公式ホームページ セラピスト養成学院

S君のオスグッドが改善している理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桜

こんにちは。FMT整体の三浦です。

S君は今度中学2年生になるテニス部員です。
昨年の12月ごろから両膝が痛くなり、
整形外科でオスグッドと診断されました。

”オスグッドは成長期によく起こる「成長痛」で
シップや電気治療、ストレッチなどで治療し
痛みがひどい時は休むなどして経過をみていく“

と一般的にはそのように認識されています。

 

ただ、そのような治療では、痛みで思ったように練習ができず、
悔しい思いをしている子どもたちが多くいるのも事実です。

S君も膝の痛みが出てから2か月間は、
湿布やマッサージを受けながら

部活では部の方針の下、
できる範囲で練習をしていました。

 

しかし、やはり膝の痛みは一向によくならないので
オスグッドの治療法をインターネットで検索したところ、
FMT整体のYoutube動画を発見し来院されました。

初診時の状態は、屈伸をすると両膝が痛みました。
その痛みは、泣くほど痛いレベルを数字の10とすると6~7レベル
まともに練習できる状態ではありません。

FMT整体の施術は、オスグッドの根本原因である
太ももの筋肉の硬さをとっていきます。
施術後の屈伸では、4~5レベルに痛みが軽減していました。

 

施術後、S君とお母さんに対し、
1か月から1か月半、完全に部活を休めば
痛みなく全力でプレーできる可能性がある
ということを伝えました。

S君は、部活を完全に休むことには躊躇しているようでした。
それも中学1年のS君にとったら当然だと思います。

「やれる範囲でやる」という部の方針に沿わないですし
痛みを我慢して頑張っている他の部員もいるからです。

 

そんなS君とお母さんには、次のように伝えました。

完全に休めば早くよくなるけどそうしないと治るかどうかは分からない事
早く治して全力で練習した方が上達も早い事
その方がS君にとっても、部全体にとってもきっと良い結果となること

理解してもらえるかどうかは分からないけど、
先生や他の部員に自分の考えをしっかりと伝え、
理解してもらうようにすることが大切であること

最終的にどうするかを決めるのはS君自身だから、
お母さんとよく相談して、また教えてほしいこと
を伝えました。

自分の身体を治すことをどこまで最優先にできるのか。
どれだけのエネルギーをかけられるのか。

施術を定期的に受けることももちろん大事ですが、
患者さんの治療への取り組み方次第で症状の改善が大きく左右されるので、
早期回復のために、はじめにしっかりお伝えします。

 

2回目の施術時
「部活には出席しています。見学もイスに座って見ています。
ただ、練習はしていませんが、ボールを拾ったり、
膝に負担がかからない範囲でお手伝いしています。」
S君はそう教えてくれました。

顧問の先生には、自分の膝の状態と、
治るまでは完全に部活を休みたいと思っていること、

そうすることが、一番早く部活に復帰できることを
伝え理解を得ていました。

先輩や周りの仲間も理解してくれたようです。

物静かなS君。多くは語りませんが
早く治すために伝えた少し難しいアドバイスを、
きちんと実践してくるその姿勢に感心させられます。

 

現在、S君は、週1回で通院すること8回
痛みは全くなくなり、テニスに完全復帰するための
リハビリの最終段階に入りました。

今後は、1週間かけて部活の練習メニューを
徐々に強度を上げながらこなしていきます。

顧問の先生も
S君のオスグッドのリハビリになる練習メニュー作成について
積極的に協力してくださるようです。

自分の意向にそぐわないと突き放してしまう指導者も少なくない中
このような理解ある先生がいらっしゃることは、とても心強いです。

 

S君の真摯な姿勢があってこそだと思いますが、
理解ある先生、先輩、お友達、
そして、こちらに通わせてくれているご家族の想い。
皆さんのお気持ちを思うと、本当にありがたいと感じます。

S君、もうひと踏ん張り、最後までしっかり治して、
思い切りテニスを楽しみましょう。

The following two tabs change content below.
三浦 博(みうら ひろし)
横浜センター南院担当。福島県出身 3人の子の父。足底筋膜炎でFMT整体に通った元患者。まさか自分が通っていた院で施術をするとは思ってもみませんでした。治らないと諦めかけていた時に救ってもらったこの場所で今度は私が皆さんに“治る可能性”をお伝えしていく番です。
三浦 博(みうら ひろし)

最新記事 by 三浦 博(みうら ひろし) (全て見る)

FMT整体セラピスト養成学院

FMT整体セラピスト養成学院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフがFMT整体の"今"をお届けしています

「いいね!」ボタンを押すと、
最新情報がすぐに確認できるようになります。

「フォローする」ボタンを押すと、
最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

FMT整体公式メールマガジン

FMT整体公式メールマガジン