公式ホームページ セラピスト養成学院

寝る前の食事をやめたら睡眠の質が上がったKさん。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。FMT整体の山極です。

以前、こんな記事を書きました。

夕食抜き1日2食で、スッキリした朝の目覚めを手にいれる

夕食を食べないと翌朝の目覚めが良いことを私自身が体感した内容ですが、
来院されているKさんのお話を聞いて、私と同じように体の声を感じられたんだなと思いました。

 

Kさんは夜勤のお仕事をされています。

夜勤明けの早朝に帰宅し、昼間には用事で出かけるとすると、
最低でも5時間は睡眠を確保したいので、逆算して布団に入るそうです。

しかし、必ず途中2〜3時間で1度目が覚めてしまったり、
その後寝直して合計5時間ほどは眠れたとしも、ちゃんと疲れが取れない感覚がずっとあったと言います。

 

思い当たることがあったKさんは、ある取り組みをしました。

寝る前の食事を食べないか、食べるにしてもごく軽いものにしたのです。

今までは仕事から疲れて帰ってくると、気持ちもホッとしてお腹いっぱいにご飯を食べ、
すぐに眠りについていました。

お腹いっぱいになると気持ちは満たされるのですが、
眠っている最中にずっと胃腸が動き続けているような感じがして、
疲れが取りきれていないような感覚がいつもありました。

なので、ここ最近になって、食べたい気持ちをなんとか我慢して、
しっかりした食事ではなく、おにぎりもしくはパンだけに切り替えました。

それも、1つ全部・・・ではなく、1〜2口までに抑えて寝たところ、
睡眠の質がそれはもう断然違ったようです。

まず、中途覚醒(睡眠の途中で目覚めること)がなくなったこと。
そして、疲れがしっかり取れた感覚があること。

明らかな違いを実行初日から実感しました。

 

Kさんはここ3週間ほどこの取り組みを続けています。

やはり2〜3時間で起きてしまう日もたまにあるそうで、
いつもだったら中途覚醒した時の気分は最悪だと言いますが、

取り組みを始めてからは、「起きちゃったけど、もうそれ以上寝なくてもいいかな?」
と思えるほど意外にスッキリしていて、寝直さなくても良くなったとのこと。

明らかに食べないことで睡眠の質が上がったことを感じているようです。

 

Kさんが取り組んだように、寝る前に食べないほうが良いということは、
何も目新しい情報ではないので、「そんなのはもう知っているよ。」と思われる方も少なくないと思います。

ですが、寝る前に食べることが長年の習慣になっていると、

わかっていても、変えられない。
知っているけれども、やったことはない。

という方も多いと思います。

 

多分にもれず、Kさんも何年も前からこのことを知っていたし、
体感覚的にも何となくやったほうがいいなとは感じており「今度やろう、今度やろう」と
ずーっと思っていたそうですが、実行に移したのは今回が初めてとのこと。

Kさん曰く、

「いや、食べたいですよ!本当は今だってお腹いっぱい食べたいです。
でも、食べると食べないとでこんなにも体の調子が違うのを経験してしまったから、
思い切ってやってみてよかったです。
まずは試しに、くらいのつもりでしたが、自分でも意外に続いててびっくりです。」

と笑っていました。

 

これまでの習慣を変えようとしたり、「食べたい!」という欲求を
コントロールするのは簡単なことではなかったと思うので、
思い切って取り組まれたKさんの姿勢はとても素晴らしいと思います。

やってみて体が楽になったり自分に合っていると思えば、
自然と続ける気になるものだと思います。

Kさんのように、まずはやってみる。そして、体の声を聞いてみる。

この繰り返しが、健康の秘訣なのだと改めて思います。

 

追伸:

FMT整体では、患者さんに睡眠をしっかり取るようにと、耳にタコができるほど毎回お伝えしています。
それくらい睡眠は大事です。睡眠に勝る薬はないといっても過言ではありません。

ある一定時間以上眠ることも大事ですが、
Kさんのように睡眠の質そのものをあげていけるとより効果的です。

そういった意味で、施術を受けた当日などは特に、
睡眠の効果を最大限高めるための方法の1つとして、寝る前にご飯抜きをしてもいいかもしれません。

消化・吸収にエネルギーを取られないので、回復力をより高める手助けになると思います。

ただし、無理は禁物です。

いつも食べているのを急になくすことで別のストレスがかかってもいけないので、
無理して行うくらいなら、いつも通り過ごしていただきたいですが、
いつもより少なく済ませるなどして、食べ過ぎないように気をつけてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
山極 理奈(やまぎわ りな)
東京大崎院担当。普通の会社員から施術家へ。きっかけは長年付き合った足底筋膜炎。来院した私の目に飛び込んできたのは、学生へ向けた「必ず挨拶をすること」のルール。言葉に込められた厳しさと優しさに感動しました。家族のようなこの場所で、人と人とのご縁を大切に繋いでいきます。

FMT整体セラピスト養成学院

FMT整体セラピスト養成学院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフがFMT整体の"今"をお届けしています

「いいね!」ボタンを押すと、
最新情報がすぐに確認できるようになります。

「フォローする」ボタンを押すと、
最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

FMT整体公式メールマガジン

FMT整体公式メールマガジン