公式ホームページ セラピスト養成学院

シンスプリントのN君が越えた二つのハードル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。FMT整体の三浦です。

FMT整体にはすでに通われている患者さんから紹介されて来院される新患さんも多いです。

N君は陸上部の中学生。
大会で足をひねったことがきっかけで
シンスプリント(むこうズネの痛み)になってしまったことでの来院です。

※「シンスプリント」の詳細は、次のリンク先で詳しく説明しています。
FMT整体ホームページ「シンスプリントを根本的に治して悔いなく試合に臨むための治療方法」

 

カルテには、やはりシンスプリントで通われていた
同じ陸上部のRちゃんからのご紹介と書かれていました。

しかし、後日、N君によくよく話を聞いて見ると、
「『Rがシンスプリントがすぐ治ったので、お前も行ってこい』と
部活の先生から言われたので来ました。」とのこと。

その先生は、FMT整体には通われたことはないのですが、おすすめしてくださったようです。

 

N君は、部活を休んで週1回のペースで通院し、初回の施術でスネを押した痛みが5分の1に。
施術を3回受けてからは全力で走っても全く痛みがなくなりました。
その後もメンテナンスで施術しましたが、全く問題ありませんでした。

 

こんなに早く治ったのは、N君がしっかり部活を休んで治療に専念したからです。
身体を治すのは患者さんの体に備わる治癒力しかありません。

私たち施術家は、うまく働かなくなったその力を再び働かせるための
きっかけづくりをしているにすぎません。

監督さんや先輩の手前、部活を休むとなかなか言い出せない患者さんもいる中、
N君の場合は監督さんお墨付きなので、ハードルはすでに一つクリアされていました。

このように周りの先輩や大人の理解が、症状の改善に大きく影響を及ぼすことがあります
もちろん、理解を得るための本人の努力も欠かせません

 

もう一つ、練習を休むと遅くなる「不安」というハードルも
N君は焦る気持ちもあったでしょうが、痛みなく走るために乗り越えました。

そして、全く練習していなかったにも関わらず、
ぶっつけで本番で走った大会で好成績を納めたことを報告してくれました。

実は、N君のように完全にトレーニングを休んで集中して治療に取り組む選手は、
効果的に筋肉が柔軟になることで、痛みが早くなくなるだけではなく、
筋肉の性能を十分に発揮できるようになるため、良い成績をおさめることが少なくありません。

 

年齢や競技レベルが上がるほど、ケガをしやすくなってくる傾向があります。
だからこそ、ケガをしない選手や、ケガをしても最短で治して、
自分の能力を最大限に発揮できる選手が、一流選手に近づいていくのだと思います。

今回、N君はそのことを頭ではなく体で感じることができました。
これからのアスリート人生においてかけがえのない経験だった思います。

理解のある先生や、整体に通わせてくれたご両親に感謝して、
これからもこの経験を糧に走ることを楽しんでください!

The following two tabs change content below.
三浦 博(みうら ひろし)
横浜センター南院担当。福島県出身 3人の子の父。足底筋膜炎でFMT整体に通った元患者。まさか自分が通っていた院で施術をするとは思ってもみませんでした。治らないと諦めかけていた時に救ってもらったこの場所で今度は私が皆さんに“治る可能性”をお伝えしていく番です。

FMT整体セラピスト養成学院

FMT整体セラピスト養成学院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフがFMT整体の"今"をお届けしています

「いいね!」ボタンを押すと、
最新情報がすぐに確認できるようになります。

「フォローする」ボタンを押すと、
最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

FMT整体公式メールマガジン

FMT整体公式メールマガジン