公式ホームページ セラピスト養成学院

先に〇〇〇がゆるむと早く治る!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。FMT整体の山田です。

体の痛みは、体の動きを作っている筋肉が、何らかの理由で硬くなったことが原因で起きていることが多いです。

私たちの施術では、患者さんの体を直接診たうえで、その原因となっている筋肉の緊張を解いていきます。

その筋肉(体)の緊張を解いていく際にとても大切なのが、気持ち(こころ)の緊張状態です。気持ちの緊張は体の緊張と深いつながりがあるのです。

例えば、普段イライラしたり、せかせかしたり、心配したりすると体には無意識に力が入ってしまうのですが、患者さんの中には、そのような「気持ちの緊張」が強い人も少なからずいらっしゃいます。

 

先日来院された腱鞘炎とバネ指がある女性患者さん、Tさんのことです。

2回目の来院時に状態を伺うと、手の痛みはまだ変化が分からない様子だったのですが、

「でも気持ちが楽になりました!」と言われました。

実は、初回の施術の際、お仕事のパソコン作業が負担になっていることなどと一緒に、日課のウォーキングとラジオ体操、そして家へ戻ってからの15分ほどのストレッチをやっているお話なども話してくださいました。

何に対しても一所懸命に取り組むがんばり屋さんのようで、体を休ませる時間が十分に取れていない様子が伺えました。

ですので、お体を診た上での状態を伝えるとともに、「今までやって来られたことがダメだということではありませんが、もしかすると、良かれと思ってやっていることの中に、体の回復を妨げているものがあるかもしれませんね」とお伝えしました。

Tさんは、前回その言葉を聞いて、肩の力が抜けて急に楽になったと報告してくださいました。

今まで、体を動かすことに一所懸命だったそうです。手の痛みを強く感じた時には、体操やストレッチをしっかりやらなかったからだと思っていたそうです。

そして、

「頑張らなくてもいいんだ、と思うと楽になりました」と話してくださいました。

 

体は常に回復しようと働いています。しかし、その環境を作ってあげることができなければ回復はなかなか前へ進んでいかないのです。

その環境のひとつが、「力を抜くこと」であり、そのためには「気持ちがゆるむこと」が必要なのです。

 

2回目の施術でTさんの体に触れていくと、まだ緊張はあるものの、とても筋肉がゆるみやすい体になっていました。そのことをTさんにお伝えすると、

「私もそう思いました! 今、体を預けていてそんな感じがしました!」と。

力が抜けているから、その感覚も分かるようになったのだと思います。

 

Tさんの腱鞘炎などは、「早めに回復していくだろうな」と感じました。

先に気持ち(こころ)がゆるむと早く治っていく人が多いからです。

そんな”気持ちの持ち方”から、自分の身体に目を向けられるといいですね。

 

腱鞘炎についてはこちらで詳しくお伝えしています。
手術せずに腱鞘炎を治して思い描く人生を歩むための治療方法

 

The following two tabs change content below.
山田 泰行(やまだ やすゆき)
新大阪駅前院担当。2男1女の父。FMT整体で大切にされていたのは「靴を揃える」などの当たり前のルール。そんな環境からか、日に日に良くなり痛みを通じ成長する息子に触発され、公務員から施術家の道へ。現在進行形で学びながら、皆さんの人生のきっかけとなる場を提供していきます。

FMT整体セラピスト養成学院

FMT整体セラピスト養成学院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフがFMT整体の"今"をお届けしています

「いいね!」ボタンを押すと、
最新情報がすぐに確認できるようになります。

「フォローする」ボタンを押すと、
最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

FMT整体公式メールマガジン

FMT整体公式メールマガジン