公式ホームページ セラピスト養成学院

セルフケアは、気づいたらやるのではなく、やるから気づける体になっていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。FMT整体の山極です。

FMT整体では必要な患者さんには
早期回復のためにセルフケアをお伝えてしていますが、
その後の調子はどうですか?と確認をすると、

「気づいたらやろうと思っているんですけど、
つい忘れてしまって…」

と言われることがときどきあります。

 

FMT整体にくる患者さんは、心身の緊張が長年続いたことで
筋肉がガチガチに硬くなってしまっている方が多いです。

例えば、
「美容室で肩をマッサージしてもらうと、
お店の人から『こんなに硬い人初めて!』とよく驚かれるんですが、
自分では全く自覚がないんですよね。」

という方が結構な割合でいらっしゃり、

慢性的な筋肉の硬さによって血行不良が続いたことで神経の働きが鈍り、
体の正常な感覚(センサー)を失ってしまっていることが考えられます。

自分が硬くなってることに気づけなければ、
「気づいたらやる」のは、なかなか難しいことだと思います。

ですので、まずは「気づいたら」という意識を
一度捨てていただきたいと思います。

「気づいたら」というこれまでの感覚に頼っていると、
なかなか習慣は変わっていきづらいからです。

その上で、
お風呂上がりやPC作業が多い方はデスクを離れた時など、
行動するタイミングを先に決めてしまうことが大事です。

機械的にでも日々続けることで体が変わり、感覚が鋭くなっていけば、
固まることにも気づきやすくなり、自然と体を動かしたくなっていくものです。

 

とはいえ、
「わかってはいるけど、それができたら最初から苦労しないよ」
というのも本音だと思います。

ですので、まずは「3日」を目安に取り組んでみてください。

一説によると、最低3日以上続けた行動は
定着しやすくなると言われているので、

「3日坊主」という言葉があるように、最初は大変かもしれませんが、
それを越えれば続けることが段々楽になっていくと思います。

これが「ずっと」だと思うと先が見えない気分になりますが、
「まずは3日」と思えばやる気も持続しやすくなるのではないでしょうか。

 

「習慣を変えるためには、行動を変えること」
とはよく言われている格言です。

時には理屈抜きで行動を変えることが
必要な場合もあると思います。

それでも、一人で取り組むには大変な時もありますよね。

今までやったことがないことをやる時、
ついつい忘れがちになったり、わかっていてもめんどくさかったり。

私自身も3日坊主の達人なので、お気持ちはよくわかります。

だからこそ、皆さんに大事なことを繰り返しお伝えし、
一人ひとりに合わせてベストな方法を一緒に考えていくこと。
それが私たちの役割だと思います。

The following two tabs change content below.
山極 理奈(やまぎわ りな)
東京大崎院担当。普通の会社員から施術家へ。きっかけは長年付き合った足底筋膜炎。来院した私の目に飛び込んできたのは、学生へ向けた「必ず挨拶をすること」のルール。言葉に込められた厳しさと優しさに感動しました。家族のようなこの場所で、人と人とのご縁を大切に繋いでいきます。
山極 理奈(やまぎわ りな)

最新記事 by 山極 理奈(やまぎわ りな) (全て見る)

FMT整体セラピスト養成学院

FMT整体セラピスト養成学院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフがFMT整体の"今"をお届けしています

「いいね!」ボタンを押すと、
最新情報がすぐに確認できるようになります。

「フォローする」ボタンを押すと、
最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

FMT整体公式メールマガジン

FMT整体公式メールマガジン