肉離れを早期に改善するための治療方法

「肉離れは、冷やして安静でしょ?」
いいえ、もっと早く良くなります。

肉離れに対して、病院ではアイシングやシップ、そして安静を勧められることが多いようです。

 

「冷やして、安静にしてください」この一言で、様子見となります。

 

もちろん、肉離れは、筋断裂のため炎症が起きているので、運動・マッサージなどは禁止されています。

 

しかし、言われた通りに休んでいてもなかなか痛みが落ちなかったり、力の入りずらさ、動かしずらさ、筋肉のハリ、痛みが残ることがあります。

 

また、肉離れの痛みがなくなり、練習に復帰後、少しの運動でまた、肉離れを再び起こしてしまう。

 

肉離れを再発させてしまうケースも多くあります。

 

肉離れを繰り返して起こしてしまうのは、肉離れを治す過程で筋肉の柔軟性を失う改善方法をおこなっているためです。

 

そのため、肉離れを良くするために一番大切なことは、筋肉の柔軟性を保ちつつ改善させることです。

 

そんなことが可能なのか?

 

可能です。

 

数ヶ月から数週間、シップを貼って、安静にするしかないと言われた方でも、もっと早く改善しているケースも多くあります。

 

FMT整体の手技が、炎症を起こしている状態でも損傷箇所に溜まった疲労物質を早期に流し去り、回復を促す作用があるためです。

 

つまり、単に安静にして良くなるのを待つのではなく、積極的に改善に向かってアプローチすることが可能ということです。

 

さらには、損傷箇所をかばい硬くなっている筋肉に対してもアプローチを行ない、競技復帰後のパフォーマンスを落とさないように筋肉の柔軟性を保つことも可能なのです。

 

この先を読み進めていけば、筋肉の柔軟性を保ちつつ肉離れを改善させられることを理解していただけます。 

 

 

アイシング、シップが肉離れの改善を遅くする

アイシング、シップこれらの治療方法は果たして本当に有効なのでしょうか? FMT整体に来られた方から、これまでどのような改善方法を行ってきたか、を詳細に聞いています。

 

病院や接骨院の指導どおり、アイシングやシップを数週間も、数か月もつづけたにも関わらず、痛みが思うように改善されなかった方を見ていく中で、肉離れを起こしている方には共通点があることに気づきました。

 

アイシングやシップなどで筋肉を冷やして炎症をとる治療方法を繰り返してきた方ほど、筋肉の緊張がより強くなっており、慢性化して改善しにくくなっていることが分かっています。

 

冷蔵庫の中にお肉を入れておくと、取り出すときには硬くなっています。私達の筋肉も同じです。冷やすことによって筋肉が硬くなるだけではなく、血液循環が悪くなります。

 

冷やすことは、内出血が起きている時には、血液を固めるという意味では有効ですが、炎症をおさえるという意味で冷やすのはおすすめできません。

 

炎症とは、体がその組織を良くしようとして起きている反応です。この炎症を抑えようとするアイシングは自分で回復を遅くしている事になります。

 

炎症は不快ではありますが、決して悪いものではなく体が回復するために必要なものです。

 

驚かれるかもしれませんが、逆に温めた方が筋肉の柔軟性が出てきて、血流が流れやすくなり回復が促進されるのでオススメです。(※ 温めることで痛みが強く増してしまうのであれば、無理をして温めないでください)

 

しかし、温めたいからといって、温シップを使うのは止めたほうがいいでしょう。

 

温シップには痛み止めの成分が入っています。この成分は痛みの原因に直接作用するのではなく、痛みをごまかすだけです。

 

肉離れを早期に根本的に良くしたければ、肉離れの原因を知らなくてはいけません。

 

 

そもそも、肉離れとは、何が起きているのか?

肉離れとは、急激な筋肉の収縮によって筋肉が断裂する症状です。特にスポーツ時に普段の負荷以上の力が筋肉にかかった時に起こりやすくなります。 

 

普段、運動をしていない人が急に動いた時も、普段からトレーニングを積んでいる人にも起きます。

 

原因としては、筋肉がすでに疲労している状態で瞬発的に大きな負荷がかかった時や予想外の動きにより、筋肉が引き伸ばされることがあります。

 

肉離れ出典:http://www.bss.ac.jp/hoken/shogai04.html

 

簡単に言うと肉離れを起こしてしまった方は、突然肉離れが起きたわけではなく元々肉離れをおこす原因があったということです。  

 

 

劣化したゴム(筋肉)はちぎれやすい

当分、使っていなかった輪ゴムなどを使った時、「ぷちん」と簡単に切れてしまった経験は一回はあるのではないでしょうか?

 

使っていなかった間にゴム本来の柔軟性がなくなってしまったため、伸ばされる負荷に耐えることが出来なくなり、ぷちんと切れてしまったのです。

 

同じように、筋肉も使っていないと柔軟性がなくなり、ぷちんと切れやすくなります。

 

また、普段から負荷をかけすぎて筋肉を使っている人は逆に筋肉に疲労がたまりパンパンの状態になっていると想像してください。パンパンに引き伸ばされた状態でさらに負荷をかけると切れてしまうのは言うまでもありません。

 

このように、肉離れを起こしてしまう方は、共通して「筋肉の柔軟性がなくなっている」のです。

 

筋肉の柔軟性がないため、復帰後すぐに肉離れを起こしたり、ゴワゴワ感や動かしづらさが残ってしまうのです。

 

たとえば、「左」のふくらはぎを肉離れで痛めた方を施術すると、「右」のふくらはぎもいつ肉離れを起こしてもおかしくないほどに筋肉の柔軟性をなくしてしまっていることもあります。

 

肉離れを起こしてしまう方は、ほとんど筋肉を使わないこと、もしくは疲労がたまりパンパンになった筋肉をしていることにより、肉離れをおこしやすい状態になっていたのです。

 

FMT整体では、筋肉にある感覚受容器に対して「特殊な働きかけ」をすることで、緊張を起こしている筋肉や神経を回復させることで、早期に肉離れの痛みを軽減させ、筋肉に本来の柔軟性を取り戻させることで再発およびパフォーマンスの低下までも防ぐことが出来るのです。

 

 

肉離れをあなどるとクセになります

肉離れは、休んでいれば良くなるから大丈夫、と軽視しないでください。

 

肉離れは、先ほど説明したように筋肉の柔軟性の低下から起きています。正しい方法で肉離れの改善方法を行わないと、今後、肉離れと付き合っていくリスクがどんどん増えてしまいます。また、全力で練習することに対しての怖さ、恐怖感が消えなくなってしまいます。

 

肉離れを改善させないままの運動を続けると、 痛みをかばう動作が身についてしまいます。それを繰り返すうちに、かばい動作がクセになってしまいパフォーマンスが著しく落ちて、いくら練習をしても上達しない選手になることになります。

 

肉離れについて動画で説明をしています。肉離れをしてから、どのようにして復帰して良いか?をお話ししています。こちらもご覧ください。

 

 

もう安静にしている時間はありません

筋肉が体を動かしていることはご存じだと思いますが、その筋肉を動かす命令を伝えているのは神経です。

 

アイシング、シップなどをすればするほど、神経の感覚をマヒさせ、筋肉を硬く緊張させていきます。

 

これが、肉離れの改善を妨げている要因です。

 

FMT整体では筋肉にある「感覚受容器」に対して特殊な働きかけをすることにより、神経と筋肉の関係が回復し、肉離れの原因となっている筋肉の硬さがとれて、早期に痛みをとることができます。

 

具体的な話をすると、肉離れで炎症を起こしている筋肉は、硬くなり血液循環が悪くなっています。この硬くなっている筋肉に対して、柔軟性を取り戻して栄養と酸素を含んだ血液を流れやすくします。

 

さらには、炎症自体にもアプローチ出来る手法がFMT整体にはあります。

 

FMT整体の手法により、筋肉の柔軟性を取り戻せるので、競技に戻った時にパフォーマンスが低下するのを防ぐことができます。

 

肉離れは適切な働きかけをすれば、改善をしていきます。

 

私たちの信条は「できるだけお金も時間もかけずに、最短最速でケガから復帰していただくこと」です。施術期間を不必要に引き延ばすことはありません。

 

もちろん、そのためには厳しい指導をする場合もありますが、早期回復のために私たちも力を尽くしますから、信じてついてきてください。

 

参考までに、これまでFMT整体で施術を受けた方の声をご覧ください。

 

肉離れでFMT整体の施術を受けた方の声

肉離れ 患者さんの声1

 

肉なばれ 患者さんの声2

 

肉離れ 患者さんの声3

 

(※ 肉離れでFMT整体の施術を受けた方の声は、事実を元に構成しておりますが、いずれも効果・効能を保証するものではございません)

 

保護者の方へ
すごく心配だと思います…

肉離れは、本人にとっても、お父さん、お母さんにとってもすごく心配だと思います。初めての肉離れであればなおさら、「本当に良くなるのか?」という焦りも出てきます。

 

パンパンにはれたお子さんのふくらはぎや太ももを見ていると不安も出てくるかもしれません。

 

周りに肉離れになった方がいないと、なかなか他人に痛みを理解してもらえないこともストレスになるでしょう。

 

肉離れは、正しく早期に良くしないといけません。

 

痛みをがまんしつづけると、全身の筋肉が硬くなり、体がゆがんでしまいます。正しい改善方法を行わないと痛みや違和感をかばった動き方が身についてしまいます。

 

そうなってしまうと、痛みだけではなく、痛みをかばいつづけることで身についてしまった望ましくないフォームまで修正していかねばなりません。

 

望ましくないフォームでスポーツを続けることで、パフォーマンスが低下するだけではなく、体のバランスが悪くなり別の箇所を痛めるリスクも上がってしまいます。

 

早ければ早いほうが回復までの時間もかかりません。

 

痛いのをガマンしながら、おそるおそる生活するのは精神的にもよくありません。

 

大丈夫です。一緒に良くしていきましょう。
まずは、1人で悩んでいないで私たちに相談してください。

 

矢印

 

 

ご予約までの流れ

ステップ.1 ホームページをよく読む

せっかく来院したのに「思っていたのとは違った」となってしまっては、お互いにとって良くありませんので、ホームページにしっかりと目を通してから来院されることをオススメします。

 

患者さんからよくお問い合わせいただく質問はよくある質問と回答にまとめてありますので、ご覧ください。

 

よくある質問と回答」を全て読まれた上で、わからないことがあれば、相談専用の電話番号(愛知小牧本院:0568-47-0358)に相談をしてください。

 

※質問がない方は、「ステップ2」へ進んでください。 

 

 

ステップ.2 最寄りの院に予約をする 

以下の院から、最寄りの通いやすい場所を選び、「ホームページを見たんですけど、予約をお願いします」と電話をしてください。

 

現在、たくさんの方から予約の電話をいただいているので、予約がとりづらくなっております。予約をご希望される方は、なるべく早めにお電話下さい。

 

top3

 

「ホームページを見たんですけど、予約をお願いします」とおっしゃってください。ご予約日時を調整します。

 

施術料

初診料: 2000円+(税) / 施術料:5000円+(税)  

初回の来院時には初診料と施術料の7000円+(税)がかかります。2回目以降は、施術料のみの5000円+(税)になります。

 

追伸:命は生きている限りは必ず回復しようとします。 そんな不思議でかけがえのない命をご両親からいただいて生きていることに、周囲の人たちに支えられて生きていることに感謝してみてください。 きっと早くよくなります。おだいじにしてくださいね。

by