公式ホームページ セラピスト養成学院

動物から教わる、病気を早く治す方法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。FMT整体の山極です。

先日、実家に帰りました。
しかし、いつも近寄ってくるはずの飼い猫・タマゴローの姿が見えません。

体格もよく食いしん坊のオス猫で、私は「甘えればエサをくれる人」として認定されており、
いつもだったら名前を呼べばニャーニャー言ってすぐに飛んでくるはずなのに。

タマゴローはどうしたの?と家族に聞くと、
どうやら2日ほど前からひどい風邪をひいてしまったそうです。

いつもなら家族の集まる居間で過ごしているのですが、
2階の親の寝室にこもってひたすら寝ているとのこと。

様子を見に行くと、目から涙が出て、鼻水を垂らし、ずっとくしゃみをして、
グシュグシュのさんざんな顔になっていました。鼻が詰まっているので呼吸も苦しそうです。

元気な時のタマゴロー     風邪引きのタマゴロー
    

名前を呼んでも、軽くこちらをチラッと見るだけで、また眠ってしまいました。

親も最初はただの風邪だろうと思って全く気にしなかったそうですが、
あの食いしん坊猫が丸々2日ご飯を全く食べないなんて、
今まで一度もなかったので、変な病気じゃないかと家族も不安そうでした。

 

でも、本当はこれが動物のあるべき姿だと言います。

 

自然界の動物たちも、病気にかかると巣穴にこもって
ご飯も一切食べずにひたすら眠るそうです。

食べたり動いたりするのに使うエネルギーを、
できるだけ体の修復に回すことで、早期回復させようとしているのです。

当然ですが、自然界には病院はありませんし、もちろんお薬も存在しません。
医者がいるとすれば、自分の体が持っている自然治癒力だけです。

その自然治癒力を最大限に引き出すのが、休養(睡眠)です。
とるものもとらず、ひたすら寝て、エネルギーをそのことだけに使うようにするのです。

発熱するのも、鼻水や涙がたくさん出てくるのも、
悪いものを殺したり体の外に出そうとして体が戦ってくれている証拠です。

人間の場合、熱が出たらお薬や熱冷ましシートを貼って熱を下げようとしたり、
咳やくしゃみが出たら咳止め薬や抗生物質などを飲むなどの対処しようとしてしまいがちです。
また、栄養をつけるためにと、食欲もないのに無理にカロリーの高いものなどを食べたりします。

それが体の修復作業を邪魔することになり、かえって回復を遅らせる可能性があるのです。

動物たちは体が感じていること、体が必要で起こしていることに無理に逆らいません。

・食欲がなければ食べない
・だるかったら眠る
・熱が出たら下げない
・お薬を飲まない(人間が飲ませない限り)

その方が早く治ることを、動物たちは本能的に知っているのかもしれませんね。

 

我が家のタマゴローも三日三晩寝続けたあと、フラフラとではありますが、
自分の足で居間に出てきて久しぶりにご飯をおねだりしてきました。

まだ呼吸とかは苦しそうですが、
自分からすり寄って甘えてきて、どうやら立て直したようです。

私も、動物たちの病気の際の行動を、知識としてはもともと持ってはいましたが、
ほんとにそうなんだな〜と今回改めて飼い猫から教わりました。

 

私たち人間も動物なので、体調が悪い時は休養が一番の薬です。

でも人間の場合、お仕事や家事など義務と責任がついてくるので、
猫のようにずっと寝ているわけにはいかないと思いますが、
なるべく動物たちにならって過ごせると早く治りやすいと思います。

もしも体調が悪くなった時、これはやっていいのかな?と疑問に思ったら、
動物たちは、これやるかな?と思い出して、できる範囲で無理なく取り組めるといいですね!

The following two tabs change content below.
山極 理奈(やまぎわ りな)
東京大崎院担当。普通の会社員から施術家へ。きっかけは長年付き合った足底筋膜炎。来院した私の目に飛び込んできたのは、学生へ向けた「必ず挨拶をすること」のルール。言葉に込められた厳しさと優しさに感動しました。家族のようなこの場所で、人と人とのご縁を大切に繋いでいきます。
山極 理奈(やまぎわ りな)

最新記事 by 山極 理奈(やまぎわ りな) (全て見る)

FMT整体セラピスト養成学院

FMT整体セラピスト養成学院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフがFMT整体の"今"をお届けしています

「いいね!」ボタンを押すと、
最新情報がすぐに確認できるようになります。

「フォローする」ボタンを押すと、
最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

FMT整体公式メールマガジン

FMT整体公式メールマガジン