公式ホームページ セラピスト養成学院

FMT整体の施術練習会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
整体師

こんにちは。FMT整体の三浦です。

先日、FMT整体の施術家が全員集合し、基礎技術の確認・復習と、
各先生方が経験した症例の共有と行った施術方法の仮説・検証を行いました。

いつもはチャットやテレビ会議でケース研究を共有しあっているのですが
実際に会って、直接身体を通して理解することは深い学びをもたらします。

患者さんは、お一人お一人、お身体の状態、症状の程度などが違います。
例えば、オスグッドにはこうすればよい、足底筋膜炎はこうすれば治るという大まかな指標はあります。
私たちは、当然、そのような勉強は十二分にしています。

しかし、教科書やセオリーどおりにはいかないことの方が多いです。

例えば、
“Aさんは治ったけど、Bさんはあと一歩の痛みが落ち切らない”
”この症状には太ももを柔らかくすればよいはずなのにいくらやっても改善せず、腰をゆるめたら改善した。”
ということが現場では往々にしてあります。

そんな時、“患者さんの体では、このような原因や背景があって、今の症状がでているのではないか”
と仮説を立て、
“そうであれば、このようにすれば治るのではないか”
と検証していくこと。
つまり、「仮説と検証」がとても大切になります。

勉強とは既存の事実(過去)から学ぶ事
研究とは、仮説と検証
勉強と研究、セラピストとして深まっていくにはどちらも大切

今回は、各先生方が持ち寄った研究結果をを余すところなく吸収してきました。
早速、研修の成果が、実際の施術の現場でも出ています。

真剣に、本音、本気で学びあえる仲間がいて、勝手に自分が成長していくのが分かる。
このような環境にいられることがとてもうれしく感じられました。

この学びを現場での施術に生かしていきます。

 

追伸
頭と体のエネルギーをフル動員して真剣に学んだからか、お腹がペコペコになりました。
皆で行った夕食は、いつも一人で食べる夕食より数十倍楽しく、
体と脳の栄養になったのはもちろん、何より心の栄養にもなりました。
よい影響を与え合える仲間や環境って、本当に素敵だと感じました。

The following two tabs change content below.
三浦 博(みうら ひろし)
横浜センター南院担当。福島県出身 3人の子の父。足底筋膜炎でFMT整体に通った元患者。まさか自分が通っていた院で施術をするとは思ってもみませんでした。治らないと諦めかけていた時に救ってもらったこの場所で今度は私が皆さんに“治る可能性”をお伝えしていく番です。

FMT整体セラピスト養成学院

FMT整体セラピスト養成学院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフがFMT整体の"今"をお届けしています

「いいね!」ボタンを押すと、
最新情報がすぐに確認できるようになります。

「フォローする」ボタンを押すと、
最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

FMT整体公式メールマガジン

FMT整体公式メールマガジン