公式ホームページ セラピスト養成学院

熱中症対策!酷暑を乗り切る水の飲み方5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
水の飲み方

こんにちは。FMT整体の三浦です。

びっくりするぐらいの暑さが続いていますが
体調を崩されてはいませんでしょうか。

総務省からは、この暑さで病院に搬送される方が
7月23日から29日までの間だけで、
1万3000人を超えたと発表がありました。

このような背景もあり、テレビやインターネットなどでは、
熱中症を予防するため、「水をしっかり飲みましょう。」
というアドバイスをよく見かけますが

実は熱中症予防のためには、水を飲むだけでは十分ではない場合があるのです。
今回は、ご自身やご家族の健康を守るための”水の飲み方5つのポイント”を詳しく解説します。

通われている患者さんからは、熱中症予防はもちろん、

「だるくて何もしたくないというほどの辛さがなくなった。」
「便通がよくなった。」
「胃もたれしなくなった。」
「足がつらなくなった。」
「身体が柔らかくなった。」
「頭痛がよくなった。」
「(関節の)痛みがよくなった。」
「花粉症の薬を飲まなくても平気になった。」
「肌に張りが出た。」
「不整脈が減ってきた。」
「血圧が下がった。2種類飲んでいた降圧剤が1種類になり薬剤師にびっくりされた。」
「スリ傷が早く治るようになって傷パワーパッドを買わなくてよくなった。」
などと多くの報告を受けています。
では、早速ご覧ください。

 

1 水と一緒に適量の“天然塩”を摂取する

① なぜ水だけではだめなのか

私たちの身体は数えきれないほどの細胞が集まってできています。
その数はなんと、37兆個とも60兆個とも言われています。

私たち人間が、飲んだ水をその細胞の中に取り込むためには
細胞膜にある「アクアポリン」という水分子1個がやっと通過できるぐらいの水路を通す必要があります。

アクアポリン
画像出典:http://genkiryokup.com/mainhp/category3/entry395.html
この時必用になるのが、塩に含まれるナトリウムやカリウムなどのミネラルの働きです。
つまり、塩分が不足していると細胞に水分が効率よく吸収できないので
適量のお塩を摂る必要があるのです。

それなら電解質(カリウムやナトリウムなどのミネラルが溶けてイオン化した物)が多く含まれている
スポーツドリンクを飲めばよいと考える方も多いと思いますが、
スポーツドリンクには糖分が多く含まれていて
飲み過ぎて糖尿病になる人も出ているようですので注意が必要です。


② なぜ食塩(精製塩)ではなく天然塩なのか

FMT整体がおすすめしている塩は、“天然塩”です。

体液には、水だけでなく、ナトリウム、カリウムやマグネシウムなどの多くのミネラルが含まれています。
これらのミネラルには、それぞれ、
・細胞と細胞外液の浸透圧の調整
・筋肉・心臓の収縮
・神経伝達
・胃酸の分泌
などの大切な役割があります。

ですから、
ほぼナトリウムだけの精製塩ではなく他のミネラルも含んだ天然塩が身体には必要だと考えています。

私たちも自然から生まれました。
完全には無理だとしても、できる範囲で自然のものや自然のバランスを摂り入れることが、身体には望ましいのです。

 

2 おすすめの天然塩

製造工程に「採掘、洗浄、粉砕」とだけ記載された岩塩がおすすめです。
岩塩なら海洋汚染とも無縁な点も安心です。

海のお塩にもよいものはたくさんありますが、
お塩を精製した後、そのお塩に塩化ナトリウム以外のミネラルを添加して販売しているものも多いです。
塩化ナトリウム以外のミネラル含有量が多いというだけで、それがよいお塩なのかは疑問です。

できるだけ自然な状態で存在しているお塩を選ばれるとよいと思います。
以下に、実際私が使ってみて、おすすめできるお塩を3つお伝えします。

★クリスタル岩塩
クリスタル岩塩はミネラル成分の量だけを見ると、
他の塩に比べてカリウムやマグネシウムなどの元素は決して豊富とは言えませんが、
微量でもそれらのミネラルが高い密度を持って結合しているため透明な結晶体となっていて、
その結合が解ける時にエネルギーを発し、微細なミネラル粒子が直接細胞内に透過しやすくなっている点が特徴です。

また、癖がなくとてもおいしく、料理全般におすすめできます。
簡単にこのお塩のよさを味わうためには、
葉物のサラダにこの塩をかけるだけで、そのおいしさを実感できると思います。
クリスタル岩塩
画像出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/genkishoukai/

 

★リ・コエンザイム・ビオソルト
このお塩は硫黄の香りが強くクセがつよいのですが、慣れるとかえっておいしく感じます。
肉料理、煮込み料理との相性もよいです。
ヒマラヤのマグマの高熱で焼かれたお塩で、酸化還元力(体の酸化を元に戻す力)がとても強いお塩です。
野菜や果物の残留農薬の除去に、ジャンクフードや油ものを食べた時、激しい運動をした後などにおすすめです。
その酸化還元力の高さから、うがい薬のイソジン(酸化力が強い)に入れると、イソジンの酸化力を中和しイソジンが透明になってしまいます。
また、水に溶かすと水素が発生するため、家庭で手軽に水素水を作ることができます(水素は分子が小さく容器を通過して揮発してしまうため、作り置きは避け、水に溶いたらすぐに飲むようにしましょう。)。
リコエンザイムビオソルト
画像出典:https://www.re-coenzyme.com/

 

★キ・パワーソルト
こちらは、韓国の塩田で採れた海の水から作った天日塩(天日乾燥させて作ったお塩)を800度以上の高温で長時間焼いたお塩です。
これにより、ミネラル化合物が微粒子に細分化され、身体に吸収されやすくなりますし、水に溶けた時にイオン化しやすくなり、酸化還元力を持つようになります。
リ・コエンザイム・ビオソルトよりは酸化還元力は劣りますが、こちらも強い還元力を持っています。
そして何より、クセが少なく美味しいお塩です(硫黄臭が多少あります)。
さらに、海塩ですが高温焼成することで、海水に含まれるダイオキシンやマイクロプラスチックなどの有害物質が消去されています。

キパワーソルト
画像出典:http://www.qipower.co.jp/product/lineup.html

 

2 塩水の作り方

塩水の作り方は、
2ℓの水に、小さじ半分(約2g強)の天然塩を入れてください
0.1%ほどの塩分濃度になり、身体に吸収されやすい水に変わります。

(熱中症になった際に有効な経口補水液は塩分濃度が0.3%ほどですが、
日常的な水分補給であれば、0.1%程度の塩水が望ましいです。
スポーツドリンクも0.1%程の塩分濃度になっています。)

味は、日本人が慣れ親しんだ軟水のような口当たりではなく、
海外でよく採水される硬水のような口当たりになります。

はじめは違和感があるかもしれませんが
続けているうちに慣れて気にならなくなる方が多いです。

もし、それでも塩水をまずく感じる時は、
所要量のお塩をなめながら水を飲んでもよいです。

また、レモンやライムの果汁を入れると飲みやすくなりますし、
レモンなどの果汁はミネラルの吸収をよくし、身体の酸化も防いでくれます。
但し、飲みやすくなるからと言って精製された砂糖などを入れるのは避けたほうが良いでしょう。

 

3 どのぐらいの量を飲めばいいの?

飲む量は、
一日に必要な水の量が、体重1キロあたり30mlと言われていますので

体重【㎏】×30【ml】=一日に必要な水の量【ml】

で計算できます。

例えば、体重70㎏の方でしたら、70㎏×30ml=2100mlとなります。
2ℓのペットボトル1本強です。

もちろん、運動する方や、暑くて汗をたくさんかいた時は、もっと飲む必要がありますし、
逆に、生の果物をたくさん食べていれば、そこから水分が補えるので減らしても良いと思います。

いずれにせよ、最初から無理をする必要はありませんので、徐々に飲む量を増やしてみてください

なお、水をこれまでより多く飲むと血液の量が増えるので
一時的に血圧が上がることがありますが、

天然塩の場合、精製塩と違い、むしろ徐々に血圧が安定してくるようです。
ですから、お料理にも精製塩ではなく、天然塩を使われることをおすすめします。

塩水を飲むのに血圧が心配な方は、血圧計などでご自身の体調を確認しながら、
ゆっくり少しずつ取り組んでみてください。

 

4 飲むタイミングは?

飲むタイミングは、
喉が渇いてから飲むのではなく、時間をきめて少しずつ水分を補給するとよいです。

人間は、年齢を重ねるたび、喉の渇きを感じづらくなっていきます
喉が乾いていなくても、身体は水分を欲していることが多いのです。

特に、慢性的な水不足・塩分不足の状態にある方は、身体が「体液を薄めないように」と
自己防衛のため、喉を乾かないようにさせている可能性があるので、

「水を飲まなくても喉が渇かない」方は、積極的に塩水を摂ることをおすすめします。
飲み続けると、正常に喉が渇くようになります。

 

5 注意点

カフェインやアルコールを含む飲み物は、利尿作用・脱水作用があるので、
水の代わりに摂ることはおすすめできません

1か月程度続けると、身体の不調が改善されたり、疲れにくくなったり
と効果を実感される方が多いので、続けてみることが大切です。

冒頭に紹介した血圧が下がった方は、塩水を飲み始めて1か月時点で
2種類処方されていた降圧剤のうち、1種類が半量になり、
3か月で残りの半量もなくなり、1種類に減りました。

擦り傷の治りが早くなった方は、塩水を飲み始めて1か月時点では変化を感じませんでしたが、
2か月経過時点で、練習を完全に2か月休んでいたのに1500m走のタイムが早くなり、
3か月経過時点で、夏バテしなくなり、10キロ走のペースもアップし、傷の治りが早くなったと教えてくれました。

 

6 最後に

私たち人間も海から生まれた動物で、海水に近い体液をもっています。
陸上の生き物は進化の過程で海を離れることを選択したため、真水を飲むようになりましたが、
同時に食べ物などから塩分(ミネラル分)を摂取する必要が出てきました。

減塩が推奨されている今ですが、
本来、人間の身体には新鮮な水と自然の塩分は必要なものです。
身体の機能を充分に発揮させるため、なるべく自然な状態のお塩を摂ってください。

実は私も、塩水(クリスタル岩塩)を飲んでから今春、花粉症の薬を全く飲まずに済みました。
また、炎天下で力仕事をすることもあるのですが、元気で回復も早い気がします。

塩水を飲むことは、簡単で安価にでき、効果も高いと思いますので、皆さんも是非ためしてみてください。
そして、なにか体の変化に気付いたら教えてくださるとうれしいです。
その情報を多くの方のお役に立てるようにしてまいります。

The following two tabs change content below.
三浦 博(みうら ひろし)
横浜センター南院担当。福島県出身 3人の子の父。足底筋膜炎でFMT整体に通った元患者。まさか自分が通っていた院で施術をするとは思ってもみませんでした。治らないと諦めかけていた時に救ってもらったこの場所で今度は私が皆さんに“治る可能性”をお伝えしていく番です。

FMT整体セラピスト養成学院

FMT整体セラピスト養成学院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフがFMT整体の"今"をお届けしています

「いいね!」ボタンを押すと、
最新情報がすぐに確認できるようになります。

「フォローする」ボタンを押すと、
最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

FMT整体公式メールマガジン

FMT整体公式メールマガジン