オスグッド、足底筋膜炎、野球肩、顎関節症、シンスプリント、腱鞘炎、頭痛の患者さんが日本一集まる整体院 – FMT整体

オスグッド、足底筋膜炎、野球肩、顎関節症、シンスプリント、腱鞘炎、頭痛の患者さんが日本一集まる整体院 – FMT整体

FMT整体施術理論

施術理論

 

仏手(ぶっしゅ)とは

FMT整体の施術は、身体のもつ自然治癒力を引き出し、治癒を促進する技術です。

 

その手技、仏手(ぶっしゅ)の仏の字は、俳→佛→仏というように、俳の字を簡略化した文字であり、「俳(人に非ず)=人間の我を超えた大自然」のことを言います。すなわち仏手は、「身体が持つ自然の叡智、自然治癒力を最大限に引き出す手技」を意味します。

 

仏手

 

私たちの身体には、自然治癒力と呼ばれる力が備わっています。

 

たとえば擦り傷をしても、自然と瘡蓋(かさぶた)が出来て治るように、風邪をひいても、無理をしないで安静にしていれば、自然と治るように、自らを修復する復元力が、生まれつき備わっているのです。

 

「やじろべえ」や「起き上がりこぼし」というおもちゃは、つつかれると、いったん片側に大きく傾いて、そのあと逆に揺れ戻すことで、バランスを保とうとします。それと同じように、私たちの身体も、冬の寒い日に暖房のよく効いた部屋から外へ出ると、身体が一気に冷えますが、その後また暖房の効いた部屋の中へ戻ると、身体が熱く火照り、今度は逆に部屋が暑く感じるという現象が起こります。

 

この、バランスを崩しても元に戻ろうとする力のことを、ホメオスターシス(恒常性維持機能)と呼びます。

 

このホメオスターシスが正常に働いている限り、私たちの身体は「休めば回復する状態」にありますが、震災や津波などの天災、大切な人の死など、突然襲ってくる大きなストレスや、無意識のうちにも長期に渡って継続的にストレスがかかり続けることで、ホメオスターシスが大きくバランスを崩すと、元に戻ろうとする力が上手く働かなくなるのです。

 

ホメオスターシスが上手く機能しない状態は、一日の疲れが回復しないうちに、次の日の疲労が溜まるという状態ですから、どんどん疲労が蓄積していきます。脳をはじめとする身体各部に疲労が蓄積すると、自律神経が活性を失い、免疫力が下がり、今負っているケガや病気が治りにくくなるばかりか、あらたなケガや病気にかかりやすくなるのです。

 

このような悪循環に対し、器具や薬を一切使わず、自然治癒力を引き出して行く療法、もっと具体的に言うと、脳の求心回路である皮膚や、筋肉に対して特殊な働きかけをすることによって、自律神経のバランスを整え、ホメオスターシスの働きを回復していく療法が、FMT整体です。

 

 

早期回復への近道

早期回復への近道は、以下の3つの原則を守ることです。

 

3つの原則

 

 

施術とは、術を施す側と、受ける側の共同作業です。施術家のアドバイスを受け入れ、自らも回復作業に協力することで早期回復が実現します。

 

 

NEXT:FMT整体の施療哲学とは?

icon_facebook icon_twitter icon_youtube

FMT整体では、Facebook・Twitter・Youtubeで情報を配信しております。FMT整体からのお知らせや、公式ホームページには載っていない、お役立ち情報を掲載しておりますので、そちらも合わせてご覧ください。