公式ホームページ セラピスト養成学院

トレッドミル(ランニングマシン)では走力はつかない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。FMT整体の三輪です。
1月にはいってかなり寒くなってきましたね。

この寒さだと外で走るのは嫌だからジムで走ろう、、、と思っているあなた。
実は、トレッドミルで走ると走力がつきにくいかもしれないというのはご存知ですか?

トレッドミルとは、屋内でランニングやウォーキングを行うための健康器具。
ルームランナー、ランニングマシーンとも呼ばれます。

ただ、汗をかきたいとか、ダイエットのために体を動かしたいなどの目的であれば、
トレッドミルはとても有効だと思いますが、ランナーの方で走力を高めるために使用しているのであれば注意が必要です。

それは、なぜか?というと、
トレッドミルは地面が勝手に動いてる上を走るからです。

本来、走るという動作は、自分の体の重心を前に運ばなければ進むことはありません。
しかし、トレッドミルの上では、自分の重心を前に運ばなくてもその場で足を上げていれば、
地面が勝手に動いているので走っている動作をとることができます。

文章ではわかりづらいのでもう少し補足すると、
走るという動作は速く走ろうと思ったら、できるだけ速く前に重心を移動させることが必要になります。
しかし、トレッドミルの上ではペースが上がっても重心の位置はそのままで足だけ速く動かせば走れてしまうという現象がおきます。

もっと言うと、上に跳ねるように飛び跳ねながら走れば、跳ねている間に地面が動いているので速いペースで走れているような錯覚に陥ります。

しかし、実際に外を走っているときにはない走り方なので走力がアップするどころか、
飛び跳ねるような動きが身についてしまったり、重心を前に運ぶ感覚というものが養われないのです。

では、トレッドミルは意味がないのか?というとそうではありません。
走力を上げるために使用する場合は、トレッドミルの傾斜を調節することをおすすめします。

具体的には約0.5〜1度傾斜を上げることで、
重心を前に運ばなければ走れなくなるので外を走っている感覚に近づけることができます。

出典:Treadmetrix社

ただ、個人的には、空気抵抗や路面の起伏、足への衝撃は、
実際に走っているときは違うものなのであくまでも補助として使用するのが良いと思います。
寒くても外を走る!これが、走力も精神力も鍛えられる方法です。

余談になりますが、最近は、猫もトレッドミルをするようです。

可愛いですが、やはり猫もトレッドミルでは重心を前に運ぶ感覚が得られないために
「これじゃあ、外とは全然違うニャ。」と退屈そうに見えてなりません。

The following two tabs change content below.
三輪 拳(みわ げん)
愛知小牧本院担当。オスグッドのセルフケアDVDをきっかけにFMT整体と出会う。2年間悩み続けた症状が自分で軽減できた時の感動は今でも忘れません。治らない症状には必ず理由があります。それを皆さんと一緒に見つけるお手伝いをしていきます。
三輪 拳(みわ げん)

最新記事 by 三輪 拳(みわ げん) (全て見る)

FMT整体セラピスト養成学院

FMT整体セラピスト養成学院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフがFMT整体の"今"をお届けしています

「いいね!」ボタンを押すと、
最新情報がすぐに確認できるようになります。

「フォローする」ボタンを押すと、
最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

FMT整体公式メールマガジン

FMT整体公式メールマガジン