捻挫を早期に改善するための治療方法

「捻挫はしばらくすれば、良くなるだろう」と甘く見ていると、クセになる可能性があります

ふとした拍子に、ぐりっと足首を捻挫してしまうと、ひどい場合だとパンパンに腫れてしまい、内出血をして、足を着くのも痛くなります。

 

さらにひどい場合だと、足の甲にしびれが出てきてしまい松葉杖をついて何ヶ月も生活している方もいます。

 

ちゃんと対処をしておかないと、靭帯が切れたり、骨折をしたりしている場合があるので、注意が必要です。

 

しかし、それ以上に怖いのは軽い捻挫です。

 

軽いからと言って「放っておけばそのうち良くなるだろう」と、甘く見てしまうと、あとで後悔をします。

 

のちのち、急に足首に激痛が走ったり、歩いても走っても足首がグラつく感覚が消えなくなってしまいます。

 

何度も捻挫を繰り返し、クセになってしまうと、運動をするたびに捻挫をしてしまったり、大好きな運動をガマンしなければならなくなり、苦しい思いをすることになります。

 

ひどい場合だと、数か月、数年、痛みつづけることもあり、病院では手術が必要といわれることもあります。

 

ですから、捻挫をしたらできるだけ、早期に正しい対処を受けることです。

 

「でも、病院でもらった湿布を貼ったり、痛いところを冷やしたりして多少ましになったけれど、なかなか完全には良くならないんですよ」

 

とおっしゃる気持ちはよく分かります。

 

現代の医学では「痛み」に対しての有効な改善方法がないために、本来、早期に良くなるはずの捻挫をダラダラと長引かせて、捻挫をクセにしてしまう人が大勢いるのです。

 

事実、FMT整体では捻挫をして間もない方の場合、痛みがその場で楽になる方も少なくありません。来院時には片足でケンケンしていたのが、帰りは足がつけるようになることもあります。

 

もちろん、症状によっては完治までに時間がかかることはありますが、冷やして休んでいるよりも早期改善ができ、クセになりにくい状態を作ることができます。

 

 

私もあなたと同じように捻挫をクセにしてしまい悩んでいました

はじめまして。FMT整体で施術家をしている松本教博です。

 

松本教博

 

このホームページを読まれているあなたと同じように、私も捻挫で苦しんだ経験があります。

 

中学校の部活でバレーボールをしていたとき、味方のプレーヤーの足に乗っかるようにジャンプの着地をしてしまい、思いっきり足首をひねりました。

 

足首に激痛がはしり、その場にうずくまるほどの痛みでした。しばらく立ち上がることができませんでした。

 

しかし、湿布やテーピングやアイシングを2~3週間続けると、何となく楽になりました。すこし痛みは残っていましたが「早く復帰したい」という焦る気持ちもあり「少し痛いけれど、たぶん大丈夫だろう・・・」と多少の不安を残しながらバレーボールに復帰しました。

 

しばらくして、またジャンプの着地で同じところを捻挫しました。捻挫がクセになっていたのです。

 

中学、高校でバレーボールを続けましたが、「また、足首を捻挫するのではないか?」という不安があり、思うようなプレーができなくなっていました。足首が固まっていて、プレーによっては足首に痛みが出てくることもありました。

 

痛みを気にするあまり、プレー中に一瞬の判断が遅れることもありました。足首をかばっていたせいか、バレーボールの練習をしてもほとんど上達せず、それどころか練習すればするほど下手になってしまっているような感覚さえありました。

 

さらには、足首をかばうような動きが身についてしまい、腰まで痛めてしまったのです。不自然な動きによって、腰に負担がかかっていたのだと思います。

 

適切な対処方法が分からなかったので、湿布やアイシングでだましだまし練習を続けていました。思うように体を動かせないことに、イライラすることもありました。

 

「足首さえ、痛みがなく動かすことが出来たら、思いっきりプレーができるのに」何度もそう思いました。

 

「当時、今のように捻挫の正しい対処方法を知っていたら・・・」と思うと悔しくてなりません。

 

捻挫は早期に適切に対処すれば、再発のリスクを減らすことができます。

 

クセになっていると、その分時間がかかることもありますが、再発をしにくい状態にすることは十分可能です。

 

私の青春時代はもう戻りませんが、あなたには、同じように苦しんでほしくありません。

 

一人の施術家として、捻挫の正しい治療方法を伝えたいと思い、このページを立ち上げました。捻挫の不安なく、思いっきりスポーツができるようになるためにも最後まで読んでください。

 

 

発症して1ヶ月経過しても、捻挫の痛みや腫れが軽減しないなら治療方法が間違っています

信じられないかもしれませんが、捻挫は正しく働きかけをすると、早期に回復していく症状です。

 

もし、捻挫を発症してから1ヶ月以上経過していても、腫れや痛みがあまり変わっていない、または、むしろひどくなっているというのであれば治療方法が間違っている可能性が高いです。

 

もし、1ヶ月以上も捻挫に悩んでいるのであれば、今から下記の治療方法を現在行っていないかチェックをしてください。

 

そして、行っているのであれば、オススメはできません。良かれと思って行っていることが、逆に体の治癒力を妨げて改善しづらくなってしまいます。

 

 

こんな治療方法は捻挫の回復を妨げている可能性があります

(1)サポーター
(2)病院や接骨院でおこなう電気治療
(3)マッサージ、指圧
(4)湿布、痛み止め
(6)アイシング(患部を冷やす)
(7)ストレッチ

 

これらの治療は果たして本当に有効なのでしょうか。FMT整体に来られたすべての方から、これまでの治療歴を詳細に聞いています。

 

捻挫をした直後のアイシングは内出血を止めるために有効ですが、内出血が止まっているのにアイシングを行なうことは逆に回復を遅らせてしまう可能性があります。

 

事実、FMT整体に来る捻挫になった方は、

 

「毎日、アイシングとシップを貼っていますが痛みも腫れもなかなか良くなりません」

 

とあらゆる改善方法を試したけど良くならず、松葉杖がないと歩けない程の方も来ています。

 

当然、医療機関や治療院の指導どおり、上記のような治療方法を数週間も、数か月もつづけたにも関わらず、痛みが思うように改善されなかった方たちです。

 

さまざまな捻挫になった方に施術をしてきて、むしろ上記のような治療方法を繰り返してきた方ほど、筋肉の緊張がより強くなっており、慢性化して改善しづらくなっていることが分かっています。

 

 

そもそも捻挫とはどんな症状なのでしょうか?

捻挫を早期に回復させるためには、捻挫が一体どんな症状なのかを知っておく必要があります。

 

原因もよく分からないまま、やみくもに改善方法をつづけると、効果がみられないばかりか、お金も時間も無駄にしてしまいます。

 

捻挫は、関節の自然な可動域を超えて動いてしまったことで、関節を包む関節包や靭帯、筋肉などを損傷した状態のことで、ひどい場合だと靭帯断裂が起きます。

 

関節周辺の血管が傷ついて内出血を起こすと、その箇所が腫れてきます。 

 

img02

出典:第一三共ヘルスケア

 

しかし、大切なことはひねったから捻挫になったのではなく、元々、筋肉の疲労や硬縮があり捻挫が起きやすい状態でひねってしまったから捻挫が起きたということです。

 

 

正座ができないと、捻挫になりやすい

私達は、これまでに多くの捻挫になった方に施術をしてきて、何度も捻挫を繰り返す方には、捻挫になりやすい要因があることがわかりました。

 

例えば、現代の生活の環境による要因です。

 

現代、ほとんどの家がイスに座って生活をするようになり、子どもたちが正座をする機会がほとんどなくなりつつあります。

 

正座をするとわかりますが、正座をすると太ももの前やすねの筋肉、足の甲の筋肉が伸びるような形になります。

 

正座の姿勢がストレッチになっていて、正座の習慣があるとすねや足首周辺の柔軟性が普段の生活のなかでついていくのです。

 

実際、FMT整体に来る捻挫になった方は正座をすると足首が硬くてきちんと座れない方が多いです。

 

足首だけではなく、すねや足の甲の筋肉が硬くなっていると、さらに捻挫が起きる可能性が高くなります。

 

足関節イラスト

出典:ボディナビゲーション(医道の日本)

 

正座をしなくなったことが、捻挫の全ての原因ではありませんが、現代の生活習慣が捻挫をおこしやすい状態を作り出しているのです。

 

そのため、足首などの関節は普段から柔軟性を高めておくことが大切です。

 

だからといって、痛めている状態で足首をストレッチするのは止めてください。

 

捻挫をした状態で足首のストレッチをすると、損傷した靭帯や筋肉がさらに傷んでしまう可能性があります。そして、足首周辺の筋肉が緊張して固くなってしまうこともあります。

 

 

捻挫を繰り返してしまうのには理由があります 

なぜ、一度、捻挫をするとクセになりやすいのでしょうか?

 

実は、クセになっているわけではありません。

 

捻挫で組織が損傷するとその箇所の筋肉はより硬くなり、可動域が狭くなります。

 

しかし、その筋肉の硬さや可動域を広げることなく「痛みがとれたから治った」と思い、動きの悪いままスポーツを再開するため捻挫が起きます。

 

捻挫は「痛くない=良くなった」ではありません。

 

何度もいうようですが、捻挫の根本原因は筋肉の疲労や硬縮、可動域など機能の低下があるためです。

 

そのため、FMT整体では、筋肉にある感覚受容器に対して「特殊な働きかけ」をすることで、緊張を起こしている筋肉や神経の回復、可動域の向上を行ない、早期に捻挫の痛みを回復させることができます。再発を防ぐための具体的なセルフケアもお伝えします。

 

参考までにこれまでFMT整体で施術をうけた方からのお手紙を載せておきます。

 

FMT整体で施術を受けた方からのお手紙

・捻挫になった方より

捻挫 患者さんの声1 

 

・捻挫になった方の保護者より

捻挫 患者さんの声2 

 

・捻挫になった方より

捻挫 患者さんの声3

 

 

・捻挫になった方の保護者より

捻挫 患者さんの声4

 

 

捻挫の痛みから解放されてください

筋肉が体を動かしていることはご存じだと思いますが、その筋肉を動かす命令を伝えているのは神経です。

 

痛みをともなうマッサージやストレッチなどの改善方法をすればするほど、脳はそれをまるで攻撃と判断するかのように、神経や筋肉を硬く緊張させて体を守ろうとします。

 

これが痛みをともなう改善方法をおこなうと、捻挫の回復を妨げると説明している理由です。

 

FMT整体では筋肉にある「感覚受容器」に対して特殊な働きかけをすることにより、神経と筋肉の関係が回復し、捻挫の原因となっている筋肉の硬さがとれて、改善していきます。

 

捻挫グセの改善には、ただ、柔軟性を出そうとやみくもにストレッチをおこなうのではなく、原因を見極めた上で筋肉の柔軟性や可動域を広げていくことが大切になります。

 

もちろん、症状の重さや、改善することに専念できるかどうかによって回復のスピードは違いますが、体に対して適切な働きかけをすれば、捻挫は改善をしていきます。

 

私たちの信条は「できるだけお金も時間もかけずに、早期にケガから復帰していただくこと」です。

 

施術期間を不必要に引き延ばすことはありません。

 

もちろん、そのためには厳しい指導をする場合もありますが、早期回復のために私たちも力を尽くしますから、信じてついてきてください。

 

・FMT整体YouTube動画「捻挫をしてしまった時の3つの対処方法」

 捻挫をしてしまったときに、今すぐできる対処方法を動画でお伝えしています。

 

 

保護者の方へ
すごく心配だと思います・・・

突然の捻挫の痛みは、本人にとっても、お父さん、お母さんにとってもすごく心配だと思います。

 

お子さんの足首が大きく腫れているのを見ると、「本当に元に戻るのだろうか・・・」と不安になる気持ちはわかります。

 

だからこそ、痛みをガマンしながら、おそるおそる生活を送るのは良くありません。早ければ早いほうが回復までの時間もかかりません。大丈夫です。一緒に良くしていきましょう。まずは、1人で悩んでいないで私たちに相談してください。

 

矢印

 

 

ご予約までの流れ

ステップ.1 ホームページをよく読む

せっかく来院したのに「思っていたのとは違った」となってしまっては、お互いにとって良くありませんので、ホームページにしっかりと目を通してから来院されることをオススメします。

 

患者さんからよくお問い合わせいただく質問はよくある質問と回答にまとめてありますので、ご覧ください。

 

よくある質問と回答」を全て読まれた上で、わからないことがあれば、相談専用の電話番号(愛知小牧本院:0568-47-0358)に相談をしてください。

 

※質問がない方は、「ステップ2」へ進んでください。 

 

 

ステップ.2 最寄りの院に予約をする 

以下の院から、最寄りの通いやすい場所を選び、「ホームページを見たんですけど、予約をお願いします」と電話をしてください。

 

現在、たくさんの方から予約の電話をいただいているので、予約がとりづらくなっております。予約をご希望される方は、なるべく早めにお電話下さい。

 

top3

 

「ホームページを見たんですけど、予約をお願いします」とおっしゃってください。ご予約日時を調整します。

 

施術料

初診料: 2000円+(税) / 施術料:5000円+(税)  

初回の来院時には初診料と施術料の7000円+(税)がかかります。2回目以降は、施術料のみの5000円+(税)になります。

 

追伸:命は生きている限りは必ず回復しようとします。 そんな不思議でかけがえのない命をご両親からいただいて生きていることに、周囲の人たちに支えられて生きていることに感謝してみてください。 きっと早くよくなります。おだいじにしてくださいね。

by