お知らせ 募集要項を公開しました。

【セラピストインタビュー】三輪 拳

4年前、僕は大学寮を脱走しました。

山梨学院大学の駅伝部にスカウトで入った僕のこの行動が、多くの人に迷惑をかけることになるのは分かっていました。しかし、僕の想いは変わりませんでした。

大学生活に不満があったわけではありません。むしろ、部活動も充実していましたし、友達にも恵まれて楽しい大学生活でした。当時は「とにかく競技で結果を出したい。」と思っていましたが、入学してから半年ほど経った頃、結果を出していた4年生の先輩でさえ、競技を辞めて企業に就職する現実を知った時「自分が競技を辞めたらどうなるのだろう、何がしたいのか。」とはじめて卒業後のことを考えるようになりました。

僕は中学生の頃、どこに行っても治らなかった怪我で悩んでいました。
それを救ってくれたのがFMT整体でした。痛みが治ったことも感動したのですが、ここには、また帰りたくなるような安心感や温かい人たちの笑顔がありました。そんなFMT整体という場所はなぜか、僕の中で忘れられない思い出になっていました。当時、整体院へ行った帰りの車の中、父に「将来、FMT整体で働きたい。」と話していたことを思い出しました。

自分の将来と今に葛藤し、その苦しさに耐えきれなくなってしまった僕は寮を飛び出し、FMT整体の門をたたきました。

僕は働くことは、生きるために最低限やらなければいけない義務のようなものだと思っていました。
しかし、FMT整体に入った当初から「セラピストは職業ではなく、その人の生き方そのものだ。」と常に言われてきました。セラピストとして人を癒し、導くためには、まず自分が癒され、自分で自分の人生を導くことができなければ人には伝えられないからです。

ですから、セラピストとしての勉強だけでなく、お金、人間関係、時間、命、文章の書き方、話し方など幅広い分野のことを現在も学び続けています。もちろんまだまだ道半ばですが、一歩一歩、自分で自分の人生を歩めるようになってきていると感じています。

僕も今になって「セラピスト=生き方」の意味が少しずつわかるようになってきました。
もしかしたら、中学生の頃になぜかFMT整体に惹かれたのは、夢や充実感、やりがいを持って楽しそうに働いている人たちが目の前にいたからかもしれません。僕もFMT整体でそんな働き方に出会うことができました。

これからFMT整体に、同じ目標に向かってチャレンジできる仲間がさらに集まってくることを思うと、今からワクワクします。あなたと一緒に活動できる日を楽しみにしています!

 

FMT整体 三輪 拳