公式ホームページ スタッフ募集

”魚のようなチーム”を目指して

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、業務後に柴田先生が「FMT整体は魚のようなチームにしたい。」と
理想のチーム像を話してくれました。

僕は「魚のようなチームってなんですか?」と聞くと、
「魚の群れは、リーダーがいないのに一瞬で全体の方向を変えられるんだよ。」

そのチーム像に「なるほどー。」と思ったのと同時に「なんで、司令塔やリーダーがいないのに、
一瞬で全体の動きを変えることができるんだろう?」と思い帰って調べて見ました。

その理由は、魚が側面に持っている「側線」と呼ばれる器官の働きのようです。
この側線の働きによって、魚は周囲の水圧や水流の変化を敏感に感じることができ、
急な動きの変化も敏感に察して動いているようです。

そして、急な動きでもお互いにぶつからないのは、
常に3つのルールに従って泳いでいるからだそうです。

①衝突回避:仲間との距離が近い場合、ぶつからないように進行方向を変える。
②並走:仲間との距離がちょうど良い場合、距離を一定に保つために並走する。
③接近:仲間との距離が遠い場合、近づこうとする。

魚の群れが急に方向転換できる理由は、常に丁度良い距離感を保ちながら、
それぞれの魚がお互いの動きを敏感に察しているから
なんですね。

これを調べているうちに自分は周りのスタッフのことを敏感に察しようとしているだろうか?
と考えさせられました。

余裕があるときは相手に意識を向けていても、
やっぱり余裕がないときは自分のことばかり考えてしまいます。

一人で仕事をしているのであれば、
あまり必要ないことなのかもしれませんがチームで活動している以上は、
自分のことだけ考えていては、ぶつかってしまったり、上手くいかなくなってしまいます。

できるだけ、自分のことばかり考えずに相手に意識を向ける。
簡単なことではありませんが、それができる人たちが集まると
魚のように全員で瞬時に動ける柔軟性の高いチームになるのだと思います。

魚のようなチームを目指してまずは、日々の生活の中で
「あっ、今自分のことばかり考えていた。」と
自分だけに意識が向いている瞬間に気づくことからはじめていきたいと思います。

The following two tabs change content below.
三輪 拳(みわ げん)
FMT整体愛知小牧本院 施術家。私が高校時代から大切にしていることは”最後まで諦めない”こと。まさに、施術家の役割は、患者さんが良くなっていく過程に辛抱強く寄り添いながら、一緒になってその根本原因を探り、解消していくことだと思います。多くの方を笑顔にできるようとことん諦めずにお手伝いしていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフがFMT整体の"今"をお届けしています

「いいね!」ボタンを押すと、
最新情報がすぐに確認できるようになります。

「フォローする」ボタンを押すと、
最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

FMT整体公式メールマガジン

FMT整体公式メールマガジン