テニス肘を早期に改善するための最適な治療方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは、このような症状で悩んでいませんか?

☑ テニスをすると肘に痛みがあり、思いっきりプレーができない

☑ ゴルフ、卓球、バドミントンをしていて、肘に痛みがある

テニスを全くしていないのに、テニス肘と診断された

肘が痛く、仕事や家事に支障が出ている

肘が伸びきらない、伸ばそうとすると痛い

 

もし、ひとつでも当てはまるのなら、あなたはテニス肘かもしれません。

 

あなたのテニス肘がなかなか改善されないのには理由があります

テニス肘がひどくなってしまうと、ドアノブを握ったり、少し重いものを持つだけで痛みが出るので、日常生活が不便になります。何をするにも、おそるおそるになってしまい、気持ち的にもイライラしたり、痛みが取れないので良くする希望もなくなり、気持ちが落ち込んでしまう方が多いのです。

 

しかし、テニス肘には、原因があり、その原因に適切な対処をすれば、改善する可能性は十分あります。

 

もちろんテニス肘の状態によって個人差はありますが、私たちのアドバイス通りに改善することに専念できれば、約1か月前後で回復していく方が多いです。テニス肘は決して良くならない症状ではありませんので、「改善しない」と思っている方は、希望を持ってください。

 

FMT整体では、これまで多くのテニス肘の方に施術をしてきました。テニス肘がなかなか改善されない方には、2つの共通点があることがわかりました。

 

これから、あなたのテニス肘を良くするために必要なことをお話ししていきます。

 

 

テニス肘が改善しない理由① 「治療方法が間違っている」

あなたは、お医者さんからテニス肘と診断を受けて、以下のような治療方法をしてきていませんか?

 

・アイシング

・湿布、スプレー式鎮痛消炎剤
・電気治療
・ストレッチ
・マッサージ
・超音波治療
・痛み止めの注射
・筋力トレ

・サポーター

 

あなたが、上記の治療方法を試しているにもかかわらず、なかなか痛みが良くならないのであれば、このまま今の治療方法を続けても改善する可能性は低いです。

 

FMT整体に来られる方は、病院や接骨院の先生の指導どおり、上記のような治療方法を数週間も、数か月もつづけたにも関わらず、痛みが思うように良くならなかった方ばかりです。

 

その方たちを施術してきて、むしろ上記のような治療方法を繰り返してきた方ほど、筋肉の緊張がより強くなっており、慢性化して良くなりにくくなっていることが分かっています。

 

とくに痛みをともなうマッサージやストレッチは、症状をいちじるしく悪化させる可能性があるので、おススメはできません。

 

あなたが、上記のような改善方法でテニス肘が良くなっていないのであれば、そもそもの方法を見直した方がいいのかもしれません。

 

 

テニス肘が改善しない理由② 「テニス肘の原因を理解していない」

テニス肘を早期に回復させるためには、テニス肘とはどういう症状なのか、本当の原因は何なのかを理解しておかなくてはいけません。症状や原因を理解しないまま、やみくもに良くしようとしても、テニス肘は良くなっていかないのです。

 

一般的に言われるテニス肘の原因として、テニスボールをラケットで打つ時の衝撃が、肘周辺にある筋肉がくっついている部分に繰り返し加わることによって、微小断裂や損傷を起こすとされています。そのため、「使いすぎですね」「練習のし過ぎですね」と言われる方が多いです。

 

しかし、同じように練習し、試合に出て、プレーをしているのに、テニス肘になる人とならない人がいます。さらには、全くテニスをしていない主婦の方にもテニス肘が多いのです。 

 

そのため、テニス肘の原因は、「使いすぎ」「テニスの練習のし過ぎ」だけではありません。手の「使い方」にも問題があるのです。

 

「手の使い方とはどういうことか?」を詳しく説明をしていきますね。

 

まず、テニス肘で痛くなる場所は、2箇所あります。肘の外側(図では、外側上顆)、肘の内側(図では、内側上顆)です。

 

tennis1 tennis2

出典:http://www.akishinkyu.com/smart/blog/2014/07/entry_1072/

 

上の図を見て分かるように、肘の外側(外側上顆)、肘の内側(内側上顆)には、指先までつながる多くの筋肉がくっついています。つまり、指先に力を入れると、肘に繋がる筋肉に負担がかかるのです。

 

例えば、テニスのプレイヤーであれば、他の人よりもラケットを握る力が強かったり、ボールを打つときに必要以上に手に力が入ったり、ケアが不十分なまま繰り返し練習をしていれば、肘につながる筋肉はどんどん硬くなっていきます。この筋肉が硬くなり、くっついている部分をグイグイ引っ張ることで痛みがおきます。

 

また、テニスプレイヤーでなくても、ペンの筆圧が強かったり、包丁を使うときに手に力が入っていたりと日常生活で指や手に力を入れ続けるクセがあると、肘につながる筋肉は硬くなりやすいです。そのため、スポーツをしていない主婦の方でもテニス肘になることがあります。

 

まとめると、スポーツをしている方も、スポーツをしていない方も、手に力を入れすぎてしまったり、日常生活の中で肘に負担がかかるような手の使い方をしていたため、筋肉を硬くしてしまい痛みがおきているのです。

 

 

テニス肘を改善する治療方法

ここまでの話をまとめると、テニス肘を改善するためには、

 

① 筋肉を柔らかくする改善方法、ケアをすること

② 肘を痛めてしまうような生活習慣を見直すこと

 

を同時に行っていくことが必要になります。

 

筋肉が体を動かしていることはあなたもご存じだと思いますが、その筋肉を動かす指令を送っているのは神経です。痛みがともなうような改善方法を行えば行うほど、脳は神経や筋肉を緊張させて体を守ろうとします。

 

だから、筋肉を柔らかくしようとして、痛みを伴うようなストレッチやマッサージをすると、テニス肘がどんどん改善しにくくなります。

 

FMT整体では、筋肉にある感覚受容器というセンサーに対して、特殊な働きかけをすることにより、痛みを伴わずに、緊張を起こしている神経と筋肉を回復させることで、痛みの解消を可能にしています。

 

また、肘を痛めてしまうような生活習慣や手の使い方をしている場合、それらに対する具体的なアドバイスもおこなっていきます。

 

今まで施術をしてきたテニス肘の方の中には、他の整体で、「高額なサプリメントやサポーターをすすめられた・・・」という方もいらっしゃいました。テニス肘の施術をされる先生の中には、具体的な方法が見つからないので、生まれもった骨格や関節の軟骨がすり減っていることを痛みの理由とされる場合もあります。

 

もちろん、人それぞれ生まれもった身体の性質がありますから、全く関係していないことはないかもしれません。しかし、テニス肘の根本的な原因は骨や関節の損傷ではない場合がほとんどです。

 

そしてテニス肘は、症状の進行状況、良くすることに専念できるかどうかで個人差はありますが、体に対して適切な働きかけをすれば早期に改善していくものです。

 

参考までにFMT整体でテニス肘を改善した方の声を載せておきます。 

 

テニス肘を改善された方の声

テニス肘

 

テニス肘 患者さんの声3

 

 

もう、肘の痛みを気にしながら生活するのは、終わりにしましょう

これまでお伝えしてきたとおり、やみくもに改善方法を続けても、テニス肘を根本的に良くすることはできません。

 

それどころか痛みをガマンしているうちに、痛みをかばう動作がクセになってパフォーマンスが落ちてしまったり、肩や手首まで痛めてしまう可能性もあります。

 

肘を日常生活で使わないのはほとんど不可能ですから、どんどん支障が出てきます。また、時間が過ぎればすぎるほど、筋肉の緊張が強くなりテニス肘は良くなりにくくなります。

 

ですから、早めに適切な改善方法を行っていくことをおすすめします。そして、テニス肘は体に対して適切な働きかけをすれば、改善をしていきます。

 

大丈夫です。一緒に良くしていきましょう。
まずは、1人で悩んでいないで私たちに相談してください。

 

矢印

 

 

ご予約までの流れ

ステップ.1 ホームページをよく読む

せっかく来院したのに「思っていたのとは違った」となってしまっては、お互いにとって良くありませんので、ホームページにしっかりと目を通してから来院されることをオススメします。

 

患者さんからよくお問い合わせいただく質問はよくある質問と回答にまとめてありますので、ご覧ください。

 

よくある質問と回答」を全て読まれた上で、わからないことがあれば、相談専用の電話番号(愛知小牧本院:0568-47-0358)に相談をしてください。

 

※質問がない方は、「ステップ2」へ進んでください。 

 

 

ステップ.2 最寄りの院に予約をする 

以下の院から、最寄りの通いやすい場所を選び、「ホームページを見たんですけど、予約をお願いします」と電話をしてください。

 

現在、たくさんの方から予約の電話をいただいているので、予約がとりづらくなっております。予約をご希望される方は、なるべく早めにお電話下さい。

 

top3

 

「ホームページを見たんですけど、予約をお願いします」とおっしゃってください。ご予約日時を調整します。

 

施術料

初診料: 2000円+(税) / 施術料:5000円+(税)  

初回の来院時には初診料と施術料の7000円+(税)がかかります。2回目以降は、施術料のみの5000円+(税)になります。

 

追伸:命は生きている限りは必ず回復しようとします。 そんな不思議でかけがえのない命をご両親からいただいて生きていることに、周囲の人たちに支えられて生きていることに感謝してみてください。 きっと早くよくなります。おだいじにしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
by