公式ホームページ セラピスト養成学院

無気力になる原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、FMT整体の三輪です。

先日、院内で患者さんから
「何事にも無気力になってしまい、やる気が起きないんですよ。」
という相談を受けました。

その方は常に仕事に追われており、
寝ても寝た気がせずに
日中、無気力感にさいなまれるということでした。

この患者さんに限らず、
やる気が起きない、無気力になってしまい
何も手につかないという相談は多いと感じますし、

僕も同じようにやる気が起きない
という状態になることがあります。

そもそもなぜ、私たちは人間は、
無気力になってしまうのでしょうか。

その一つの原因は「脳の使いすぎ」です。

仕事に追われ、常に頭で
色々なことを考えているところに、

人の話、広告、ニュースなど
様々な情報が飛び込んでくる現代は
脳が一日に処理できる情報量を超えると言われています。

その多くの情報によって
徐々に脳が疲労し、活動が鈍くなり
「無気力・やる気が出ない」という状態に陥ります。

つまり、やる気が起きないのは、脳が疲労しているからです。

パソコンなども
色々なデータが蓄積していくと
動作が遅くなっていくように

人間の脳も色々な情報が蓄積し続けると働きが悪くなってしまうのです。

では、どうしたら良いのか?

その解決策は、
「体を動かす・体で感じることを増やす」ことです。

私たちの体は、
体を精一杯動かしているときは、
脳の活動を休ませることができるのです。

つまり、

頭ばかりを使って生活をしていると
脳疲労によって、無気力になりやすくなるため、
頭で考える時間とは別に
体を積極的に使う時間を作ることが大切です。

体を動かすと言っても、運動とは限りません。

例えば、朝起きてすぐに
顔を洗い、外に出て陽の光を浴びるだけで
徐々に体に活力が出てくるのです。

私たちのやる気は脳を使うことではなく、体を動かすことによって生まれます。

「何だかやる気が出ない」
「無気力感にさいなまれる」というときこそ、

掃除をする、歩く、
片付けをする、洗濯をする、
何でも良いので具体的に体を使って動き続けてみてください。

きっと徐々に活力が出てくると思います。
ぜひ、試してみてくださいね!

追伸:

様々な健康情報が溢れる現代。

頭で考えれば考えるほど情報が多く、
何が良いのかわからなくなってしまいます。

また、私たちに個性があるように
その人によって「良い・悪い」が違います。
ある人に合う健康法は、ある人には合わないのです。

ですから、自分にあった健康法を知るためには、

情報を頭で追いかけ続けるのではなく、
ご自身の体で感じる感覚・感性を高めて、

これは自分にとって良い・悪いを
自分の体で判断できるようになることがもっとも大切です。

もし、健康について色々学んでいて、
実践もしているのに上手くいかない、
健康のために何をすれば良いのかわからないという方は、

FMT整体が開催している体の学校に参加してみてください。

FMT整体 体の学校1DAY講座のお知らせ


(3月は東京、4月は愛知で開催予定です)

世の中に溢れる健康情報に
振り回されずに、ご自身の体に
耳を傾けることの重要性に気づくと思います。

健康になるためのヒントは、
自分の外ではなく、あなたの中にあります。

そんな「体で学ぶ時間」を一緒に過ごしていきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
三輪 拳(みわ げん)
愛知小牧本院担当。オスグッドのセルフケアDVDをきっかけにFMT整体と出会う。2年間悩み続けた症状が自分で軽減できた時の感動は今でも忘れません。治らない症状には必ず理由があります。それを皆さんと一緒に見つけるお手伝いをしていきます。
三輪 拳(みわ げん)

最新記事 by 三輪 拳(みわ げん) (全て見る)

FMT整体セラピスト養成学院

FMT整体セラピスト養成学院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフがFMT整体の"今"をお届けしています

「いいね!」ボタンを押すと、
最新情報がすぐに確認できるようになります。

「フォローする」ボタンを押すと、
最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

FMT整体公式メールマガジン

FMT整体公式メールマガジン