オスグッド、足底筋膜炎、野球肩、顎関節症、シンスプリント、腱鞘炎、頭痛の患者さんが日本一集まる整体院 – FMT整体

オスグッド、足底筋膜炎、野球肩、顎関節症、シンスプリント、腱鞘炎、頭痛の患者さんが日本一集まる整体院 – FMT整体

患者さんインタビュー3

 

インタビュー3

 

肩の痛みを治して、もう一度思いっきり野球をしたいという最所さん。

通い出して約4ヶ月での改善状況をインタビューさせて頂きました。

 

「いつからどのような症状ですか?」

 

若い頃から野球をやっていたんですが、ピッチャーをやっていて25歳頃から肩を壊して、それからずっと痛いながらも野球を続けていました。

その間少しでも良くなればなと思い、病院廻りをしたり、電気治療をしたりいろいろやってきたんですが、なかなかよくならないのが現状でしたね。

 

インタビュー3 患者さん

 

「普段の生活に支障はありますか?」

 

痛くても普段の生活には特別支障はなかったんです。

ただ野球をやっていると、時おり返球の時にボールと肩がいっしょに飛んでいく様な感覚の激しい痛みに襲われましたね。

 

ですが、毎回必ずそうなるわけではないので、それなりに野球はやっていました。還暦野球のお誘いが来て、以前から肩の痛みを抱えていたので、投げる時に、横から投げたり、アンダーで投げたり、とにかく痛みの少ないフォームで投げてはいたんですが……。

 

こんな調子で野球をやっていても面白くないし、もっと気持ち良くやりたいという気持ちが強くなって、インターネットで調べているときにFMTのホームページがパッと目に入ってきたんです。

 

それで、患者さんと整体師の先生が一緒になって治していくというような内容が書いてあったので、安心感があって。じゃあ、1回行ってみようかなという気持ちになりました。

 

インタビュー3 患者さん2

 

「なるほど、では来院したときの印象はどうでしたか?」

 

「どうかな~?」というよりも、「私はとにかく治すんだ!」という意気込みでこちらに来ましたので、院の印象よりも、「治したい、野球をもう一回気持ち良くやりたい」という一心でしたね。

 

「施術を受けてどのように感じましたか?」

 

私の地元にも、そういう様な、強く押さないで、やさしく揺らしていくような整体があったので特別何も思わなかったんですが、それよりなにより今回で治してやるぞ!という気持ちが強かったですね。

 

「どのくらいの頻度で通われていますか?」

 

毎週土曜日、土曜日に来れない時は日曜日にしたり金曜日にしたり、週1回は通っていますね。

 

インタビュー3 患者さん3

 

「現在の痛みはどうですか?」

 

そうですね。首も回るようになりましたし、以前は自然にしていても右肩から腕にかけて、ビリビリっとする痛みが合ったんですが、今はそれも無いですね。

私自身はすごく改善できたと思います。それプラス、気持ちに明るさが出てきました!

 

「同じ症状の患者さんへメッセージをお願いします」

 

その人の、個人個人によっては、合う合わないはあると思うんですが、治そうという信念がないと、治らないと思いますね。

 

以前ガンになった先輩が言っていたんですが、「治るかな〜?」ではなくて「自分が治すんだ!」という強い気持ちが大事で、その方は、肝臓から膵臓から悪くなったんですが、今では元気にしておられますよ。

 

信念というか気迫というか、そういう気持ちは大切だと思いますね。
自分もそういう気持ちでここに来ております。

 

本日は大変貴重なお話をありがとうございました。

 

img_99b

 

▼その他のインタビューはこちら▼

img03 (1) img29
img30 img32
img31 img27
img91
icon_facebook icon_twitter icon_youtube

FMT整体では、Facebook・Twitter・Youtubeで情報を配信しております。FMT整体からのお知らせや、公式ホームページには載っていない、お役立ち情報を掲載しておりますので、そちらも合わせてご覧ください。