公式ホームページ セラピスト養成学院

甘い食べ物は体の回復を妨げる?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。FMT整体の山極です。

先日、足底筋膜炎のOさん(60代男性)が、
「どうも甘いものを食べると痛みが強くなるみたいです」
とおっしゃっていました。

普段から仕事中などにチョコレートや飴などつまむことが多いそうですが、
つい食べ過ぎた時は決まって足裏の痛みが増すようです。

 

なぜ甘いものを食べると痛みが強くなるのか?

それは、お菓子に含まれている「糖質」が、
血流を悪くしている可能性が考えられます。

甘いお菓子には、多くの糖質が含まれています。

「血糖値」という言葉があるように、糖質は血の中を通って体を巡るため、
たくさん摂りすぎると、血液がドロドロになります。

本当はサラサラなはずの血液によって、体の修復に必要な酸素や栄養素が
毛細血管までしっかりと行き届くことが望ましいのですが、

過剰な糖質によって血液がドロドロになると、
血流が悪くなってしまい、痛みが強まったり回復が遅れてしまう可能性があります。

これは足底筋膜炎だけではなく、
多かれ少なかれ他の症状にも同じことが言えると思います。

 

Oさんは、つい習慣で食べていましたが、
これを機にお菓子など甘いものはなるべく控えめにします、
とおっしゃっていました。

とても良い取り組みだと思います。

もしかしたら自分もそうかもしれない、と思い当たることがある方はもちろん、
自覚がない方にとっても、体の回復力をさらに高めていくためにおすすめです。

ちなみに、糖質は甘いものだけに限らず、
うどんやパンといった小麦粉製品や白米などにも多く含まれています。

日本人の食事は、世界の中でも炭水化物の摂取量が
多くなりがちと言われているので、

知らずしらずのうちに
糖質を過剰摂取している方は多いかもしれませんね。

もし取り組む際は、急に糖質を完全にオフにするわけではなく、
飴やチョコは1日3つまでに決めるとか、ご飯をいつもの8割に抑えるとか、
まずは無理なくできる範囲でいいので意識してみてください。

The following two tabs change content below.
山極 理奈(やまぎわ りな)
東京大崎院担当。普通の会社員から施術家へ。きっかけは長年付き合った足底筋膜炎。来院した私の目に飛び込んできたのは、学生へ向けた「必ず挨拶をすること」のルール。言葉に込められた厳しさと優しさに感動しました。家族のようなこの場所で、人と人とのご縁を大切に繋いでいきます。

FMT整体セラピスト養成学院

FMT整体セラピスト養成学院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフがFMT整体の"今"をお届けしています

「いいね!」ボタンを押すと、
最新情報がすぐに確認できるようになります。

「フォローする」ボタンを押すと、
最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

FMT整体公式メールマガジン

FMT整体公式メールマガジン