公式ホームページ スタッフ募集

【プロフィール】三浦 博

道

こんにちは。FMT整体の三浦博です。昭和47年福島県生まれです。

家族は、母と妻と長男、長女、二男がいます。

私は、昔から興味があるものを追求したくなる性格で、中学生の頃はバスケで痛めた肩を治してもらった整体師か、料理人か、遺伝子工学や物理学の研究をしたいと思っていました。

 

高校に入ると、反抗期なども重なっていろいろ回り道をしてしまいました。

卒業間近、進路も決まらずイタリアンレストランでアルバイトをして暮らしていたところ、たまたま裁判所に求人があり就職することができました(昔は正規試験以外の試験がありました)。

 

親は喜んだのですが、希望して入った訳ではないためか、それとも若気の至りか、いろいろ不満が出てきて、徐々に自分の好きな仕事をやりたいという気持ちが強くなってきました。

夢だった料理人になろうと思い辞表を出しましたが、たくさんの人から止められ、怖くなって辞意を取り消し、以来23年間勤めてきました。

その間、「あの時夢を追っていたら今はどんな自分だったのかな」なんていう思いをずっと持っていましたが、結婚して、子供が生まれて、家を建てて、仕事も充実して・・・笑顔が増えていくたび、そんなことを考えることも少なくなっていたと思います。

 

ところが、東日本大震災で、当たり前だった生活が一瞬にして変わってしまうことを経験しました。

考えても仕方がないことを考えて不安になる毎日でしたが、趣味のランニングをしている間はあまり考えずにすむので、だんだん走る距離が伸びていきました。

そして走り過ぎたのか、ある時、足の裏が痛くなる「足底筋膜炎」になりました。

 

その怪我がきっかけでインターネットでFMT整体を知ったのですが、福島県にはなかったので、半信半疑でセルフケアDVDを購入しました。

ケアを試した直後は変化がなかったのですが、翌朝、寝起きの一歩目の痛みが減っていました。

それまで何をしても良くならなかった痛みでしたので、この整体はすごい、本物だと思いました。それからDVDでセルフケアをしながら横浜院に十数回通院し再びフルマラソンで新記録が出せるほどに回復しました。

 

あきらめかけていたケガが治って、できなかったことができるようになるってすごく嬉しいことでした。

初回の通院時、すでにFMT整体の施術や考え方にとても興味が湧いていて、当時の先生に、どうやったらここの整体を学べるのかを聞いていました。「将来ここにいるかも」と閃きのようなものも感じ、昔の夢が自分の中であっという間に大きくなって行くのが分かりました。

 

それでも公務員を辞めることを考えると怖さを感じました。家族も反対しましたし、いざ辞めようとするともう一人の自分の「家族を路頭に迷わす気か?お前には無理だよ!」と言う声が聞こえます。

しかし、高校の時無駄な時間を過ごしてきたという思いや、昔「無理だよ」と言われ夢を追うのを諦め後悔した経験、今が一瞬にして変わってしまう震災の体験、どこに行っても良くならなかった足底筋膜炎がFMT整体で簡単に治ってしまったことなど、これまでの経験全てが、その声を踏み台にするエネルギーになったのかもしれません。

 

最後は、不思議とあっけなく「なんとかなる。よし、辞めよう」と決めることができました。

それからも施術家になるまで何度もの「無理だよ」を経験しました。結構辛い気持ちになったこともありましたが、心ある人の支えの中で、「まだ行ける!」とあきらめなかったからなんとかなったのだと思います。

 

そんな私がお伝えしたいのは、自分はできると信じ、一足、一足歩んでいけばきっとゴールにたどり着けるということです。

痛みには必ず原因があります。その原因を取り除く道を選び、進んでいけば体は治るようにできています。

治療は、施術家と患者さんの二人三脚です。治ると信じて一緒にゴールに向かって歩いて行きましょう。

 

大丈夫、きっと良くなります!

The following two tabs change content below.
三浦 博(みうら ひろし)
横浜センター南院担当。福島県出身 3人の子の父。足底筋膜炎でFMT整体に通った元患者。まさか自分が通っていた院で施術をするとは思ってもみませんでした。治らないと諦めかけていた時に救ってもらったこの場所で今度は私が皆さんに“治る可能性”をお伝えしていく番です。