公式ホームページ スタッフ募集

寒い冬の温かい思い出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。FMT整体の三輪です。
最近になって急に寒くなって来ましたね。
この寒い時期の冷たい空気を吸うといつも思い出すのは駅伝です。

僕が駅伝のエピソードで一番思い出に残っているのは、
高校1年生の時に走った駅伝です。

当時の僕は、決して駅伝のメンバーに選ばれることがないような実力だったのですが、
監督が「今後のために」と重要な区間を任せてくれました。

でも、その駅伝は全体で2位以内に入らなければ、
3年生の先輩は最後の駅伝になってしまう大切な大会でした。

大会当日、僕は2区の走者で
1区で走ってきたのは、自分が目標にしていた憧れの先輩でした。

その先輩が必死に最後まで全力で走る姿にタスキをもらう前から感動と
自分が絶対に失敗できないという重圧に押しつぶされそうになりました。

「頼むぞ!」と言われてもらったタスキ。
肩にかけた瞬間は、汗とその先輩の想いを背負っているようで
こんなに重いものなのかと感じました。

そんな気持ちを受け取った僕は、最初から全力で飛ばしてしまい、
残り1キロで足が動かなくなってしまいました。

完全に実力以上のペースで走ったことで
残り1キロを走るエネルギーは残っていなかったのです。

走っているのか、歩いているのかわからないぐらい遅いペースになってしまい、
次の走者にタスキを渡す時にはかなりのチームに抜かれてしまいました。

僕のところで大幅に順位を下げたのでそこからの挽回は難しく
3年生の先輩は、最後のレースとなりました。

「自分は何をやってるんだ。」と涙と鼻水が止まらず
落ち込んでいたところに3年生の先輩が来て、、、

「よく最後まで走りきったな!」と肩を叩いてくれました。

その時は、嬉しさと申し訳なさと
なんとも言葉にならない気持ちになりました。

でも、そんな風に言葉をかけてもらったから
どんなに遅くても最後まで諦めずに走り切ろうという気持ちで
陸上を続けることができたのかなと今になって思います。

今年も寒くなってきた空気を吸い込むと
「駅伝の季節だなー!」と思います。

そして、いつも思い出すのは、
あの時に先輩からかけてもらった温かい声です。

僕も誰かが失敗した時や落ち込んでいる時に
自然にそんな温かい言葉をかけることができる人になりたいと思います。

The following two tabs change content below.
三輪 拳(みわ げん)
FMT整体愛知小牧本院 施術家。私が高校時代から大切にしていることは”最後まで諦めない”こと。まさに、施術家の役割は、患者さんが良くなっていく過程に辛抱強く寄り添いながら、一緒になってその根本原因を探り、解消していくことだと思います。多くの方を笑顔にできるようとことん諦めずにお手伝いしていきます。
三輪 拳(みわ げん)

最新記事 by 三輪 拳(みわ げん) (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフがFMT整体の"今"をお届けしています

「いいね!」ボタンを押すと、
最新情報がすぐに確認できるようになります。

「フォローする」ボタンを押すと、
最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

FMT整体公式メールマガジン

FMT整体公式メールマガジン