公式ホームページ スタッフ募集

「あうん」から知る大切なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FMT整体の山田です。

先日、「仏教から生まれた意外な日本語」という書籍に目を通す機会があり、その中で、「あうんの呼吸」も仏教用語から生まれた言葉だと知りました。

「あ」は生命の始まり、「うん」は生命の終わりをいい、この世の始まりから終わりまでを意味しているとして、仏教においては、とても大切な言葉とされています。

また、日本語が「あ」から始まり、「ん」で終わるように、世界の言語の成り立ちも「阿吽(あうん)」と同じように想定されているという話もあるようです。

呼吸という言葉の順序

あうんの意味について言うと、「阿(あ)」は出る息のことで、「吽(うん)」は入る息のこと。

つまり「呼吸」のことなのです。

その呼吸という言葉をみると、「呼(は)いて、吸(す)う」という順序です。

でも普通は、深呼吸をするときなども、大きく吸ってから吐くという順序のイメージですよね。

常に繰り返す呼吸なので、どちらが先でも問題はないようですが、この言葉からも見るように、吸うことよりも吐くことへの意識が大切だと考えてみてください。

先にしっかり吐き出すことで、たくさんの酸素を取り入れられる呼吸ができます。そして、しっかり吐き、しっかり吸う呼吸は、自律神経のバランスが整ったり、血液の循環やリラックス効果にもつながるのです。

呼吸が浅くなっていませんか?

実は、患者さんの中には、呼吸が浅くなっている方が多いです。

直接、そのことをお伝えすると、「私、そうなんです!」や「なんだかそんな気がします」と、自覚されている方もいます。

これは、いつも体の緊張感が抜けなかったリ、イライラ、セカセカして、リラックスできない状態が続き、呼吸が小さくなっているのです。

その結果、様々な体の不調につながっている可能性があります。

無意識にしている呼吸ですが、体の調子が悪い時や、落ち着かない、モヤモヤしている時などには、一度、気が付いた時でいいので、しっかり吐き切ってから、大きく吸う「呼吸」の仕方に意識を向けて、繰り返し呼吸をしてみてください。

もっと大きく動くはずの肺の機能が、呼吸が小さく、浅くなっていることで、本当の動きを忘れている可能性があります。

深い呼吸ができるようになるだけで、健康な体に近づけると思います。

 

以下のYouTube動画で、しっかり呼吸ができるための簡単なストレッチをお伝えしています。ぜひやってみてください。

こちら→ FMT整体 胸郭ストレッチ

 

「呼吸」は、人間の生命にかかわる大切なもの。

そう考えると、「阿吽(あうん)」という言葉や、「呼(は)いて、吸(す)う」という順序の意味や大切さが分かるような気がしませんか?

ちょっと視点を変えて、しっかり吐いてから吸う「呼吸」を試してみてください。

 

The following two tabs change content below.
山田 泰行(やまだ やすゆき)
FMT整体新大阪駅前院 施術家  京都府京丹波町出身。2男1女の父。長男のケガがきっかけで施術家に転身。患者さんとのご縁に感謝し、現在進行形で学んでいます。「心と体のつながり」,「自然の大切さ」,「当たり前にあるもの」をテーマに、体が本当に求めているものを伝えていきたいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフがFMT整体の"今"をお届けしています

「いいね!」ボタンを押すと、
最新情報がすぐに確認できるようになります。

「フォローする」ボタンを押すと、
最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

FMT整体公式メールマガジン

FMT整体公式メールマガジン