公式ホームページ セラピスト養成学院

無事これ名馬なり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。FMT整体の三浦です。

「無事これ名馬なり」という言葉をご存知でしょうか。
「能力が多少劣っていても、怪我なく無事に走り続ける馬は名馬である」
ということを示した格言です。

 

整体師をしていると、本当にそうだなと感じます。

例えば、チームメイトに負けたくないからと
練習を休まず、ケガを完全に治さずにプレーを続けていたばかりに、

ケガを悪化させ、大切な大会に出場できずに
悔しい思いをしている選手を何人もみてきました。

また、ケガや痛みがあることで、
仕事や趣味に才能を充分に発揮できない方もいます。

家族のためと思って、頑張れば頑張るほど
身体がどんどん辛くなり、家族に辛くあたってしまう。
そんな悩みを持っておられる方もいます。

 

もちろん、ケガや痛みがあるからこそ
身体の大切さに気付くことがほとんどですので、
痛んでいる現状自体が悪い訳ではありません。

大切なのは、どうすればケガや痛みを早く治して
やりたいこと、やるべきことに注力し、
毎日を活き活きと充実して生きられるかということだと思います。

 

実は、ケガや病気、痛みは、全て生活習慣によって引き起こされます。
特に内臓疾患以外の痛みの8割以上が、生活習慣によって
筋肉が硬くなることで起きていると言っても過言ではありません。

ですから原因である硬くなった筋肉を柔らかくし、
再び筋肉を硬くしないような生活習慣に改めれば
早く治りますし再発もしません。

つまり、持てる能力を十分に発揮して
無事これ名馬を実現するためには、

「筋肉を柔らかくする=筋肉をゆるめる」
ことが必要だとFMT整体では考えています。

実際、硬くなった筋肉を施術でゆるめると
何年も治らなかった痛みが改善され、飛んでも跳ねても
何をしても、痛みが再発しなくなっていくのです。
パフォーマンスもアップすることが多いです。

また、
・ぬるめのお風呂で身体を温めること
・睡眠時間を充分にとること
・水分を充分に摂ること
・運動後は、軽めのストレッチをしっかりすること
・おおらかな気持ちでリラックスして過ごすこと
などが、筋肉をゆるめるためにはとても大切です。

 

さらに、早期回復や再発防止のためには、
筋肉を硬くする行動をしないことも大切です。

具体的には、筋トレをしない、アイシングをしない、
湿布を貼らない、痛みを我慢してのストレッチをしない
何度も同じ動きを休みなく繰り返さない、
同じ姿勢を取り続けない
などが特に重要です。

これらは、全て筋肉を硬くしてしまい症状を悪化させます。
(アイシングや湿布で痛みが緩和するのは、
痛みを感じる神経をマヒさせるという一時しのぎの場合がほとんどです。)

なお、筋トレをした場合は、硬くなった筋肉を痛みのないストレッチで
十分に柔らかくしてあげてください。

 

最近では、やっとメディアでも、筋肉をゆるめる重要性が
言われるようになってきましたが、

「筋肉をゆるめると痛みが治る、能力が発揮できる」ということが
もっと、もっと、世間一般に浸透していくと、
ケガや痛みに悩む方は激減すると思います。

現に、それを体感された方は、症状が改善した以降も、
月1~2回の割合でメンテナンス通院をされ、
充実した毎日を過ごされています。

ケガなく毎日を送り、仮にケガをしてもケガから早期に復帰し、
着実に歩をすすめる人が、名選手となり、
充実した毎日を送っていく人になるのだと思います。

 

 

The following two tabs change content below.
三浦 博(みうら ひろし)
横浜センター南院担当。福島県出身 3人の子の父。足底筋膜炎でFMT整体に通った元患者。まさか自分が通っていた院で施術をするとは思ってもみませんでした。治らないと諦めかけていた時に救ってもらったこの場所で今度は私が皆さんに“治る可能性”をお伝えしていく番です。

FMT整体セラピスト養成学院

FMT整体セラピスト養成学院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフがFMT整体の"今"をお届けしています

「いいね!」ボタンを押すと、
最新情報がすぐに確認できるようになります。

「フォローする」ボタンを押すと、
最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

FMT整体公式メールマガジン

FMT整体公式メールマガジン