FMT整体セラピスト養成学院 プロコースのお知らせ

プロコースとは

現在、セラピストを養成する学校・スクールは日本中にありますが、
FMT整体セラピスト養成学院プロコースが目指すところは、
セラピストになること、セラピストとして収入を得れるようになること。ではありません。

プロのセラピストとして自分の飯が食えるようになるというのは当たり前のことです。

FMT整体セラピスト養成学院が目指すものは、
自分がセラピストになりたい。体を通じて人々のお役に立ちたい。

そういう人間が、

自分の持って生まれた感性や才能を十分に引き出して、
堂々と社会に遠慮することなく、境界線を設けることなく、
最大限自分の力を発揮して、社会に人々に貢献していくことができる人間を育てること。

それが、FMT整体セラピスト養成学院が目指している理想の姿です。

まずは、以下の動画をご覧ください。
少々お時間をいただきますが、私たちの想いや活動について詳しく話しています。


FMT整体創始者 大愚元勝

入学対象者

1.人の役に立ちたい人

自分が幸せになる。それは、当たり前の話です。

けれども、「誰のため」「何のため」が明確になった人ほど強い人はいません。
それが家族や兄弟、恋人のためでも良いのです。誰かの役に立てる人間になりたい。

そんな気持ちを持った人を求めています。

2.目標に向かって努力・精進をおこたらない人

あなたは、これまでの人生で何かに情熱を持って取り組んだことはありますか?

どんな人でも、情熱を持って死ぬ気でなにか1つのことに取り組むことができたならば、
それが3ヶ月、半年、1年できたならば、必ずその人は変わっていきます。

なんの努力もしないで、楽をして、自分を成長させたい。
そんな虫のいい話はありません。

目標達成のために、自分ができる努力を最大限に行う。

そんな人を求めています。

3.覚悟のある人

今の世の中は、情報に溢れています。

本、ネット、テレビ、雑誌……。
子供から大人まで膨大な知識を得ています。色々な考え方を知っています。

でも、みんなその情報の渦の中で迷っています。

知っているけどできない。わかっているけどやらない。
実際に行動している人はわずかです。

今あなたがどのような状態かは問いません。
迷ったり、フラフラしていることが悪いわけではありません。

けれども、志を立て、自分の立てた目標に向かって、

人生一度くらい命がけでチャレンジしてみる。
そして、得たものを社会の多くの人たちのためにお役立てをしたい。

そのような気持ちを持っている人を求めています。

参加条件

先ずはじめに、このプログラムに参加していただくには、
以下の条件を満たしていることが条件です。

  1. 18歳以上の心身ともに明るく健康な男女であること
  2. 「素直・真面目・勉強好き」であること
  3. インターネットに接続されたパソコンを見る環境があること

プロコースで学ぶ内容

カリキュラムの内容をシンプルに言うと、

「40万円の施術収入をいただけるレベルの整体師になるために、
私たちが必要だと判断したことすべて」

ですが、これはスタートであって、ゴールではありません。

その後長きに渡って家族や地域の人に愛されながら、
豊かに、健康に人々の健康に貢献していくための智慧を学んでいただきます。

ですから、通常の整体スクールでやることであっても、
私たちが必要ないと思えばやりませんし、必要だと思えばやります。

試験のためのスクールではなく、実践のためのスクールなので、
黙って先生の講義を聞いているだけの時間はほとんどありません。

常に頭と体を動かしながら、実践、実践の繰り返しの中で、
知識と体験の両方を身につけていただきます。

参考までに、これまでに行った学院のカリキュラムの一部をお話しすると、

トラウマの克服と心のブレーキの解除

人を癒すためには、自らがまず癒される必要があります。

現在、心や体や感情に痛みや不安を抱えている人は、自分でも気付いていないトラウマがあります。

やろうと思っても仕事がはかどらない。
グズグズしてしまう。常にお金に困っている。
家族や同僚と上手くいかない。失敗が多い、、、。

これらは実は深層心理に隠されたトラウマが原因になっていることがほとんどなのです。

このトラウマを抱えたまま、どんなにすごいテクニックや知識を身につけたとしても、
短期的に上手くいくことはあっても、長期的に安定して成功することはありません。

ですからまず、ここを克服してもらいます。

知識の習得を10倍加速させる学習法

私は一年間に300冊近い本を読みます。

名古屋の丸善さんや紀伊国屋さんに行くと、
一気に5万円分ぐらい本を買ったりするので、店員さんにマークされています。

一冊の本を読むスピードは速くて3分。遅くても10分です。

だから知識を得ていくスピードが普通の人より10倍ぐらい早いのです。

私はこうした学習法を大学院時代の恩師から学びましたが、
世の中には私など足元にも及ばない人たちがいくらでもいます。

このプログラムでは参加者の学習速度を加速させるため、
まずはじめに、どのように学習すれば素早く知識を得られるのかの種明かしをします。

知識が増え、智慧が深まるとものごとの解決能力がグンと高まりますので、人生が豊かになります。

究極の集中力育成法

このプログラムへの参加者の多くは、
子育てや家事、仕事の合間に時間を見つけて勉強することになると思います。

なので、限られた時間に集中して学習する必要があります。

ですから、たとえ妻や夫、父や母に小言を言われ続けていても、
隣の家が解体工事をしていても、まったく気にすることなく学習に没頭するための、
究極の集中力を身につける方法を話します。

原点の見直しと哲学の確立

誰でも短期間にがんばることはできます。

けれども長期に渡ってモチベーションを維持し、
どんなことが起きても軸がぶれることなく歩みをすすめるためには、
自分の歴史を振り返り、施術家になろうと決意した原点を見直す必要があります。

そして、新たな人生のために哲学を持つ必要があります。
哲学とは心の姿勢です。

姿勢という漢字は、姿に勢いと書きます。そこに迷いや摩擦が一切なく、
進行方向に向かって真っすぐ進んでいる姿のことを「姿勢」と言うのです。

哲学を持たない人は、キョロキョロ、フラフラするので短期的にものごとが上手く行っても、
すぐに失墜しますが、哲学を持って歩む人は、長期的に成功することができます。

固定観念からの思考、感情の解放

私たちは、固定観念に縛られて生きています。

感情を抑えて生きています。

こういう話をすると、
「マイナスの感情を抑えている」ことばかりに目が行きがちですが、
実はプラスの感情をも抑えて生きています。

もっと人に喜んでもらいたい、もっと世の中をよくしたい、もっと私自身を成長させたい……

いろんなプラスの感情を解き放つことで、
あなたは心の奥底に無尽蔵のエネルギーの泉を得ることができます。

その深層心理、無意識の領域について学びます。

理論と技術

FMT整体の施術理論や技術は、いくつかの疾患に関しては医師からも
「目からウロコ」と言わしめるようなレベルの高い理論、療法を確立しています。

具体的に言うと、筋膜と筋肉 筋肉と神経 感覚受容器と脳 精神と肉体、気の流れなどに着目し、
7つの基本技術を駆使して、体を通じて心にまでアプローチする技術です。

もちろん神、仏ではないので、すべての症状を一瞬にして消し去るようなことはできませんが、
今後もどんどん進化していくと思います。

その手技はとても自然で、どんな人にもやさしく、安全で、効果的なものであることは間違いありません。

美容や動物への応用もできますので、今後そちらの方面への研究・展開も進んでいくと思います。

基礎医学他

施術において必要な解剖学、生理学、病理学などを学びます。

経営法

FMT整体は、小さいながらも経常利益が10%を下回ることのない優良企業です。

整体院を経営する上で、立地条件を問わない黄金のマーケティング理論、
長く地域社会に信頼される経営手法が学べます。

健康論とセルフケア

「健康産業にかかわっている人で健康な人は少ない」ことをご存知でしょうか。

医師、整体師、サプリメント会社の社長、スポーツインストラクターなど、
人に健康を説きながら自分がボロボロの人は多いのです。

それは健康産業に関わっていることで健康に関する知識=健康と勘違いしてしまうからです。

また、自分の専門分野にしか知識や洞察がないことも原因の一つです。

食事、排泄、運動、リラックス、感情、感覚、思考、呼吸に至るまで、
健康を形成する要素の全体像を学びます。

人間関係(コミュニケーション)論

あなたはもし、子どもに「なぜ挨拶をしなければならないの?」と聞かれたら何と答えるでしょうか?

「人によく思われたいから?嫌われると嫌だから?」としつこく突っ込まれたら、
ついつい「それが人間関係の基本なんだよ。だからいいから挨拶しなさい!」
とその場を逃げたくなりませんか?

実は「挨拶」は人間が人の間で生きていくために欠かせない、
智慧として生み出した究極の人間関係構築システムなのです。

それが分かると、親子関係、夫婦関係、企業とお客さんとの関係、
上司と部下の関係など、色々な人間関係が見えてきます。

人間は思考したことを言葉や行動に現わします。

ですから、人と本当に良好な人間関係を築いていこうとするのなら、
「思考」から変えなければなりません。

思考が形成されるまでのプロセス、思考を表現する方法、それが人間関係を決定づけていきます。

人間関係論では、「あいさつ」思考、言葉(話方・聞き方・書き方・読み方)、行動、接遇などを学びます。

資産構築法

「お金は大切です。けれどもお金自体に価値はありません」

このことの意味が分かりますか?これが分かったら、人は一生お金に困ることはありません。

多くの人はこれが分からないため、「お金」に固執してしまい、
もっと多くを稼ぐために健康や人間関係を崩し、またお金を失います。

お金はひとつのエネルギーです。
たくさんのお金はそれだけのパワーを持っています。

多くのお金を得たければ、その性質、貯め方、使い方を学ばなければなりません。

私の知り合いにも、お金持ちになった人は沢山いますが、
その扱いを知らなかったがために、本人が狂い、家族が狂い、

お金がなかった時の何百倍も不幸になってしまったケースはいくらでもあります。

そうならないためにも、お金の性質、使い方、貯め方を具体的に理解する必要があります。

学習時間と方法

FMT整体セラピスト養成学院プロコースでは、
FMT整体の基礎技術と健康理論をビデオと合宿研修で学び、
「40万円の施術収入をいただけるレベルの整体師」を目指します。

本学院は、ただDVDや分厚い教材を送りつけて、
「あとは一人でがんばってね。」という形ではありません。

講義はDVDや教材などではなく、
パスワード保護されたオンライン上のサイトに、ビデオ(音声)が公開されます。

ビデオは毎週1時間~2時間程度のボリュームになります。

講義ビデオではゼロから勉強を開始し、

約30回をかけて実際に施術をして患者さんからお金をいただくまでの考え方、知識、
その他のステップを、具体的に、順番に、シンプルに、分かりやすく公開していきます。

ビデオの最後には宿題が出ますので、それを期限内に終わらせて、順番にステップアップしていきます。

合宿研修では、技術を徹底的に練習します。

合宿で学んだことは即実践してもらいます。次の合宿日までに練習人数が指定されます。

施術日と施術を受けた人のサインや感想をいただく仕組みですので、
サボれませんし、下手なままいることが出来ないのです。

ビデオ講義と合宿研修を通して、
最終的には心構え、考え方、技術を備えた1人のセラピストが誕生するという流れになっています。

この学院は、参加する生徒さんの能力や学習効果を最大限に引き出すために詳細に計算されており、
すべてのことに理由があります。

最後に

この学院は、スクール経営のための学院ではありませんので、
たとえ応募があってもこちらで不適切と判断した場合には、入学をお断りする場合があります。

私たちはFMT整体の技術、知識、精神を兼ね備え、
怪我や病気で苦しむ患者さんに希望や喜びを与えられるセラピストを
1人でも多く育てたいとは思いますが、
焦っていいかげんなセラピストを育てるつもりはありません。

たとえ1人でも、2人でもいいので、
本当に患者さんから必要とされるセラピストを養成したいと考えています。

もし、あなたが、人生一度ぐらいチャレンジして自分を成長させたい、
そして人の役に立てるセラピストになりたい。人々の健康に関わって笑顔を支えたい。

そう思うのであれば、どうぞ覚悟を持って、
そして自分の気持ちを素直にストレートにぶつけて、この学院に挑戦してみてください。

募集開始は、2018年2月を予定しています。

FMT整体セラピスト養成学院プロコースの募集は2018年2月を予定しています。
申し込みのお知らせを確実に受け取りたい方は以下のメールマガジンにご登録をお願いいたします。

FMT整体セラピスト養成学院メールマガジンへの登録はこちら

プロのセラピストとしての心得

FMT整体創始者の高瀬が話した「プロのセラピストとして知っておきたい心得」をレポートにまとめました。


【内容】

  • セラピスト業界の現状
  • これからの時代を生き残るセラピストの条件
  • セラピストとして上手くいかない人の9つの特徴
  • 長くセラピストと続けるための4つの力
  • セラピストにとって一番大切なこと

セラピスト・整体師に興味がある、 そのような道に進みたいと思っている。
既に何らかの形でセラピストとして仕事をしている。
セラピストに限らず何らかの形で人の健康に関わっている方におすすめです。


レポートを希望される方は以下のメールマガジンにご登録をお願いいたします。
※現在、レポートを見やすい形に整えていますので1月の上旬〜中旬にお送りする予定です。



 


お名前 (必須)




メールアドレス (必須)


都道府県(必須)


年齢(必須)

      


備考欄





by