公式ホームページ セラピスト養成学院

野球肘を克服したKくんとお父さんの約束

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、FMT整体の田中です。

こちらには、スポーツ障害で小学生も多く通っています。
Kくんは小学6年生で少年野球のキャプテンでピッチャーをしています。

3か月前くらいから、投げると肘の内側辺りに激しい痛みを感じるようになり、
病院へ行っても湿布をもらっただけで一向に良くならず、
FMT整体で野球肘が良くなったチームメイトのT君の紹介でこちらに来られました。

こちらにはじめて来た時のKくんは、「早くみんなと試合に出たい。」
うつむき加減で自分の思いを私に伝えてくれました。

Kくんの肘は、触れると痛みを感じ、ボールを持たずに腕を振るシャドウピッチングや
バットで素振りをすると痛みを感じます。

Kくんと一緒に来られたお父さんによると、
「普段の生活でも体を動かすことに怖さがあるみたいで、びくびく動かしている感じなんです。」
とおっしゃいます。

キャプテンとしてピッチャーとして、今まで痛みを我慢してきたことが、
Kくんの体やお父さんの言葉からも伝わってきました。

Kくんの体を触れていくと背中やお尻の張りが強く、生活の様子を聞いてみると、
コンピューターゲームが大好きで、あぐらを組んで猫背の姿勢で毎日長時間やっているようです。

ボールを投げるような投球動作は、全身しなやかな連動動作で成り立っていますが、
猫背の姿勢が続くと背中やお尻の筋肉が固まってしなやかな動作ができなくなります。
すると全身を使えず手投げになってしまい肘に負担をかける可能性があります。

その話を、Kくんとお父さんにしたところ、
Kくんは、そんなことで肘が痛くなることにビックリしていました。
ゲームができなくなる?でも野球もしたい!といった感じの複雑な顔をしているKくんにお父さんは、
「普段の姿勢に気を付けて、ゲームの時間をちゃんと決めよう!」と、その場で約束をしました。

その後のKくんは、毎週施術を受けることと姿勢やゲームの時間を守ること、ご家族で取り組んだことで、
姿勢も良くなって、肘に触れても痛みがなくなり、動かす怖さが少しずつなくなってきました。

最初のうちは、ゲームの時間が減ってしまい不満だったようですが、痛みが無くなるのを実感してきたら、
頑張る気持ちも増したようです。

そんな様子を見て、お父さんは、プラスチックのバットで軽めのバッティングを
Kくんにやらせてみました。

最初は恐る恐るだったそうですが、やってみたら肘に痛みがなく、思いっきりバットが振れたのをきっかけに、
Kくんは体を動かせることの自信を徐々に取り戻せるようになってきたようです。
翌週には本物のバットでバッティング練習に参加しても全く痛みがなかったそうです。

ボールを投げることにも自信をつけてきたKくんは、お父さんと5メートルのキャッチボールを始めて、
3週間で遠投も出来るようになりました。

でも、依然としてピッチャーマウンドから全力で投げることには怖さがあるようで、
試合ではピッチャー以外のポジションを守っていました。

そんなある日、試合でKくんは3塁打を打ったにもかかわらず負けてしまったことがありました。
それがとても悔しくて、再びピッチャーで投げたいと思うようになった様です。

最初は怖かったそうですが、投げてみると意外と大丈夫だったことに驚いたそうです。
今では得意のスピードボールを投げられるようになって、ピッチャーとバッターの二刀流で活躍していることを、
お父さんが嬉しそうに報告してくれました。

Kくんがお父さんとの約束を守って野球肘を克服したことは、これからもピッチャーとしてキャプテンとしてきっと
良い経験になったのではないかと思いますしこれからがとても楽しみです。

そして、Kくんの活躍の影にはお父さんの存在が大きく、私も施術家として子を持つ親としてお父さんの様に、
常に寄り添って応援できる存在でありたいと思います。

The following two tabs change content below.
田中 学(たなか がく)
長野出張所担当。26年勤めた公務員を辞め一念発起。整体院を始めるも上手くいかずに悩んでいた頃、FMT整体に出会う。それからの毎日は目からウロコの連続。「技術が人を癒すのではなく、人が人を癒す」その意味の深さを感じ、この歳になっても成長できる毎日に感謝。日々是精進。

FMT整体セラピスト養成学院

FMT整体セラピスト養成学院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフがFMT整体の"今"をお届けしています

「いいね!」ボタンを押すと、
最新情報がすぐに確認できるようになります。

「フォローする」ボタンを押すと、
最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

FMT整体公式メールマガジン

FMT整体公式メールマガジン