公式ホームページ セラピスト養成学院

30秒で腰痛がみるみる楽になる!「腰ゆらゆら体操」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は忙しいあなたでも、
いつでもどこでもできる腰がみるみる楽になる「ゆらゆら体操」を紹介します。

会社では座りっぱなし、お仕事によっては立ちっぱなし。
休みであっても家事をしたり、何かしらやることがあったりと私たちは腰を使わない日はありません。

やはり腰の痛みを抱えてFMT整体に来院される方はとても多いです。
中には、痛いのが当たり前すぎて「もう腰の痛みはどうにもならない」と諦めている方もいらっしゃいます。
しかし、腰の痛みは辛いものです。不安を抱えながら過ごすのも楽ではありません。

実際に来られている患者さんからも「この腰の痛みはなんとかしたいので、家でできる事はないですか?」ということでたくさん質問をいただきます。本当はこまめに運動をしたり、施術を受けて全身のバランスを整えるということを勧めたいのですが、家での自由な時間も限られているかもしれません。運動したくてもなかなか難しいという方には、この体操をおすすめします。ぜひこまめに時間を作ってやってみてください。

腰痛の原因は動かなさ過ぎ

FMT整体では、腰の痛みは腰の動かなさ過ぎが原因で起こると考えています。

という話をすると、現場仕事の方から
「僕はよく腰を動かしてるんですけどね、でも痛くなるんですけど。」という話をされることがありますが、これは動かし方に問題があります。

体を動かしている方でも現代の生活では、例えばずっと曲げっぱなしであったり、立ちっぱなしであったり、限られた範囲でしか使わない中で生活をしているので、腰を動かしていても、上手く使えていないところが多くあります。普段動かせていないところがぎっくり腰を引き起こす元になったり、腰の痛みを引き起こす原因のひとつとなっています。

ですから今回は、普段の生活ではあまり使われない細かい筋肉を動かしていくエクササイズを紹介します。

腰痛改善に効果的な腰ゆらゆら体操

まず、座ります。自分が座りやすい高さの椅子に座ってください。

私たちの背骨はブロックが積み重なっているような構造になっているのですが、この積み重なっているブロックの一つ一つの間をつなぐ細かい筋肉を動かしていくようなエクササイズです。

次に腰の痛みがある場所や腰が張りやすい場所に手を当てます。
その状態で、腰を左右に小さくゆっくり揺らします。この時に、本当に小さく、ゆっくりゆったり動かすことがとても大切です。

※座面が回る椅子だったり、立った状態でエクササイズを行うと、背骨と骨盤が一緒に動いてしまいエクササイズの効果が出にくくなります。必ず固定された椅子等で行うことをおすすめします。

小さく左右に揺らしながら10回。

次に、私たちの背骨はこの腰の一部だけではないので、腰の痛みを楽にするには、その他の部分も動かしてみましょう。10回揺らしましたら、今度はみぞおちの下辺りです。

少々ずれてしまっても構いませんので大体おへその上、みぞおちの間あたりのところに、手を置いてください。この状態で、背骨を意識しながら軽く手を置いて揺らします。10回ほど揺らしてください。この時は、軽く触れるだけで結構です。

それが終わりましたら最後に、鎖骨の下あたりに軽く手を置きます。背骨が動くのをイメージしながら手を置き10回揺らしていきます。

腰の後ろに手を置くのが辛い方は、片手でも構いません。前後で腰を挟んで手を置き、揺らしていただいても大丈夫です。それぞれ下、真ん中、上の3ヶ所でそれぞれ10回ずつ揺らしていきます。

こまめに動かすことが腰痛改善に繋がっていく

今回紹介した腰ゆらゆら体操は、作業の合間など時間をみつけて、こまめに行ってみてください。やればやるほど、腰痛の改善につながっていきます。1日1回しかできないという方は、お風呂上がりがお勧めです。筋肉が温まって柔らかくなりますので、効果が出やすくなりますよ。

基本的に動かすことそのものが痛いという方やエクササイズのあとに痛みが出るという方は、まだこの体操を行うタイミングではない可能性があります。ご自身の腰の痛みの状態や体の様子をみながらエクササイズを続けるようにしてください。背骨をこまめに動かし続ける習慣をつけることが、腰の痛みを改善する近道です。ぜひ今日からやってみてください。

腰ゆらゆら体操は、動画でも紹介していますので、ぜひご覧くださいね。

FMT整体セラピスト養成学院

FMT整体セラピスト養成学院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフがFMT整体の"今"をお届けしています

「いいね!」ボタンを押すと、
最新情報がすぐに確認できるようになります。

「フォローする」ボタンを押すと、
最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

FMT整体公式メールマガジン

FMT整体公式メールマガジン