公式ホームページ セラピスト養成学院

肉離れの改善へ「筋トレ」より大切なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。FMT整体の山田です。

FMT整体では、症状などについてのご相談に回答する「メールサポート」を行っています。

毎日、全国から多くのお問い合わせがあり、施術家が順番にお答えをしていて、時には海外からのお問い合わせもあります。

先日は、「肉離れ」の症状についてお問い合わせがありました。今回は、その内容を中心に、私たちの考え方をお伝えします。

肉離れとは、急激に筋肉が引き伸ばされるなどの負荷がかかることで、筋膜や筋線維が損傷する症状です。

一般的には、アイシングやシップ、そして「安静にしておいてください」と言われることが多いですが、FMT整体では、損傷個所の疲労物質を流し去り、早期の回復を促す施術を行うことで、「ただ安静にして待つ」のではなく、積極的に改善に導いていくことが可能です。

こちらでも詳しくお伝えしています。
肉離れを根本的に治して目前の出来事に臨み充実感を得るための治療方法

 

肉離れの再発

今回、お問い合わせをいただいたケースは、ハムストリングスの肉離れを起こした方が、整形外科へ行くとレッグカールという筋トレを勧められたらしく、その後良くなっていたのですが、また肉離れを起こしてしまったそうです。

そこで、「筋肉量を増やすことで、肉離れの改善や予防につながるというのは本当でしょうか?」という問い合わせでした。

 

FMT整体の考え方

肉離れは、筋肉が傷ついている状態です。
筋肉量を増やすことで、より強い力が発揮できる体になるかもしれませんが、復帰の段階で負荷をかけることは、かえって回復を妨げてしまう可能性があります。

筋トレの種類も様々ですが、基本的に筋肉に負荷をかけて縮める動きの繰り返しなので更に筋肉の緊張を生む可能性があります。その結果、筋肉が硬くなり血流が悪くなって、効果的な回復にはならないと考えています。

ですので、肉離れの改善のためには、筋肉を多く付けることよりも、柔軟性を身に付けて血液循環を良くすることが大切だと考えています。

傷ついている箇所に、酸素と栄養を含んだ血液を流れやすくすることで、早期の回復につなげられます。

 

体に起こる症状は、何かを見直すためのサインだと思います。
肉離れが起きたということは、損傷した場所だけの問題ではなく、体全体に疲労がたまる状態を作っていたのかもしれません日ごろのケア、メンテナンスを見直すきっかけにつなげてほしいと思います。

もし、分からないことがあれば、いつでも相談してください。

 

もう少し、肉離れのことや対処方法のポイントなどを知りたい方は、こちらのYouTube動画も参考にしてください。

「肉離れのリハビリをはじめる前におさえておきたい3つのこと」

 

 

The following two tabs change content below.
山田 泰行(やまだ やすゆき)
新大阪駅前院担当。2男1女の父。FMT整体で大切にされていたのは「靴を揃える」などの当たり前のルール。そんな環境からか、日に日に良くなり痛みを通じ成長する息子に触発され、公務員から施術家の道へ。現在進行形で学びながら、皆さんの人生のきっかけとなる場を提供していきます。

FMT整体セラピスト養成学院

FMT整体セラピスト養成学院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフがFMT整体の"今"をお届けしています

「いいね!」ボタンを押すと、
最新情報がすぐに確認できるようになります。

「フォローする」ボタンを押すと、
最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

FMT整体公式メールマガジン

FMT整体公式メールマガジン