気持ち、協力あってのことでした。それからKさんは3年間、陸上競技をつづけましたが、その間、膝の痛みが再発することはありませんでした。

 

 

どうして鵞足炎になる人と、ならない人がいるのか?

鵞足炎になるきっかけは人それぞれです。Kさんのように練習のやり過ぎで、痛くなった人もいれば、思い当たる節が全くない人もいます。

 

けれども、なぜ同じ部活の中で、同じ年代の子どもたちが、同じように練習をしているのに、鵞足炎になる人と、ならない人がいるのでしょうか。

 

 

あなたが鵞足炎になってしまった理由

鵞足炎がどんな症状なのか、よく理解していないまま、医師や接骨院の先生の言われるままに治療をしてしまう人が多いようです。

 

しかし、それでは思うような結果が出ないと不信感が出てくるばかりか、見当はずれの治療をしているうちに復帰までに時間がかかって、お金も時間も無駄にしてしまう可能性があります。

 

鵞足炎の原因を正しく説明していきます。以下の画像をみてください。

 

img_86

 

膝の内側の、縫工筋(ほうこうきん)、薄筋(はくきん)、半腱様筋(はんけんようきん)が腱となって膝の内側で脛骨の上部に付着している部分を「鵞足」といいます。

 

この3つの筋肉の腱のついている形が、鵞鳥(がちょう)の足のようにみえることから「鵞足」といわれています。

 

その鵞足部が、膝の屈伸を繰り返すことによってスネの骨の内側にこすれて炎症を起こし痛む疾患だと言われています。しかし、実はまだ鵞足炎が起こるメカニズムは、西洋医学でもまだ解明されていません。

 

私たちが多くの鵞足炎の患者さんを見てくる中で考える原因は、単純にスネの骨にこすれて炎症をおこしてるだけではなく、どうやらランニングやひざの曲げ伸ばしを繰り返すうちに、太ももに負担がかかり、筋肉が硬く緊張して、3つの筋肉が付着している部分が引っ張られて痛みが起きるようです。

 

つまり、鵞足炎の原因は、ひざの内側の筋肉が付着している部分を引っ張るほど硬くなってしまった「筋肉」なのです。

 

「確かに病院や接骨院で筋肉が硬いからストレッチをして、太ももやひざの周りの筋肉を柔らかくしなさいと言われました。でも、一向に良くなりません。」という方もいらっしゃると思います。

 

けれども、ストレッチをすると筋肉が付着している部分に、さらに引っぱりを加えてしまうことになるので、痛みが悪化してしまっている方が多いのです。

 

また硬くなった筋肉を、マッサージや電気治療、超音波などで柔軟にしようとしますが、これも逆効果です。とくに、痛みをともなうようなマッサージなどの改善方法は、筋肉の緊張を余計に強めることにつながってしまいます。

 

従来の治療法で良くならないのは、筋肉を柔らかくする方法に問題があったのです。

 

FMT整体では従来の改善方法とは異なる、筋肉の緊張を解く画期的な手技を確立したことで、鵞足炎の早期回復を実現しています。

 

では、なぜ同じ年代の子どもたちが、同じ練習をしているにも関わらず、筋肉を硬くしてしまい鵞足炎になる人と、そうならない人がいるのでしょうか?

 

そのことが理解できていない限り、もし、鵞足炎が回復しても、また再発をしてしまう可能性があります。

 

「人一倍、練習をしていたから」「ケアが不十分だったから」

 

確かにそれもあるかもしれませんが、鵞足炎になった根本的な原因は、もっと別にあるのです。

 

 

鵞足炎の根本的な原因と早期回復の方法

鵞足炎の根本的な原因は、実はその人の姿勢や、歩き方、走り方、競技の動作などの動き方にあることが多いです。

 

あなたは自分が普段どのような姿勢をしているのか、どのような動きをして練習をしているのか、気にしたことはありますか。

 

例えば、座っているときの姿勢は猫背になっていませんか?

 

部活、スポーツの練習中に、監督やチームメイトからフォームが良くない、もっとリラックスをしろと言われたことがありませんか?

 

自分でも動き方のクセがあることを自覚していませんか?

 

才能がある、運動神経が良いと言われる人と比べて、自分は硬い動きをしていると思ったことがありませんか?

 

そのような体に負担がかかりやすい動作の仕方を繰り返していると、あるとき限界がきて、負荷に耐えられなくなった体が悲鳴をあげてしまいます。

 

実は鵞足炎になる人は、無意識のうちに筋肉の硬化や緊張を起こしやすい動き方をしているのです。

 

その結果、一所懸命に練習をすればするほど、どんどん筋肉を硬くさせてしまっているのです。

 

そもそもケガをしない人は、体に負担のかかりにくい理想的な動きをしているか、もしくはまだ痛みが表面化していないだけで、現在も体に負担を蓄積しつづけている可能性があります。

 

「そうか!鵞足炎の原因は体に負担がかかる動き方をしていることが原因だったんですね。明日から良い姿勢を心がけて、練習中もリラックスするように気を付けます」

 

と簡単にいけば、苦労しないと思います。

 

姿勢が悪い人が「良い姿勢」になろうとしても、すぐに疲れてまた背中が丸まってしまいます。また、すでに体が緊張をしている人は、リラックスしなさいと言われても、そのやり方が分からないのでリラックスできません。

 

体が硬くて関節の動きが制限されているため、よいフォームを指導されても、それをうまく自分のものにすることができません。

 

鵞足炎になってしまうほど筋肉が硬くなっている人は、姿勢や動作を改善するよりも、まずは硬くなった筋肉を柔軟にすることが先決です。

 

FMT整体では、緊張して硬くなっている筋肉に特殊な働きかけをすることで早期に筋肉の硬さを柔軟にしていきます。

 

すると、痛みの改善はもちろん、鵞足炎が再発しないように体を悪い姿勢にゆがませていた筋肉の柔軟性を取り戻すため、意識しなくても自然と良い姿勢になります。

 

さらに、関節の柔軟な動きを阻害していた筋肉の硬さがとれるために、競技の動きも無駄な力が入っていない、柔軟な動きができるようになります。

 

その上で、よい姿勢を心がけたり、体に負担のかかりにくい理想のフォームを求めていくことで、体に負担がかかりやすい動きをスムーズに修正することができ、鵞足炎の原因を根本から改善することができます。

 

 

あなたの鵞足炎を治りにくくする原因

筋肉の硬さ、動き方以外にも、指導者の方、先生方の鵞足炎やスポーツ障害への理解不足が、治りを妨げている場合が少なくありません。

 

・この子はやる気がない。代わりはいくらでもいる。もっと努力しているやる気のある子にチャンスを与えよう。

・スポーツをしている限り、多少のケガはつきものだ。ガマンしながらでも練習をしないと本当に望む結果は得られない。

・下半身の筋肉が足りないからケガをするんだ。もっと筋トレや走りこみをして鍛えなさい。

 

しかし、これらは鵞足炎への理解がないために起こる全くの誤解です。

 

また本来なら一番の理解者であるはずのご両親が、

 

練習をサボりたいから言っているんじゃないか。

・根性が足りない。そんなことじゃ試合で勝てないぞ。

 

と考えておられたり、本人までもが、

 

練習を休んだらレギュラーになれない。試合に出たいからガマンして練習をしよう。

・どうせ痛いと言っても分かってくれないから黙っていよう。

 

と考えて練習をつづけてしまうと、残念ながら鵞足炎の早期回復はのぞめません。

 

そうして痛みをかばいながら練習をするうちに、痛みをかばう動作がクセになってしまうと、パフォーマンスが著しく落ちてしまうばかりか、いくら努力しても上手くなれない三流選手になってしまいます。

 

これは目先の試合に出ることばかりに意識が行ってしまう選手本人には考えが及ばないことで、本来なら周りの大人がブレーキをかけてあげる必要があります。

 

一流の指導者ほど選手を長期的な視点を持って指導しており、選手の可能性をつぶさないようにケガを治すことに専念させます。

 

幸いなことに、子どもたちの将来を一番に考えておられる心ある指導者の方々は、鵞足炎について正しく理解するために選手と一緒に付き添われてこられる場合もあります。

 

 

大丈夫です、鵞足炎は改善していきます。

筋肉が体を動かしていることはご存じだと思いますが、その筋肉を動かす命令を伝えているのは神経です。

 

痛みをともなうマッサージやストレッチ、鍼などの治療をすればするほど、脳はそれをまるで攻撃と判断するかのように、神経や筋肉を硬く緊張させて体を守ろうとします。

 

これが痛みをともなう治療方法をおこなうと、鵞足炎の改善を妨げると説明している理由です。

 

FMT整体では筋肉にある「感覚受容器」に対して特殊な働きかけをすることにより、神経と筋肉の関係が回復し、鵞足炎の原因となっている筋肉の硬さがとれて、短期間で痛みをとることができます。

 

また「治ったと思ったのに、練習したらまた痛くなってきた・・・」という場合は、体に負担のかかりやすい動き方や姿勢をしていたり、練習方法に問題がある可能性があるので、それに対して効果的で具体的なアドバイスもしています。

 

「生まれつき関節がゆるいから治らないと言われたのですが・・・」

 

医師や治療家の先生の中には、鵞足炎の具体的な原因も、治療方法も見当がつかない方もいて、苦し紛れに根拠のない説明をして、患者さんを混乱させることがあります。

 

もちろん、人の体質はそれぞれ違い、それが原因に関わっている場合もあります。しかし、どんな鵞足炎であっても適切に対処をしていけば、改善をしていきます。

 

鵞足炎に対して具体的な解消法をもっていらっしゃる先生は、まだ全国的にも少ないです。

 

いらっしゃったとしても「患部を強く押しても全く痛くない」「思いっきり練習をしても痛みが戻ってこない」という状態まで回復させることができる先生となると、本当に少ないのが現状です。

 

私たちの信条は「できるだけお金も時間もかけずに、最短最速でケガから復帰していただくこと」です。施術期間を不必要に引き延ばすことはありません。

 

もちろん、そのためには厳しい指導をする場合もありますが、早期回復のために私たちも力を尽くしますから、信じてついてきてください。

 

参考までに、当院で施術を受けた方からのお手紙を載せておきます。

患者さんからのお手紙(最初に話をしたKさんより、高校で思いっきり部活ができたことの報告)

鵞足炎 患者さんからのお手紙1 Kさん

 

 患者さんからのお手紙

鵞足炎 患者さんからのお手紙2

 

鵞足炎 患者さんからのお手紙3

 

 

保護者の方へ
すごく心配だと思います…

突然の膝の痛み、長年の膝の痛みは、本人にとっても、お父さん、お母さんにとってもすごく心配だと思います。

 

目に見える外傷があるわけではないので、なかなか他人に痛みを理解してもらえないこともストレスになるでしょう。

 

だからこそ、鵞足炎は、早期に改善させたい。

 

痛みをがまんしつづけると、全身の筋肉が硬くなり、体がゆがんでしまうだけではなく、痛みをかばった動き方が身についてしまいます。

 

そうなってしまうと、痛みだけではなく、痛みをかばいつづけることで身についてしまった望ましくないフォームまで修正していかねばなりません。早ければ早いほうが回復までの時間もかかりません。痛いのをガマンしながら、おそるおそる生活するのは精神的にもよくありません。

 

大丈夫です。一緒に良くしていきましょう。
まずは、1人で悩んでいないで私たちに相談してください。

 

矢印

 

 

ご予約までの流れ

ステップ.1 ホームページをよく読む

せっかく来院したのに「思っていたのとは違った」となってしまっては、お互いにとって良くありませんので、ホームページにしっかりと目を通してから来院されることをオススメします。

 

患者さんからよくお問い合わせいただく質問はよくある質問と回答にまとめてありますので、ご覧ください。

 

「よくある質問と回答」を全て読まれた上で、わからないことがあれば、相談専用の電話番号(愛知小牧本院:0568-47-0358)に相談をしてください。

 

※質問がない方は、「ステップ2」へ進んでください。 

 

 

ステップ.2 最寄りの院に予約をする 

以下の院から、最寄りの通いやすい場所を選び、「ホームページを見たんですけど、予約をお願いします」と電話をしてください。

 

現在、たくさんの方から予約の電話をいただいているので、予約がとりづらくなっております。予約をご希望される方は、なるべく早めにお電話下さい。

 

top3

 

「ホームページを見たんですけど、予約をお願いします」とおっしゃってください。ご予約日時を調整します。

 

施術料

初診料: 2000円+(税) / 施術料:5000円+(税)  

初回の来院時には初診料と施術料の7000円+(税)がかかります。2回目以降は、施術料のみの5000円+(税)になります。

 

追伸:命は生きている限りは必ず回復しようとします。 そんな不思議でかけがえのない命をご両親からいただいて生きていることに、周囲の人たちに支えられて生きていることに感謝してみてください。 きっと早くよくなります。おだいじに。

 

  関連記事

top1 top4 top5
top5 top4

 - 鷲足炎

icon_facebook icon_twitter icon_youtube

FMT整体では、Facebook・Twitter・Youtubeで情報を配信しております。FMT整体からのお知らせや、公式ホームページには載っていない、お役立ち情報を掲載しておりますので、そちらも合わせてご覧ください。