公式ホームページ セラピスト養成学院

へバーデン結節の痛みが改善したOさんが取り組んだケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。FMT整体の山極です。

へバーデン結節のOさんは、何もしなくてもズキズキとする指の第一関節の痛みに、
かれこれ3年以上悩まされていました。
(「へバーデン結節」とは?FMT整体のHPヘバーデン結節の痛みを根本的に改善するための治療方法

通われるうちに痛みを感じる頻度は少しずつ減って行き、
8〜9回目の施術のころには、日常生活で感じる痛みはほとんど無くなりました。

そこからさらに詳しく診ていくと、
Oさんは人差し指をわざと「ピーン」と反らせるような動き(※)
をすると、痛みが出てくることがわかりました。

(※)例えるならば、電気スイッチを人差し指で思い切り押すような仕草

Oさんは、元々美容師をされていましたが、へバーデン結節をきっかけに転職し、
今はテレフォンアポインターのお仕事をされています。

指に負担をかけない仕事なら大丈夫だろうと思って選んだお仕事なのに
治っていかない指の痛みに、「なぜ?」と思っていたOさんでしたが、

指の痛みは、手のひらや前腕(肘〜手首までの部分)の硬さが
原因になることもあるとお伝えしたところ、
Oさんは仕事中、かなりの力で受話器を握りしめていたことに思い当たりました。

お客様への説明に熱がこもると、体にも力が入ってしまっていたそうです。

 

Oさんには仕事中の力みに極力気をつけてもらいながらも、
自分でもセルフケアをやっていきましょう、とお伝えしました。

施術でより細かいところを診ていくためには、
なるべく負担をかけない状態で過ごして頂くことがとても大事なのですが、

どんなに気をつけていても、仕事は毎日のことなので、
多かれ少なかれ負担がかかり、筋肉の硬さが戻ってしまいます。

ですので、自分でもケアをして、
なるべくその日の負担はその日のうちに解消してもらおうと思いました。

Oさんにお伝えしたセルフケアはこちら↓

FMT整体 体の学校 YouTube動画
腱鞘炎の治療方法|腱鞘炎の痛みを緩和する3つの方法
(クリックすると動画のページに飛びます。)

※こちらの動画は「腱鞘炎」の症状に対するものですが、
へバーデン結節の症状に関係する筋肉にも働きかけるものです。

2週間後、Oさんは「先生、こうしても全然痛みが出ないんです!」と、
例の動作をしてみせてくれました。

あれから毎日、Oさんは1日に2〜3回セルフケアにしっかり取り組み、
なんと、指の痛みを自分で治しきってしまったのです。

もちろん、セルフケアだけではなく、生活に気をつけ
睡眠をしっかりとったり、お風呂にしっかり入浴したり、

治りやすい環境をOさんが整えたからこそ
より成果が出やすかったのはいうまでもありませんが、

これ、と信じてひたむきに取り組むOさんのような姿勢そのものが
体を治していくために何よりも大事だといつも思わされます。

Oさんの取り組みが、また別の誰かの励みになることは間違いありません。

そして、それを多くの方に伝えていくのが私たちの役目なのだと改めて思います。

The following two tabs change content below.
山極 理奈(やまぎわ りな)
長野善光寺平院・横浜センター南院担当。普通の会社員から施術家へ。きっかけは長年付き合った足底筋膜炎。来院した私の目に飛び込んできたのは、学生へ向けた「必ず挨拶をすること」のルール。言葉に込められた厳しさと優しさに感動しました。家族のようなこの場所で、人と人とのご縁を大切に繋いでいきます。

FMT整体セラピスト養成学院

FMT整体セラピスト養成学院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフがFMT整体の"今"をお届けしています

「いいね!」ボタンを押すと、
最新情報がすぐに確認できるようになります。

「フォローする」ボタンを押すと、
最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

FMT整体公式メールマガジン

FMT整体公式メールマガジン