公式ホームページ セラピスト養成学院

私たちが抱える腰痛の85%は痛みの原因がわからない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
腰痛 原因不明

こんにちは。FMT整体の柴田です。

過去にNHKで放送された番組を
観られた方もいらっしゃるかもしれませんが、

多くの方が抱える症状である「腰痛」が
どこからきているか(原因が)はっきりと
分かるものは全体の15%ほどだそうです。

ほとんどは原因がわからず、

ぎっくり腰もわからない腰痛の一種で、
慢性的な腰痛は、心理的要因から
引き起こされている可能性があるとのこと。

そのNHKの番組内で、
面白い実験が行われていました。

腰の椎間板にかかるストレスを測ります。

立っているときに椎間板にかかるストレス…66キロ
前かがみになったときに椎間板にかかるストレス…235キロ

これだけでもすごい差なのですが、

加えてもう一つの実験です。

荷物の仕分けを行うのですが、
心理的ストレスがかかる状態で行う場合と
同じ動作を通常どおりで行う場合で
椎間板にかかるストレスをくらべてみます。

心理的ストレスで背筋が緊張し、かかるストレスの数値が+70キロ

同じ動作を行っているだけなのに、

ストレスがかかっているか否かで
こんなにも結果が変わってきます。

心理的安定をしていない人は、
重い腰痛のリスクが30倍にもなるそうです。

過去に「腰痛は怒りである」という本が
話題になった時期もありましたが、
すでに海外の腰痛治療には、
カウンセラーが入っている時代です。

FMT整体でも心と体はつながっている

という話をよく患者さんにお伝えしますが、

なんとなくその事を実感している方も
いらっしゃるかもしれません。

どんな動作を行うかも大切ですが、

「どんな心の状態か」という視点も
体を守るには大切なポイントとなりそうですね。

とはいえ、

いきなりストレスを無くしなさい、

と言われ「はい、わかりました」と
実行できるならば苦労はしないですよね。

そんなあなたに、今日から
やってみていただきたいことがあります。

それは、動きの中で「呼吸を止めない」こと。

日常なにげない動きの中、
集中しているとき、
重いものを持ち上げるとき、

息を止めていることはありませんか?

私たちの体は、呼吸を止めてしまうと、
筋肉が傷ついたり、ダメージをうけます。

そのくり返しが、ぎっくり腰や
慢性的な腰の痛みを作り出していきます。

まずは「息が止まっていないかな?」と
ご自身の生活に意識を向けてみてください。

呼吸をしているかしていないかで、
体にかかる負担がかわります。

自然に出てしまう「よっこらしょっと」
の掛け声は、体を守るために
自然と出てきてくれているのかもしれません。

大切にしてあげてくださいね。

あなたは、どんな時に呼吸が止まりやすいですか?

 

The following two tabs change content below.
柴田 友里絵(しばた ゆりえ)
愛知小牧本院・東京目白院担当。さまざまな出来事から当たり前だと思っていた治療法への疑問を感じ、FMT整体へ飛び込む。現在は全国の患者さんへよりよい情報を届けること、施術が受けられる環境を広げるための施術家育成に取り組んでいます!

FMT整体セラピスト養成学院

FMT整体セラピスト養成学院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフがFMT整体の"今"をお届けしています

「いいね!」ボタンを押すと、
最新情報がすぐに確認できるようになります。

「フォローする」ボタンを押すと、
最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

FMT整体公式メールマガジン

FMT整体公式メールマガジン