公式ホームページ セラピスト養成学院

シーバー病を治すためにスイッチが入ったYくんの出来事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、FMT整体の田中です。

小学3年生のYくんは、半年前、サッカーの練習後に右足のカカトの辺が気になり出して、
その後、徐々に痛みが強くなりました。

ご両親と一緒にいった病院では、「小学生の子に多い“シーバー病”という成長痛の症状です。」
「痛いときはサッカーを休んでね。」とお医者さんから言われ、
足指のグーパー運動やふくらはぎを伸ばすストレッチを教えてもらって帰宅したそうです。

Yくんは、グーパー運動やストレッチを毎日欠かさずやっていましたが、痛みで練習を休むことが増えて、
サッカーをしていなくても痛みを感じるようになってしまいました。

お父さんやお母さんも、Yくんに足湯をさせたり、朝と夜にマッサージをしましたが
一向に痛みは治まる気配がありませんでした。

お父さんとYくんが、こちらに来られたのは痛くなって2カ月経ってからのことでした。

病院で受診したものの症状は改善されず、サッカーができずに元気がどんどんなくなっていくYくんを見るのが辛く、
インターネットでいろいろ調べて、こちらに来られたそうです。

一般的にシーバー病は、成長期の柔らかいカカトの骨の一部が運動をし過ぎることで、
骨が引っ張られ、傷つき痛みを起こすと言われています。

でも、同じ小学生でもシーバー病になる子もいれば、ならない子もいますし、
Yくんの様に右足も左足も成長期なのに右足しか痛くないというのは、

成長期が全ての原因ではないと私たちは考えています。

こちらに来るシーバー病と診断された子どもたちを診ていくと、痛みを起こしている骨に問題があるというより、
足関節の動きに関わる筋肉に硬さがあって、それらを柔軟にすることで症状が改善していくケースは多いです。

 

この症状について詳しくはこちらをご覧ください。
シーバー病の完治に必要な知識と治療方法のすべて

 

こちらに来られた時のYくんの足の状態は、歩くとカカトに痛みを感じ、カカトを自分で押すと痛みがありました。

3回目の施術では、普段の生活の中では痛みがなくなって、カカトを押しても痛みがなくなるほど回復しました。

でも、その時Yくんは「学校の休み時間に追いかけっこをしたらその後、少し痛くなっちゃった。」
屈託のない笑顔で報告してくれました。

その笑顔からは、痛くなったことより、久しぶりに友達と遊べたことの嬉しさが、とてもよく伝わってきました。

その出来事をきっかけにYくんはスイッチが入ったかのように、治すことに真剣に取り組むようになったのです。

今までは、痛くて走ろうなんてとても思えなかったのに、追いかけっこしてみたら、走れる=治りそう!
というイメージがYくんの中に芽生えたのかもしれません。

それからは、学校で追いかけっこで思いっきり走りたくても我慢して、こちらから伝えたアドバイス通り、
お父さんと一緒に散歩とゆっくり走るところから始めました。

Yくんに、「痛みが無くなったら何をしたいですか?」と聞いてみたら、
「サッカーで思い切り走りたい!」と元気よく答えてくれました。

その言葉通り、Yくんは順調に回復していき、ダッシュやドリブルなども取り入れて、
今では、追いかけっこや思いっきり走っても全く痛みはなくなりました。

もう少しで、サッカー練習にフルに参加できるまで来ました。
こちらに来た時は心配していたお父さんでしたが、今では元気を取り戻したYくんに少々手を焼いている様子を、
嬉しそうにお話しくださいます。

今回痛みで大変だったYくんだったけれど、痛みを通して”自分で何とかできる”という貴重な経験ができたと思います。

痛みを克服したYくんのこれからの活躍がとても楽しみです。

The following two tabs change content below.
田中 学(たなか がく)
長野出張所担当。26年勤めた公務員を辞め一念発起。整体院を始めるも上手くいかずに悩んでいた頃、FMT整体に出会う。それからの毎日は目からウロコの連続。「技術が人を癒すのではなく、人が人を癒す」その意味の深さを感じ、この歳になっても成長できる毎日に感謝。日々是精進。

FMT整体セラピスト養成学院

FMT整体セラピスト養成学院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフがFMT整体の"今"をお届けしています

「いいね!」ボタンを押すと、
最新情報がすぐに確認できるようになります。

「フォローする」ボタンを押すと、
最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

FMT整体公式メールマガジン

FMT整体公式メールマガジン