公式ホームページ セラピスト養成学院

柔軟性の高い体を目指しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
FMT整体の山田です。

先日来院された60代の女性Hさん。症状は右の足裏やかかと付近の痛みです。

お仕事はスーパーのレジ担当でずっと立ちっぱなしの時間が長く普段から足に負担がかかっているようです。

更にお話を伺うと、1年ほど前にご近所にスポーツジムが出来たので、それを機に通い出し、筋トレで足腰を強くして健康な体を目指しておられます。

 

お体に触れていくと、元々柔らかいお体に鍛えた場所だけが硬くなっている状態です。

特に太もも裏からふくらはぎにかけての筋肉の緊張が強く、膝を曲げた状態から伸ばす動作にも強く抵抗がありました。

 

Hさんの場合、こうした筋肉の緊張が、かかとにつながる筋肉を引っ張ることで、かかとや足裏の痛みにつながっていることが考えられました。

Hさんにもお体の状態をお伝えして、まずは一旦筋トレを中止して施術を受けてもらうことに。

すると、2回目の来院時には
「だいぶ痛みが楽になりました」とのこと。

Hさんは、これまでの習慣が負担になっていたことを納得され、安心された表情でした。

以降、順調に回復が進んでいます。

 

このように、普段接する患者さんの中にも健康的な体を目指して筋トレをするあまり、筋肉がとても硬くなっている場合が多く、そのことが痛みに関係していることがあります。

負荷をかけ続ける筋トレは、筋肉を縮める動きの繰り返しなので、筋肉が強くなりますが、同時に硬くなる性質もあるのです。

すると、硬くなった筋肉の状態で無理に動かそうとするので、筋肉の緊張がさらに強くなり、痛みやケガにつながる可能性があります。

つまり、ただ筋肉を鍛えるのは、かえって体を痛めてしまう場合があるのです。

 

もちろん、効果的な筋トレもあり、適切なストレッチでケアもできるので、体を鍛えることが悪いわけではありません。

でも、健康な体を目指すのなら、筋肉を鍛えようとするのではなく

まずは柔軟性の高い体を目指すことの方が大切なのです。

 

そのためのひとつの方法として

FMT整体では
「初動負荷トレーニング」をお勧めしています。

筋トレではありますが、筋肉の柔軟性を高めながら筋肉を適切に増やしていくトレーニングです。しなやかな動きが身に付きます。

 

また、FMT整体では体の問題や悩みに対して、負担なくお家で気軽にできる体操などをYouTube動画でお伝えしています。

よければ参考にしてくださいね。
FMT整体「体の学校」

 

 

The following two tabs change content below.
山田 泰行(やまだ やすゆき)
新大阪駅前院担当。2男1女の父。FMT整体で大切にされていたのは「靴を揃える」などの当たり前のルール。そんな環境からか、日に日に良くなり痛みを通じ成長する息子に触発され、公務員から施術家の道へ。現在進行形で学びながら、皆さんの人生のきっかけとなる場を提供していきます。
山田 泰行(やまだ やすゆき)

最新記事 by 山田 泰行(やまだ やすゆき) (全て見る)

FMT整体セラピスト養成学院

FMT整体セラピスト養成学院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフがFMT整体の"今"をお届けしています

「いいね!」ボタンを押すと、
最新情報がすぐに確認できるようになります。

「フォローする」ボタンを押すと、
最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

FMT整体公式メールマガジン

FMT整体公式メールマガジン