公式ホームページ セラピスト養成学院

Tさんの足底筋膜炎が劇的に改善した取り組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。FMT整体の山極です。

両足の足底筋膜炎のTさん(男性・40代)は、
この年末年始、「ある取り組み」をしたことで症状が劇的に改善しました。

それまでもTさんの痛みは着実に改善しつつあったものの、
良くなっては少し元に戻ってを繰り返していました。

それが、あることをした後から、
涙が出るほど痛むのを数字の10としたとき、
7〜8あった痛みがほぼゼロにまで激減したのです。

Tさんが行ったことと。それは、

お風呂

です。

すでにFMT整体に通われているみなさんにとっては、
「なんだ、いつも言われていることじゃないか。」
と思われたかもしれませんね。

 

FMT整体では、痛みの原因のほとんどは
筋肉の硬さから起きていると考えており、

筋肉が柔くなり、血流がよくなれば
痛みの改善につながる可能性が高まるため、
患者さんに対して、毎日15〜20分の入浴習慣をおすすめしています。

しかし、Tさんはお仕事の関係で
日頃はシャワーだけの生活を送っていました。

それが、この年末年始をずっと家で過ごしていたTさんは、
スマートフォンを片手に毎日昼頃
2〜3時間お風呂に入っていたそうです。

すると、痛みはいつの間にかほとんどなくなっており、
施術にくる日まで、足が痛むこと自体すっかり忘れていたと言っていました。

また、ずっと気になっていたふくらはぎのひどいむくみも
すっかり感じなくなったようです。

Tさんは、「体を温めることって本当に大事なんですね。」
とお風呂の重要性とその効果を実感したようで、

「本当は毎日入れたらもっといいんでしょうが、普段はどうしても時間が取れないので、
これからはお休みの日を利用して今回みたいに過ごしてみます。」
とあわせておっしゃっていました。

このように、お風呂の入り方によって
体の回復力が高まることはよくあります。

これまでシャワーだけだった方が
入浴するようになるのはもちろんですが、

元々入浴習慣はある方が、
5分だけだったのを15分にしてみるだけでも
随分違うものです。

お休みを利用して朝昼晩で2〜3回入ったことで
症状の改善スピードが早まった例もあります。

もしもできる方は、Tさんのように一度に2〜3時間かけて
じっくり入ってみるのもよいと思います。
(その際は水分補給を十分にして、脱水症状にお気をつけください。)

症状を早く、根本的に解消するための取り組みの1つとして、
本当にお風呂の効果はあなどれません!

ぜひ日々の入浴習慣や方法を見直してみてください。

The following two tabs change content below.
山極 理奈(やまぎわ りな)
東京大崎院担当。普通の会社員から施術家へ。きっかけは長年付き合った足底筋膜炎。来院した私の目に飛び込んできたのは、学生へ向けた「必ず挨拶をすること」のルール。言葉に込められた厳しさと優しさに感動しました。家族のようなこの場所で、人と人とのご縁を大切に繋いでいきます。

FMT整体セラピスト養成学院

FMT整体セラピスト養成学院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフがFMT整体の"今"をお届けしています

「いいね!」ボタンを押すと、
最新情報がすぐに確認できるようになります。

「フォローする」ボタンを押すと、
最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

FMT整体公式メールマガジン

FMT整体公式メールマガジン